夏の恒例行事

夏の恒例行事、
姑宅で義弟一家と焼肉してきました。
20160719_yakiniku.jpg
これは序の口(笑)
山のような野菜に
タン、ホルモン、サガリ、豚、ラム等と
姑が握ったおにぎりと
ワタシが作っていった肴で
食べるものてんこ盛り!
姪っ子甥っ子と姑の”酒呑めず組”は
お腹がいっぱいになると家に入ってしまうので
そこから義弟夫婦とウチの4人の
どっしり呑みスタート。
ビール、ワイン(義妹リク)、チューハイに
焼酎(レギュラーと夏焼酎2種)を
呑みまくりましたとさ~。
20160719_sato.jpg
炭酸割りのち湯割りした佐藤白。
これは初めて炭酸割しましたが
黒の方が好みかもな~。

姪っ子甥っ子とちゃんと会うのは
たぶんお正月以来(笑)
相変わらずやんちゃな甥っ子はともかく
姪っ子!背というか足が伸びてた!
っていうか膝から下が伸びてた!!
今の子って足長い。。。

会うなり「はいこれ!」と渡されたのは
”洞爺”とプリントされたクッキー。
?行って来たの?と言いかけたところに


姑「修学旅行だったんだって~」

?!
修学旅行?!?!
あ、6年生だもんな…って。え?!


なんていうか、6年生なのは百も承知なのに
もう修学旅行なの?!っていうか、
一泊で旅行する年齢なの?!っていうか。
上手く言えないんだけど
あ~もうそんな年齢なのね~的なカンジ?(笑)
どうだった?と聞いた第一声が


「(かの国人達が)たくさんいた!」
「ケンカしてるみたいに声大きくてビックリした!」


ってどうよ

久しぶりにゆっくり話したけど
もう「対子供」っていう前提じゃなく
普通に友達と話すみたいな会話と
反応が返ってくるんで
成長したなぁ、みたいな(笑)
12歳ですもんねー。
こないだ生まれたと思ってたよ。
早いわぁ。

スポンサーサイト

『日本生命セ・パ交流戦2016』

今回も行ってきました vs

フードが芳しくないことで
有名な札幌ドーム。
この日のために仕込んだ肴ドン!
20160611_1tsumami.jpg
おにぎり、ポテトサラダ(アテ仕様w)
ザンギに枝豆、ピクルス、
レタス包みサラダとキュウリの茗荷漬けに酢大豆!

忘れちゃならねぇ焼酎は
20160611_2sake.jpg
櫻井酒造の地元酒、『さつま松の露』チョイス。

これらのアテと
500mlの水筒2本に
それぞれ焼酎とお湯を入れたもの、
その他「ピクニックか!」な荷物抱えて
清々しい青空の中、札幌ドームへ。
20160611_3dome.jpg

今回の席、列はいいんだけど
ど真ん中…。
一度座ると出づらい。
結局、8回まで一度もトイレ行きませんでした。

前も書いたんだけど
ハムの応援って地味というか、
大人しいというか優等生というか。
ハムのホームなので
選手の応援歌の歌詞が
ビジョンにデカデカと映し出されるんですけどね。
歌詞自体はあんま違わないんですよ。方向性が。
メロディー(音の上下)?あと鳴り物?
それで随分ハムの方は大人しく感じたなぁ。

あ、あと、ハムの方には
「そーれイケイケ!」とか
「アイヤ!」とかのあいの手がナイ(笑)
うん、これは大きいかも。

しかし応援グッズを身に付けると
みなさんガラがおよろしくなく見えるというか
ちょっと近寄りがたい雰囲気に思えるのは
ワタシの偏見なのかしら。
きっと色(青×黒vs黄色×黒×ピンク)と
柄(クマvsトラ)のせいね。きっとそう。


落ち着いたところでまずは
20160611_5sake.jpg
氷結レモンで乾杯からの~
20160611_6sake.jpg
ワタクシ、黒ラベル。
ツレはここから焼酎湯割り。
ウチは慣れちゃってるから
分からないけど
恐らく周りの方は相当匂ったと思われます。
ご迷惑をおかけしました

ラッキー7の風船飛ばしも無事堪能。
20160611_7lucky.jpg

で。


勝ったよ!!!


3連戦の真ん中だけとか
前日と翌日は負けたとか
そこら辺はいいんです。ええ。

何年ぶりかに勝つの見れた。
それだけで。

札幌ドームは言うに及ばず
福岡ドームもナゴヤドームも東京ドームも
どこ行っても最後は
急いでスタンドの階段駆け上がって
逃げるように退出してきたのが走馬灯のように…。
応援団の応援歌を最後まで聞いてから
初めて札幌ドームをゆっくり一周。
そのまま行きつけの店へ直行、
祝杯をあげた結果。

8時間呑みっぱなし。

いい日だったなぁ…




おちゃけばなしおんりー20

お久しぶりのおちゃけばなし。
を始めてからは
その都度向こうで上げてたんですけど
ブログに上げた方が記憶に残りやすいというか
後から見返しやすいので
ある程度溜まったら
こっちでまとめて上げようかな、と。

今回はお初だったものと
季節限定ものを中心に
写真残ってるものだけ。
備忘録みたいなものなので
順不同ザザーッと上げてきます。


※これ以降、ホントに酒しか出てません。
 興味のない方は回れ右!


宮崎蔵

王手門酒造~『蔵内極秘具申書
20160323_gushin.jpg
これは割と最近。
写真がアレですが(笑)
あまり照明のよろしくないところでも
濁ってるのが分かるくらい濁ってました。
こちらの焼酎は割と好みなのが多いです。

王手門酒造~『まだこ
20160323_madako.jpg

王手門酒造~『銀滴
20160324_ginteki.jpg

寿海酒造~『の馬
20160324_noba.jpg
調べたらこのイラスト付き&透明ボトルは
夏向けのものらしく
レギュラーは文字だけになってました。

これ呑んでる間、頭の中でずっと
♪いっぱい聞ーけて いっぱい喋れーる♪
って歌ってたワタシ(笑)
妖怪ナマズボウズというらしいです、このキャラ。
歌舞伎の役柄にもなってるらしい。へー。

松露酒造~『心水(もとみ)
20160324_motomi.jpg
昔から好きなやつ。
季節限定酒みたいに
出るたび味が違うのも楽しいけど
いつ呑んでも安定、っていうお酒は
ありがたいです。

宮田酒造~『銀の星
20160324_gintsuyu.jpg

川越酒造~『金の露
20160323_kintsuyu.jpg
キタノハテで入手しづらい2本。
『銀~』は辛うじて入らないこともないですが
『金~』は
「(キタノハテへ)出す予定はないです」と
蔵元さんがはっきりおっしゃってたので(涙)
どちらも美味しいんだけどなぁ。

柳田酒造~『蕾千本櫻』
20160323_tsubomi.jpg
麦焼酎『青鹿毛』で有名な蔵が
2013年に復活させた芋焼酎『千本櫻』の無濾過です。

なまらウマい。

『焼酎ブームも下火』とか言われてるせいか
万人受けする素直な焼酎が多くなってきて
クセ者好きのワタシとしては
非常につまらなかったんですが
これは久々のヒットでした。
酒友さん全員大絶賛です。

で。

柳田酒造~『霞千本櫻』
20160323_kasumi.jpg
その『千本櫻』の季節酒。
黒麹で今回に限り麹米は『山田錦』だとか。
日本酒に使う有名なやつ…
しかも宮崎県産…レア過ぎ。

これは現在、個人的に不完全燃焼真っ最中の酒。
美味しいはずなんですよ。好みなはず。
なのになーーーーんかもどかしい。
ちょーっと届かないというかなんというか…。
呑み方変えて日々復習中です。

古澤醸造~『八重桜無濾過』
20160323_yaezakura.jpg
これ、どこで買ったか一発バレなんだけど(笑)
キタノハテで有名な某酒屋さんが
試験的にお願いして作っていただいた
いわゆるPB的な酒。
20度の無濾過です。
あくまで試験販売だったため
1ケースだか2ケースだかの超極少入荷で
あっという間に完売したそうな。

くじら家はたまたま事前に情報入手してたので
運よく購入できましたが…
面白いよねー20度の無濾過って。

古澤さんの八重桜は好きで
無濾過呑んでみたいなぁ、とは思ってたけど
なにせ濃いモノ好きなもので(笑)
25度の無濾過作ってくれないかなー。

これは割らずにロックと直燗でいただきました。

まぁ少し前まで夏焼酎ブームで
どこの蔵も出してたのと同様、
今は無濾過ブームのような気がしないでもない(笑)

とか言ってたら。

小玉醸造~『杜氏潤平 蒸留したて無濾過』
20160323_junoeimuroka.jpg
こちらも20度の無濾過。
しかもこれも試験的に
ここの酒屋さん限定での販売。
攻めてるなぁ(笑)

『杜氏潤平』自体、
焼酎呑み始めた頃から
唯一ブレずにずっと好きな銘柄で
こちらもたまたま事前に情報入手できたので
運よくGETできました。
今回は速攻SOLDOUTだったらしいですが
来年から店舗限定で全国販売するらしいので
楽しみです。


鹿児島蔵編はまた後日…。
力尽きた…。



ちょこっとおちゃけばなし24

2週間以上前、休養旅行直前に
久々オトナの蕎麦屋さんへ行けた時の分。
書きかけたまま放置してた分なので
備忘録替わりの情報だけ上げときます。




20150519_beer.jpg
左;伊豆のブルワリー
ベアードブルーイングのBaird Beer(ベアードビア)
帝国IPA』6.5%
右;茨城のブルワリー
木内酒造の『常陸野ネストビール
Amber Ale(アンバーエール)6%


20150519_pon1.jpg
新潟佐渡の逸見酒造
山廃純米大吟醸 『真稜


20150519_pon2.jpg
あの”まっさん”の生家ということで
一躍注目を浴びている(笑)
広島 竹鶴酒造の『清酒 竹鶴』



佐藤の黒と薩摩茶屋、湯割りで〆。




佐藤、随分値上がりしてたわ~。
県外向けの『佐藤』だけならともかく
地元向けの『さつま白・黒』も
5~600円上がっててビックリ。
ソッポ向かれちゃうよ…。



雪崩なキモチ

月末に立て続けの遠征入れたもんだから
やらなきゃいけないコトが
山盛り過ぎて雪崩ってる今日この頃…

砂くじらです。

帰って来たのが火曜日。
週末に観劇遠征があってまた出る上、
本日木曜はワタクシ歯医者。
前回型を取ったので
どうしても行かねばならぬ状況。
で、向こうから送った荷物は
それを避けて昨日の水曜着日指定。
(どーでもいいけど着日=茶首って変換されんのなんで?)

そもそも繁忙期と繁忙期の間隙に
無理矢理ねじ込み強行した今回の旅行。
それでなくてもシワ寄せで
ギャザー深くなってるとこへ
洗濯物の山ドン!
宅急便ドン!
送った洗濯物追加でドン!

何が言いたいかと言うと
とにかく洗濯物ハンパない(涙)

…んでもある程度やっつけとかないと
週末でまた溜まるしさ。。。


さらに。


帰って来てから思い出したよ車税!
行く前に払わなきゃ!
あと今朝、部長の顔観て思い出した
ウイルスソフトの更新!
(「何で俺の顔見てウイルスよ?」と言われたけど深い意味はないです部長)
これも今月いっぱいだから
行く前に手続きしなきゃ!

…とかなんとかバタバタしつつ
「すいませ~ん、夏の焼酎取り置きできますか?」
と酒屋に電話で頼んでたりするワタシ。。。
酒屋に行く時間ないんだよ全然ー
無事、『夏の潤平』一升瓶で取り置きしてもらいました。

外呑み行けてないから
今年の夏の焼酎って
桜島』と『小牧』と『ペンギン』しか
まだ呑めてないんだよなぁ。。。

そういや2015夏の焼酎の第一弾として
かごんまで『小牧』を呑んだんだけど
いやビックリした!
シロウトのワタシでも
口に含んだ瞬間分かるほど去年と全然ちゃうやん!!

なん!当たり弱っ!と
目を剥いて思わず呟いたら
『去年まで(夏焼酎のブレンドに)使ってた
古酒がなくなったから
今年は1から仕込んだ焼酎らしいですよ』
と店のマスターが教えてくれました。
あーなるほどね。
にしても違い過ぎますわ(笑)

あとこないだいつもの焼鳥屋で飲んだ『桜島』。
一口含んで自然と言葉に出たのは

「あ!バナナ!」

サツマイモがなぜバナナになるのか…。
発酵の不思議だわ~う~ん。。。


クール便でヤツが来た!

予想最高気温20度(!)@キタノハテ。
…会社から出ないんであんま関係ないんだけど。

すかっ晴れでございます。
今朝の桜~
20150423_sakura.jpg
周りの建物切って撮ったんで
妙なアングルですが(笑)
三分咲きってとこかな。
ホントに20度まで上がるんなら
帰りには満開になってるかも。
今夜は『趣味の部屋』地元観劇予定なので
夜桜になりそうです。


さて。


昨日は帰りにちょっと買い物で寄り道。
どうせ今日もツレは残業で遅いし
チャチャッと夕飯&お弁当の下ごしらえして~
余り物で先に夕飯済ませて~
ゆっくりお風呂に入って~等々
手を抜く算段を考えつつ
疲れた体を引きずって帰宅。

ところが。

ポストに入ってた不在通知で全てパー。
毎年ツレが楽しみにしている
京都の知人からの筍が来てた。。。

なぜ、なぜ水曜日着で送る?!
お願いだから週末にして~
言えるはずもないし言ったところで手遅れ。。。

実は先週、知り合いからツレのところに
御都合伺いのメール来てたんですよ。
『ぼちぼち(筍のシーズン)ですがご予定どうですか?』
みたいなのが。
向こうはウチが旅行好きなの知ってるし
現に一度、留守中に送られてきちゃって
旅先からツレ実家に転送、
2日後に貰いに行ったら
既に美味しい香りは抜けた後…ってことがあったんで。

ツレは当分繁忙期継続なので
来月末までは遠征予定もナシ。
その旨返信したから
ボチボチ来るなーとは思ってて
こないだの週末は地味にスタンバイしてた…

のに水曜日(涙)

こちらでは九州産しか出回らないので
(しかも高い)
京都産は超高級食材。
ツレは本当に筍が好きなので
ありがたいことこの上ないんですが
茹でたりなんだりが手間なことも
この上ないワケでして。ハイ。スイマセン。

とにかく。

来たものは仕方がない。
脳内皮算用は一転”手抜き”→”時間との戦い”。
少しでも早く受け取って茹でるミッションスタート。
エレベーターに乗りながら
に再配達依頼の電話をかけ
何時頃来るかな…いつも20時近いから
それから茹でても筍ご飯は無理かもな…、
明日舞台観るから食べられないし。
ほんっとタイミング悪過ぎ!等と
ブツブツ言いながら
家じゅうのカーテンを閉めて回ってたその時。

♪ピンポーン♪

キター!!!!

早いなおい!電話してから10分も経ってないぞ!
GJ!

箱を開けると
20150422_takenoko1.jpg
今年は三本も入ってた。おお。

こういう時用に買ってもらった
直径30センチ×深さ15センチの大鍋に
前処理した筍と一緒に入ってた糠パックを入れ
アルミ箔落とし蓋&お皿で重しをしたら
茹でスタート!
20150422_takenoko2.jpg
今年は沸騰してから30分強で
狙ったとこまで火が通りました。

鍋ごと自然に冷めるの待つ間も
ダシを取ったり、お弁当の下ごしらえしたり
休む間ナシ。。。

冷めたら水の中で皮を剥くんですが
もうね、これがものすごい筍の香り!
特に皮を剥く時は、甘い香りが弾けるのが
ホントに分かります。
これは茹でた人だけの特権よ♪ふふふふふ♪

1本は近所の知り合いにおすそ分け。
タッパに入れて走って行きましたよ。ええ。
後は残業を早めに切り上げたであろうツレと
フルコースで♪
20150422_takenoko3.jpg
贅沢にブ厚く切った筍ご飯!

20150422_takenoko4.jpg
贅沢にブ厚く切った天ぷら!

プラス、写真撮り忘れましたが
姫皮のお吸い物に先の柔らかい部分のお刺身。

ワタシは風呂上がりだったので
最初はコレ↓
20150422_kimibokubeer.jpg
よなよなエールで有名なヤッホーブルーイング
僕ビール、君ビール。
去年の秋に一度発売になったものの
あっという間に売り切れてしまったやつの再販…
の後はこないだ開けたノンセオリーを。
ツレはゴキゲンに油をそそぐ黄色い平仮名の湯割り。
(すごい値段付いてんなオイ。定価の何倍だよ

美味しゅうございました。ええ。
でもね…

バッタバタ@ワタシ。

手を抜く算段してたのが…どうよ、これ。
グッタリだわよ。


のんせおりー

呑みかけが一度に終わった金曜日。

次は何開けようかな~♪と
考えながら帰り道を歩いてたんですが
家に着いて玄関入った途端
あ!と浮かんだのがコレ↓
20140420_karasutengu.jpg
さつま無双
『烏天狗~non theory~』
25度 ¥2,500

麹の割合?だったかな?が
セオリーとは違う造り、ってことで
ノンセオリー…だったような

これの1つ前のやつが
好みどストライクだったんで
鹿児島の酒屋で見た瞬間
即買いしたやつです。
(前のやつの記事は

でね。

やっぱ美味しい♪ふふふふふ♪

セカンドインパクトの時より
ガッツリ感が薄い気がしたんだけど
それは普段ワタシが
ガッツリを呑み過ぎてるせい

ガッツリへの期待ハードル
が上がり過ぎてるのかもしれないな、ということで。

あー5月になったら
夏の焼酎出てくるんだよなぁ…。
毎年なんだけど
九州は夏でもこっちはようやく春になったとこ。
どーもいまイチ乗り気になれなくて
買いそこなう事が多い。。。
しかもいつもなら焼酎師匠ンとこ行って
情報色々入ってくるのに
繁忙期で行けてない。。。
今年はどうかなぁ。うーん。。。



…は~っっっ。

寝酒なう。

…耳の調子が悪い。
詰まって半分聞こえないというか、
遠くてもどかしい、というか。

ずっと調子良かったのに
なんだろなぁ。

平日呑み止めてたけど
今日はこのまま寝ても
気になって眠れないから
酒に頼っております。。。
眠れますように




酒は『限定蔵出し 知覧武家屋敷 黒こうじ』25度
これは高めの濃い目が好き♪

またひとつ…。

朝から酒臭い話でなんなんですが(笑)
UP忘れてたので。

先週、いつもの定食屋さんへ
今年初顔出ししたらば
ボトル入れてたリハチくんがラスト。
ここのボトルは店お任せなので
次出てきたのはコレ↓
20150129_sake.jpg
テンセイシュゾウサツマアラシ
白&黒/25度

初めて見るボトル&蔵名。
ネットで調べたら
他の商品で見たことあるものはあったけど
呑んだことあるものはありませんでした。

力士の名前にありそうなこの焼酎。
白麹と黒麹、それぞれ使った原酒を
ブレンドしているようです。
美味しいんだけどもう一声!っていう
もどかしい感じがしたのはそれでかなぁ。
ま、定食屋さん=ご飯食べながら、だから
このくらいの芋臭さで
ちょうどいいのかもしんないけど。




しかし我ながらどこでも色々呑んでるな…。



ちょこっとおちゃけばなし23

今日はホントに酒のことしか書いてませんので
興味ない方はスルーしてくださいまし。




1か月ぶりのおちゃけばなしシリーズですか…。
いやー呑んでたんだけどね。ちゃんと。
特に書くほどでもないかなぁ、っていう
カンジだったんで…。

”おちゃけばなし~”の後ろの数字を
確認するのに見たところ
最後は去年の12/2。
今日までの1ヶ月強の間には
新酒季節も通ったけど
特に目新しいものにも出会えなかったし。
あ、目新しいと言えば生まれて初めて
Barでボトル入れました。モルト。
MACALLANBOWMOREで迷って
結局BOWMORE。

店に入って
挨拶しながらカウンターに座ると
マスター一言「ソーダ?」とだけ言いながら
ワタシの前にボトルを置く…というのを

ワタシって、オトナ

とかアホなこと思ってニヤついとりますわ。

あ、別にそのために
ボトル入れたワケじゃないですよ。
高いし(笑)


さて。


昨日は
『行きたいんだけどなかなか予約が取れない』
人気の寿司屋へ。
ほんっと取れないんですよ。ええ。
1か月前でもダメ。
ウチはこれで3回目ですけど
前の2回は2ヶ月弱前予約入れてようやく。

基本「あーなんか口が○○だ!」
(鶏だったり寿司だったりジンギだったり)
って前日or当日に決めるんですけど
この寿司屋だけはそれが通用しない。
現に前回と今回の間で
4回玉砕してます(笑)

でもね。

今回、電話したのは実は前日!
絶対ダメだろうな~って
ダメ元で電話したら「お席ございますよ」って!
当日板さんに聞いたら
2名分キャンセルが出たんだそうです。ラッキー!

超有名店なので店名は書きませんが
まぁこの方が修行したお寿司屋さんは
東京の方でもご存知だろう、という店。
そちらもさらに高級店。
(行った事ないですー)
で、このお店も決してお安くはナイ。
店構えも控えめで、口コミで広がった店。
庶民のくじら家が
なぜそんな店の板さんと
実は顔見知りだったりするかというと…

焼酎の縁(爆)

酒にも熱心な方なので
そういう会にも参加されてるんですよね。
で、某焼酎イベントにいらした際
共通の知り合いでもある酎友さんが紹介してくれまして。

持つべきものは酒の縁!
世界に広げよう酒友の輪!


…で。


ここは基本お任せ。
ウチの焼酎の好みは知ってらっしゃるので(笑)
酒も丸投げで食べることに専念いたします。

最初はワタシもツレも『タクラ』の湯割りから。
炙りや混布〆、煮物に焼き物等
いい仕事をした肴が
目の前にポンポンと現れては口の中へ~♪
2杯め、ワタシは『ハチマン』湯割り、
ツレは『センキン』を燗で。これも旨かったな~♪

握りをいただきながら
『ハチマン』をもう1杯ずつお願いして
〆にトロの細巻きを頂いてご馳走様!

…と思ったら。


板さん「ちょっと面白いのがあるんでお待ちください」

って出てきたのがまず
20150128_hizoujunmai.jpg
(※写真撮り忘れたんスクリーンショットで失礼をば)
おお、ジュウヨンダイの焼酎~。
これ、福岡の某隠れ家焼酎barで
一度飲ませてもらったんだけど
泥酔してて味覚えてない、という罰当たりなワタクシ
改めていただきましたが…
冷やなのもあるけど
スルスルッと行きますわね。ええ。
クセが少ない、というか
焼酎でも日本酒でも、どちら寄りでもない
言われなきゃどちらともとれるような、というか。

さらに。

板さん「これはちょっと食中酒には合わないんですが…」


って。


20150128_dassai.jpg
(※こちらも写真撮り忘れたんスクリーンショットで失礼をば)
出た!ダッサイの焼酎!
これはさすがに呑んだことない(笑)
それどころか間近に見たことすらない。
おお~ナムー

酒粕から生まれた焼酎、ってことは
いわゆる『粕取り焼酎』なんですけど…
あくまでまろやか。そして華やか。
香りは日本酒、口に含むと焼酎、後味は日本酒、という
ワタシ的には変化の複雑さが面白いお味でした。
確かにこれは食中酒にはちょっとなぁ…。
相殺し合ってもったいないわ。

大満足でお店を出て
次に向かったのは
強烈キャラの”美人ママ(自称)”がいる焼酎bar。

今年初だったので
遅ればせながら新年のご挨拶なんぞした後に
オススメを聞いてオーダーしたのは
IMG_7389.jpg
ツレ→左:『ニゴリギン』~ジュカイシュゾウ/シロ/ムロカ/25度
ワタシ→右:『クラウチゴクヒリンギショ』~オウテモンシュゾウ/シロ/ムロカ/25度
これはどちらもかーなーり旨かった!
ムロカの濃さが好みドンピシャでしたね~。

ワタシは2杯目も同じオウテモン酒造さんの
『クラウチトクメイシジショ』~シロ/ムロカ/25度を。
『~リンギショ』よりスイートで丸かったですが
やはりムロカ特有のクセがたまりませんでございました。

いい夜でしたわ…。



ちょこっとおちゃけばなし21

久しぶりだなぁ、
おちゃけばなしシリーズ書くの(笑)

昨日は朝からいつもの酒屋へ。
ツレが休出の仕事行くの遅らせて
車出してくれました。助かった~。
いや、取り置きお願いしてたお酒が入ったので
どうしても取りに行きたかったんですけどね。
それが一升瓶。で、入荷の電話もらった際

酒屋のにーさん「そういえば●●も入りましたよー」

と言われてつい

「一緒に買うから1本取り置きお願い!」

と言ってしまった四合瓶。

一人で地下鉄&徒歩で持って帰るのは
この辺が限界。

しかし。

今は新酒の季節。
現に店のHPには
『△△入りました!』だの
『□□入荷!』だのと
魅惑的な文字とラベルがゾロゾロ。
欲しくなるに決まってるし


案の定。


まずは毎年この時期に出る

サトウシュゾウアラアラザケ』クロ。
有名銘柄『サトウ』の原酒です。38度。

見ての通り、早速昨夜開封済み(笑)
さすがのアラアラ!ガス臭濃っ!
38度でガッツリ…なんだけど
なぁんか。。。最近、酒量落ちてるせいか
どうもキツいというか…ガツガツし過ぎ?というか。
秋に出たアラアラのシロの方が好みだなぁ。

なんか最近好みじゃないなぁって焼酎、
黒麹のものが多いんですよねー。
口、変わっちゃったのかしらん。

あと、こないだ蔵まで行ったのに
呑めなかった・・・

コマキジョウゾウイセキチドン』新酒。
エアキャップついたままで失礼(笑)
ほんっと美味しいのよ~♪

それについ買ってしまった…

キリシマジョウリュウショ
『アカルイノウソン』アカイモジコミ
アカイモとかベニイモとかバニラとか
弱いもんで、つい。
これは完全にワタシ寄りだと思われるので
四合瓶でのお買い上げでございます。

これに取り置き頼んでた
シークレット分を合わせると
一升瓶2本、四合瓶2本お買い上げ。
いやー頑張って消化しないと
貯蔵庫=ワタシの部屋がいつまでたっても
片付かない。。。




なんか最近あんま呑んでないから
酒弱くなったような…。

寝酒の一杯

ようやく全部終了。
お疲れワタシTime~♪

最近、酒ネタが
ガクンと減りましたけど
別に禁酒してるワケでもなければ
特に酒臭くないブログを目指してるワケでもありませぬ。
きっちり毎日呑んでおります。
呑んではいるんですがー。。。

なにせ二人揃って繁忙期。帰宅遅い。
22:00とかに帰ってから
食事だの夕食だの後片付けだのお弁当の準備だの
全部やっつけると、どうしてもこんな時間…。
外呑みはもちろん無理だし
宅呑みでさえ寝る前の一杯が限界なんですよねぇ。

なので日付変わってからのこのひとときが
ワタシの晩酌time♪
静まり返ったリビングで一人の時間を楽しむ
今夜のお供はコイツ

有名銘柄なので敢えて説明しません(笑)
ワタシはレアM尾より
こっちの方が好みでございます

アテは総務の後輩A子が
出張土産にくれたコレ↓

左がホッケの燻製、右おしゃぶり昆布…って
何だこのキャラ(笑)

試しにこの名札の
出汁之介』(だしのすけ)という名前でググってみたら
出るわ出るわ。
稚内のいわゆる『ゆるキャラ』らしい…。
初めて知ったよ…。

更新止まってるけどブログも持ってるし
もやってる。
え?!メールも出せるの?!
恐らくは観光協会職員の中の人に?!(爆)
本格的ですなー。
ワタシ的にはプロフの

”体重 : 言いたくない”

がツボでした

パッケージはともかく
燻製、美味しかったです。
止まらなくなりそうで途中で片づけたくらいに(笑)
STOP!まっしぐら!!

…1時過ぎた。
いい加減寝ますか。
おやすみなされませ~

新酎到来!

焼酎@新酒の季節です!
昨日はいつもの焼き鳥屋で
大好物のコレ!

141022akiakane.jpg
(※写真撮らなかったのでHPから拝借)

ホンボウ酒造アキアカネ
黒麹25度

これ、好きでね~。
ガッツリとホッコリのバランスがどストライク!
香ばしい後味もたまらな~い♪
いやー今年も旨いよ~

いつもの酒屋さんで手に入るんですけど
限定ものでも外で呑める場所が確定している時は
家にあまり置かないんで
(1つでもたくさんの種類を呑みたいから)
これも買わないなー。

ってんで、湯割り3杯。
呑み溜め呑み溜め♪
この焼き鳥屋さんのグラスは
フツーんとこの倍はあるやつな上
並々注いでくれるし
もともと濃いめで作る店なのに
対くじら家用はさらに濃くしてくれる、という
いわゆるVIP呑み助待遇(笑)
タップリ堪能~
焼き鳥も旨いしご機嫌な夜でございましたわ




白かなぁ、黒かなぁ@サトウの原酒迷い中。

宅呑み~♪

今宵の肴達

焼き鳥(豚・鶏・皮)は
昨日の焼肉買い出しの際
一緒に買っておいた土曜だけ小売してくれる
お肉屋さんのやつ。
後はししとうの煮浸しに
ほうれん草と竹輪のからし和え、
ポテトサラダ、揚げとキャベツを巻いて煮たもの、
キュウリの茗荷&生姜漬けに
豚肉の梅マリネ。
くじら家宅呑みお約束のキャベツ(生)もあるでよ~♪

風呂上りで汗だくの体に
まずは一杯目!

最近ハマってる強炭酸割りから!

ちょこっとおちゃけばなし19

ちょっとごぶさたでした@おちゃけばなし。

ちゃんと呑んではいるんだけど
特筆すべきものがなかったのよー(笑)

ホントにちょこっとだけですが。

ずっと呑みたかったコレ↓
benisakurai.jpg
サクライ酒造ベニサクライ』25度

いつ呑んでもブレがない
サクライさんのお酒は
ツレもワタシも大好き。

そのサクライさんが今年
紅を出すというので
呑んでみたいなぁと思ってたんですが
なにせキタノハテでの取扱い酒屋が
不便極まりない立地の酒屋(笑)
なにかの『ついで』で行けるところではなく
車じゃないと行けないところなため
最初から手に入れる気はゼロ(笑)
(本当に行きづらい場所なんですわ)

師匠の店行けば呑めるだろう、と
思いつつ
その師匠の店へ行く機会が取れないまま
とうとうこんなに遅くなっちまいましたわ。
(あと数杯分しか残ってなかったよ…)

紅=甘めという固定概念が
ワタシはあるんですけど
これは「紅?」と「?」を付けたくなる
控えめな甘さ。
「甘さ」というより甘さからくる「まろやかさ」の方が
印象強かったかなー。
でも呑んだら「しっかり芋!」で(笑)

やっぱ外れない酒でした。
大好きよーサクライさんのお酒も
すっとぼけキャラなサクライのオジサマも

これは今年初出ですけど
次回からは毎年出。
非常に楽しみな1本がまた増えました♪

あとコレ↓
bitters.jpg
きりんちゅーはいびたーず
写真は『ほろにがぐれーぷふるーつ』

エンケンさんが出てるCMのやつです。
これね、美味しかったの。うん。
結構好き。

CMやコピーの通り
チューハイって「甘過ぎ」なんですよ。
ジョシのみなさんには
いいのかもしれないけど
酒呑みにはほとんど「ジュース」。
でもシュワシュワ呑みたい、
だけどビールじゃない、って時があって
じゃあチューハイって呑むと
ああ、やっぱジュース…みたいな(笑)

で、これ。
見事に甘さ控えめなんだけど
『控えてる感』じゃなく『こういう甘さ』な
控え加減で、かつ、ほろにが。
ちゃんとグレフルのフルーツ感もありーの
チューハイの甘さもほどよく残しーの
でもほろにがでジュースにあらずーの
個人的には非常によろしいあんばいでした。

グレフルしか呑んでませんから
他の味は知らんけど(笑)

どうしてもシュワシュワ欲しくて
でもビールじゃなくて、って時
くじら家はホッピー呑んでましたが
今度からはこれもアリですな。

興味のある方、一度お試しあれ~♪

おちゃけばなしおんりー17

”おちゃけばなし”も久々だなぁ。
いや、キッチリ呑んではいたんですけど
宅呑みとボトル入れてる店が
最近多かったから
特筆することもなかったんで(笑)

以下『おちゃけばなし』のみ。
興味のない方はここで回れ右推奨です。
興味のある方も今回は長いよー!


さて。


やって来ました『夏の焼酎』2014。
毎年思うんだけど
蔵元のある九州とデッカイドーじゃ
『春』の位置がズレてっから
『夏』とかって名付けられても
ピンとは来ないんですよね。なので

夏でも冬でも美味しけりゃヨシ!

01sakura_hime
左:ホンボウシュゾウセイテンサクラジマ』25度
右:コマサジョウゾウナツショウチュウ ヒメアヤカ』20度

ワタシ的に興味があったのはサクラジマの方。
ホンボウさんの焼酎って
好きなの多いんですよね、結構。

当然ロックでしただきましたが
さすがの25度!
最初はキツさが前面にドン!
でもすこぅし氷が融けてなじむと
ビックリするくらいまろやかな味になりました。
ツレがヒメアヤカだったんですけど
20度は逆に最初が旨し。
氷が融けてなじんでくると
なんか薄いっつーか、物足りないカンジ?
まぁ先に25度呑んじゃってたしなぁ(笑)
ワタシはサクラジマの方が好きです。

akae_20140523100212758.jpg
オチアイシュゾウジョウ
左:『ナツヤマブキノサト
右:『ナツアカエ』どちらも25度

写真ブレブレですな(笑)
ワタシが大好きなアカエのナツショウチュウ!
これ、去年もウワサには聞いてたんですが
結局呑む機会がなく今年初でした。

ママ曰く
「ナツヤマブキの方がハッキリしたカンジ」
とのことで、ワタクシがナツヤマブキ、
ツレがナツアカエチョイス。
こーれは好きですね!やっぱアカエ!

ママの言う通り
ナツヤマブキの方が濃い、
というか…主張するカンジ?
I CAN!I CAN!的な(笑)
アカエはもう少し「協調性」がある…かなぁ。
あくまでワタクシの個人的な印象ですが。
アカエ自体が好きなので
これはどちらも好きでした。
こっちじゃ直入手不可なんだよね。チッ。

syouro.jpg
ショウロシュゾウ
カキゲンテイ 
 シロコウジアカイモジコミショウロ
』20度

…やたら長い名前ですけど(笑)
早い話がナツノショウロ、です。
これも大好きなヤツ♪
去年も美味しかったですが
今年も間違いなし!でした~♪

しかし同じ20度でも
濃さとか味の強さが全然変わってくるのねぇ…。

penguin_2014052310021445f.jpg
ワタナベシュゾウジョウ
ナツノマンネン』20度

毎度おなじみ青ペンギン、略して青ペン。
一番最初の年のヤツが
超大当たりのドストライクだったのを頂点に
私的評価毎年右肩下がりのヤツです(笑)
年々呑みやすい方へ呑みやすい方へと
変わってきちゃってて
『アク』とか『クセ』好きのワタシとしては
つまんないのよねー。

なので今年も行く店行く店で
目にしてはいたものの
呑んだのは最後の最後(笑)
毎年、夏の焼酎フェスで
蔵元さんにお会いするんでその都度

「なんで年々呑みやすい方に行くんですかー!」

って文句言ってるここ数年。
呑まないと文句も感想も言えないしなぁ、と


通過儀礼で呑んどきますか…。

ママ「そうねー呑まないと文句言えないしね(笑)」


はい!通過儀礼!(笑)
と出された青ペン…お?
第一印象は「アールグレイの紅茶」。
まろやかなんだけど華やか、
すごく優しい広がりのある…
女性が好みそうな味。
一番嫌いなフレーズ…。

でも。
これはこれで普通に美味しい。
去年のやつよりは好きだなぁ。
初っ端の年のやつにはかなわないけど。

青ペンはボトルも可愛いし
味も優しくて呑みやすいから
毎年、女性から絶大な人気なんですよねー。
確かにこの方が売れるんだろうけど
もう一歩、踏み込んだクセが欲しいんだよなぁ。。。

てかワタシも一応女性ですが。


全部一度に書くつもりだったけど
夏焼酎だけで結構長くなったんで分けます。
『おちゃけばなしおんりー18』へ続く~




ただしアップ予定日未定。

一日の〆酒

仕事バタバタ。

帰宅してバタバタ。

激疲労。。。
月曜早々こんなんで一週間もつんかいな。
ワタシってば。

「早く寝ろよー」という
ダンナの言葉も
生返事で右から左に流しつつ
寝酒スタート~。

週末に開けたコレ↓

ヤマトザクラシュゾウヤマトザクラ ベニイモ

25度。

蔵元さんがどの呑み方
(ロック・水割り・湯割り等)を
推奨しているか分からないんですが
くじら家は湯割りでトライ。

あくまで個人的な好みですが
温度が難しいですな、これ。
高いとワタシが一番嫌いな
プラスチック系(あくまで個人的な例え)臭が
前に出て、甘さほとんどなし。
じゃあって低くしすぎると
今度は後味が悪くなったし。

いつもより心もち低めで作っといて
いわゆる『燗冷まし』にしたのが
一番好みでした。

さ~イヌイズミさんのすますま観て
笑ってから寝るぞー。

連休は『過ぎる』旅へ

なーんか…

数日前から腰に
覚えのある鈍痛が

ここんとこ仕事詰めてて
座りっぱなしだったからかなぁ。
週末から旅行なのにヤバいなぁ。

そんな連休直前の木曜日。
すかっ晴れです@キタノハテ。

明日辺りから全国的に
グーンと気温上がるそうですなー。
帯広だかどこだかは夏日とかなんとか。
桜もまだだっちゅーのに(笑)
ま、これで一気に開花が早まることでせう。

そして土曜日からは旅行へgo!

初日は姑を連れて送りがてら
新潟の姑方本家へ。
千歳→新潟の移動時間より
新潟空港→本家への移動の方が
時間かかる…という米農家。

家の前は田んぼ。裏は山。
夕飯の支度をしていた本家のお姉さんが
ちょっと表へ出た?思ったら
戻った手には山のような山菜!
お米だけじゃなく野菜もたくさん作ってるし
豆類や「こうやってできるんだ!」的な
胡麻を作ってるそばには大きな栗の木。。。
肉と魚以外、全ての食材が
自宅で都合付く素晴らしい環境。
ワタクシ今回で3回目なんですけど
ものすごーくいいとこ♪

本家のお姉さんがまた料理上手でね~。
モリモリ食べちゃうんだけど
食材が健康だからか
本家に泊まるとものすごく体調が良くなる!


…酒さえ呑み過ぎなきゃ


なんせ新潟。米どころ酒どころ。
初っ端の「乾杯」からポン酒デフォ。
せめてビール…と思いきや
本家はお客さんが多いところなので
ビールは基本ケース買い=瓶ビール
全てにおいて『過ぎる』1泊になりそうです…。

翌日は姑を新潟に残し
(10日間ほど滞在予定)
下界でレンタ返した後、
電車で一路関西へ。
京都・神戸でそれぞれ一泊してきます。

京都ではお気に入りの町屋フレンチで
久しぶりに会う関西在住友人知人達とディナー。
神戸では焼酎ではなく
日本酒と肴に惹かれて選んだお店を予約済み…。

ふっふっふっふっふっ
実に楽しみだ。
こっちでも『過ぎる』んだろうけど。


さて。


昨日は本家へのお土産やら
連休中に周年祝いを迎えるbarに
お祝い(六花亭の栗入り紅白饅頭!)
送る手配やら済ませてから帰ったら

ツレ「食べに出よ~」

スタンバイ済(笑)
近所の定食屋さんのボトルが
ちょうど切れるところだったんで
入れがてら行って来ました。

案の定、2杯ずつ呑んだところで
空になったコレに代わり
今回入れたのはコレ↓
nouson_20140424153757164.jpg
キリシマチョウジョウリュウショ
コガネゼンリョウ アカルイノウソン

米麹ではなく
コガネイモに麹を付けた芋麹で作られた
文字通りの『オール芋』焼酎。
実は九州で買ってきてあるんですが
まだ口切ってなくて(笑)
試しに呑んでみるかーと。

封切り直後の香りを嗅ぐと
何やらベニイモっぽい酸味が…。
そっち苦手なワタシは
「…うーん」だったんですけど
お湯で割ると一気に芋臭く(笑)
まろやかな味でした。
ただ思ったより大人しい印象かなー。

いい意味で淡々と呑み続けられそうですわ。




センボンザクラ、3週間で終了…。
しかも自宅ではなくお店なので
数えたら昨日が3回目。早っ。

占いの酒屋

良く晴れた日曜日でした。

冬靴&ブーツ類をようやくお片付け!
だってさぁ、
週末!と思ったら雪混じりの雨で
空気が湿気てて干せなかったり
晴れた!と思ったら風が強くて
砂ホコリビュンビュンだったり。

風に当てた後キレイに拭いてから
箱に入れたかったんでねー。
玄関にズラッと並べたブーツを
横目で見ながら今か今かと
お天気のあんばいを伺っとりましたわ。

やーっと玄関スッキリ♪
履いてる靴以外のものは出てない
デフォルト状態です。やれやれ。

ついでにホームクリーニングも
ガツガツやりまして
薄手の中綿ジャケットや
マフラー&スヌード&手袋も一斉にお洗濯。
実は今月入ってすぐの頃片づけるつもりで
一度全部洗ったんですけど
寒さがぶり返して結局また使った、と(笑)
コート掛けが軽くなりましたわ。
玄関も春仕様でございます♪


となると。


行動範囲も春仕様。
朝晩まだまだ肌寒いキタノハテですが
それでも昼間はそれなりに
春らしい暖かさを感じられるようになったし…

で。

今年初チャリ散歩~
とは言うものの風はまだ冷たいので
上着の前をしっかり閉め
マスクで気管支防護、
手袋…あ、ワタシ洗っちゃったんだっけ…っと

ツレ「片っぽ貸しちゃる」

ツレは右手に古傷、
ワタシは左手に古傷持ちなので
お互いそちらだけをカバーすれば問題ナシ。
半分ずつ手袋~
青空の下、ルンルン気分maxで
ツレとママチャリデート出発♪ワーイ
向かった先は…


酒屋♪


さすがよねーウチってばさー。
そんなつもりなかったのに
途中で「そういやこの辺に…あ、あった」って。
呼ぶのよ、酒屋が。

名前だけはよく聞いてたんだけど
くじら家からはちょっと離れてるんで
行った事のなかった某酒屋…

なんだけどね。

幹線道路に面した賑やかな場所に
大変怪しい店構え。

入り口はガラスの入った
どこにでもある扉なんですが
ブ厚い布の幕で中全く見えず。


…ホントにここ?

ツレ「って看板出てるし」

…ああ。
でもこれ…やってんの???
真っ暗だよ???

ツレ「ネットでは年中無休って…あ、openって出てるわ」


指さす方を見れば
確かに小さな『open』の看板が。
いやでもこれさぁ…


めっさ入りにくい。


カンペキ怪しい占いの館だよこれ?
一見さんまず入れないだろ。。。

恐る恐るドアを開けて中へ…
うわ、薄暗っ!ん?
スリッパ???

土禁?!

初土禁の酒屋…てか
そうそうないだろこれ。。。

店内は
ラベルと色が分かる必要最低限の暗さ。
お日様サンサンの外から入ると
目がやられて入店直後は視界不良(笑)
いやー酒の品定めよりそっちが驚きですわよ。

まぁ考えるまでもなく
酒を日に当てないように、との
配慮からなんでしょうけど…。
ワタクシ、北はデッカイドーから
南は鹿児島まで
大小有名無名に関わらず
色んな酒屋へ行きましたが
『占いの館』状態の酒屋は
初めてでございますわ~。

食指の動くものがなくて
何も買いませんでしたが…
店番は日焼けしないぞありゃ(笑)


あ、そうそう。
こないだ買ってきたコレ
taraki_20140421140253c0d.jpg
この週末に開けました。

これ、いいです。
個人的にものすごく好み。
ズバ抜けて臭いわけじゃないんですが
最近(ワタシが呑んだ限りで)の
無濾過とはちょっと違う、
懐かしい無濾過の香りと味の深さ…というか
広がりがありました。
上手く言えないんですが…
ちょっと焦がしたような香ばしさ?
と深くて丸い甘さとでも言うのか。

ワタシは芋焼酎にハマり出しmaxの頃、
宮崎の某蔵の焼酎が
こういう香り出してたんですよ。
そこは今でも大人しめの焼酎が多い
宮崎の焼酎(あくまで私的見解)中では
異端とも言える芋臭い酒を
作り続けてるんですけど
ここ数年、スッキリ呑みやすい方向へ
どんどん寄ってっちゃってるんですよねー。
(杜氏本人も認めた…)

これ、封切りして嗅いだ時
「ああ!これこれ!」と。
懐かしいカンジを思い出しました。
心持ち温度高めの湯割りにすると
味も風味も口当たりもサイコーに好みっす♪




そして呑み過ぎて今日は頭痛持ち…。

ちょこっとおちゃけばなし18

先日の観劇@東京遠征。

あくまで目的は観劇ですけど
まぁ手ぶらってのもアレだしね。
せっかく行ったんだから
二粒も三粒も楽しまなきゃ!

…ってことではるばるセンダギの
通称『坂の上』まで足を運び
チョイスした良い子ちゃん達が
無事我が家に到着いたしました。

今回は4本。

一升瓶を送るための箱は
店によって多少違いますが
大抵6本=1箱。
要するに2本だろうが6本だろうが
一個口は一個口。送料は一緒。
だったら6本買うよね~♪の主張だった
くじら家ですが少し大人になりまして
本当に欲しいのだけ絞って購入した次第です。
(決して収納場所不足からではナイ)

2本は焼酎↓
tarakiyamato.jpg
向かって右:ヤマトザクラシュゾウ
『ヤマトザクラ ベニイモ』
向かって左:チランジョウゾウ
タラキ ムロカ

タラキムロカは
2月に蔵へお邪魔した際
タンクから試飲させていただいていたやつ。
欲しいな~と思っていたものの
キタノハテの酒屋では入荷する店がないため
半分諦めてましたが
ココでめでたくご対面♪

ヤマトザクラベニイモはツレプッシュ。
先日某所で呑んだヤマトザクラが
いたく旨かったらしく
見るなり「買う!」とつかんだんですけど
紙に包まれてるコイツは紅芋ver…。
帰宅してから気づき

ツレ「お前の方が好みかもな

と呟いておりました(笑)
(ツレはあまり紅芋タイプは好まない)
ありがたーくいただきますわ~♪ホホホ♪

あと2本はポン酒↓
yuho.jpg
(撮り忘れたので購入した酒屋のサイトから拝借)
ミオヤシュゾウの『ユ~ホッ』
『ユウホ』というシリーズの
お燗専用純米酒らしいです。
これもツレいちオシ酒(笑)

そして満を持しての4本目は。。。

3本買ったしこのくらいで…と思いながら
レジへ向かうワタシの目がロックオン!
レジ脇棚に1本だけ残ってたコレ!
okuhari.jpg
言わずと知れた『オクハリマ』!!!
ワタクシいちオシの
現時点マイNo.1ポン酒

こーれは、好きですね。
かなり好き。うん。
好みのポン酒を見つけるために
手当たり次第のランダムに
あれもこれも呑みましたけど
ダントツでこれが一番好きです。

キタノハテじゃ
なかなか手に入らないんだけどさぁ~。
てか毎度思うけど
日本全国で手に入る酒に
バラつきあり過ぎ!
もっと全国にまんべんなく散らばしてよ~。

ま、とにかく。

くじら家、当分宅呑酒には
不自由しないストック量です♪



NEW!