おちゃけばなしおんりー21

宮崎蔵編に続いて鹿児島蔵・他編。


※以下ホントに酒話オンリーです。
 興味のない方はここで回れ右推奨!


鹿児島蔵

杜氏の里笠沙~『一どん
20160323_itton.jpg
往復はがきで申し込む抽選販売のみのお酒。
これはハガキ送って当たったワケではなく
縁あって手元に来ました。
ウン年ぶりに呑んだけど…
たぶん口が変わっちゃったんですよねー。
クセモノばかり呑んでたから。
そういうことで(笑)

中村酒造場~『玉露 甕仙人
20160323_kame.jpg
これも久々見て買ったはいいけど
口変わってたらどうしようと思ったんですが
やっぱ旨い!
中村さんのお酒ってしっかりしてるから
湯割りもロックも両方行けるんですよねぇ。
気分によって湯割りにしたりロックにしたりと
こればかり呑んでたら
あっという間になくなりましたわ。

中村酒造場~『上野原
20160323_usnohara.jpg
ピントが後ろに行っちゃってますが(笑)
見慣れない名前だなぁ、と
どこの蔵のお酒なのか確認せずに
呑んでたらこれも中村さんでした。

小鹿酒造~『長期樽貯蔵 小鹿
20160323_kojika.jpg
これは小鹿好きツレのジャケ買いでしたが
一口呑んでおったまげ!
モルトの香りがする!なんじゃこら?!で
調べてみたら名前の如く『木樽貯蔵』。
個人的にはどストライク!!
めっちゃ美味しくてロックでカパカパ。
四合瓶だったのであっという間になくなっちゃって
その次買ったお店行った時探したんですが
もうありませんでした…。

相良酒造~『三年古酒 相良十代目
20160323_sagara10.jpg
名前通り、十代目杜氏の古酒27度。
1250本限定酒。
この子は師匠のところへお婿入り済です。

宇都酒造~『金峰荒濾過 原酒
20160324_kinpouara.jpg
期間限定酒。

荒濾過原酒で
度数が瓶によって微妙に違うため
ラベルに手書きで書いてありました。
くじら家に来たのは36.9度。
とにかく濃厚!
湯割りの広がり方はハンパねぇ!な旨さ。
これは好みの銘柄を伝えた上での
酒屋さんオススメ。さすがプロ♪

白石酒造~『紅椿
20160324_benitsubaki.jpg
昨年末初めて目にして以来
急にあちこちで見かけるようになりました。
白石さん=天狗櫻=あんま好みではない、だったので
最初気乗りせずに呑んだら旨かったという(笑)
食わず嫌いはいけませんなー。

本坊酒造~『磨千貫 薄にごり
20160324_migaki.jpg
大手焼酎蔵のお酒の中で
個人的ヒットの多いのが本坊さん。
『貴匠蔵』とか好きですねー。
これは…どこで呑んだんだっけな。
濃厚ではないけど深みがあって美味な濁りでした。


知覧醸造~『旬酒 黒麹
20160323_shunshukuro.jpg
期間限定酒。
…なんか限定ばっか(笑)

これも今回のヒットTOP3に入る酒。
『黒麹』ってわざわざ書いてあるくらいだから
『白麹』もあるんだろ、と思ったら
あったんだけどキタノハテでは手に入らず…。
湯割りには白の方が良さげだよなぁ、と
向こうに行った時探したけど
さすがの人気で既にSOLDOUT。

が!

その晩、偶然呑みに入った
天文館のお初居酒屋で発見!!

ホントに偶然。
かごんま連泊で前夜に行った焼酎BAR、
翌日も行くつもりでいたら臨時休業だというので
「どっかない?」と教えてもらった店に
『今週のオススメ』として格安で出てた!
ツレ大喜び~♪呑みまくってました(笑)

そこの店主も白黒両方試飲して
白に惚れたそうな。
その時、店に出てるやつが最後の1本。
ラッキーでしたわ~。

ロックで呑むなら黒も美味しいけど
ウチは湯割り基本なのでやはり白推し。
向こうの某酒屋PBなので
手に入れるのが難しいんだよなぁ…。

森さん、大変美味しゅうございました。
来年はキタノハテへも卸してくださいませ


熊本蔵

天草酒造~『池の露
20160323_ike.jpg
今年キタノハテ初上陸!
飲食店では見かけてましたが
実際にいつでも買えるようになりました。
酒屋さんが頑張ってくれるから
呑める銘柄が広がります。感謝。

豊永酒造~『麦汁にごり 麦磨き八十』
20160323_mugimigaki.jpg
期間限定酒。
これ…炭酸割りで呑んだ記憶が。
熊本=米焼酎っていうイメージだったので
麦?とかって思ったんだよなぁ…。


京都蔵

宝酒造~『石焼き芋焼酎 石茜
20160324_ishiakane.jpg
宝酒造が京都だということを
今回初めて知りました(笑)
やっぱポン酒&水絡み?

焼き芋焼酎って色々あるけど
普段あんまチョイスせず。
これは…たまたま。
どこの酒だ?って蔵見てビックリ。
蔵の所在地見てビックリ、みたいな(笑)
ホントに焼き芋なんだなぁ。






ってことで。
いやー疲れた。
リンク探すのが意外に手間で。
期間限定酒は蔵のHPにも出てないこと多いし
小さな蔵だとHP自体ないし。
でもまぁ色々勉強になりましたわ。

ホントポン酒もやろうと思ってたんだけど…
またの機会に

ここまで全部読んでくださった酒好きのアナタに
愛を込めて~

スポンサーサイト

おちゃけばなしおんりー20

お久しぶりのおちゃけばなし。
を始めてからは
その都度向こうで上げてたんですけど
ブログに上げた方が記憶に残りやすいというか
後から見返しやすいので
ある程度溜まったら
こっちでまとめて上げようかな、と。

今回はお初だったものと
季節限定ものを中心に
写真残ってるものだけ。
備忘録みたいなものなので
順不同ザザーッと上げてきます。


※これ以降、ホントに酒しか出てません。
 興味のない方は回れ右!


宮崎蔵

王手門酒造~『蔵内極秘具申書
20160323_gushin.jpg
これは割と最近。
写真がアレですが(笑)
あまり照明のよろしくないところでも
濁ってるのが分かるくらい濁ってました。
こちらの焼酎は割と好みなのが多いです。

王手門酒造~『まだこ
20160323_madako.jpg

王手門酒造~『銀滴
20160324_ginteki.jpg

寿海酒造~『の馬
20160324_noba.jpg
調べたらこのイラスト付き&透明ボトルは
夏向けのものらしく
レギュラーは文字だけになってました。

これ呑んでる間、頭の中でずっと
♪いっぱい聞ーけて いっぱい喋れーる♪
って歌ってたワタシ(笑)
妖怪ナマズボウズというらしいです、このキャラ。
歌舞伎の役柄にもなってるらしい。へー。

松露酒造~『心水(もとみ)
20160324_motomi.jpg
昔から好きなやつ。
季節限定酒みたいに
出るたび味が違うのも楽しいけど
いつ呑んでも安定、っていうお酒は
ありがたいです。

宮田酒造~『銀の星
20160324_gintsuyu.jpg

川越酒造~『金の露
20160323_kintsuyu.jpg
キタノハテで入手しづらい2本。
『銀~』は辛うじて入らないこともないですが
『金~』は
「(キタノハテへ)出す予定はないです」と
蔵元さんがはっきりおっしゃってたので(涙)
どちらも美味しいんだけどなぁ。

柳田酒造~『蕾千本櫻』
20160323_tsubomi.jpg
麦焼酎『青鹿毛』で有名な蔵が
2013年に復活させた芋焼酎『千本櫻』の無濾過です。

なまらウマい。

『焼酎ブームも下火』とか言われてるせいか
万人受けする素直な焼酎が多くなってきて
クセ者好きのワタシとしては
非常につまらなかったんですが
これは久々のヒットでした。
酒友さん全員大絶賛です。

で。

柳田酒造~『霞千本櫻』
20160323_kasumi.jpg
その『千本櫻』の季節酒。
黒麹で今回に限り麹米は『山田錦』だとか。
日本酒に使う有名なやつ…
しかも宮崎県産…レア過ぎ。

これは現在、個人的に不完全燃焼真っ最中の酒。
美味しいはずなんですよ。好みなはず。
なのになーーーーんかもどかしい。
ちょーっと届かないというかなんというか…。
呑み方変えて日々復習中です。

古澤醸造~『八重桜無濾過』
20160323_yaezakura.jpg
これ、どこで買ったか一発バレなんだけど(笑)
キタノハテで有名な某酒屋さんが
試験的にお願いして作っていただいた
いわゆるPB的な酒。
20度の無濾過です。
あくまで試験販売だったため
1ケースだか2ケースだかの超極少入荷で
あっという間に完売したそうな。

くじら家はたまたま事前に情報入手してたので
運よく購入できましたが…
面白いよねー20度の無濾過って。

古澤さんの八重桜は好きで
無濾過呑んでみたいなぁ、とは思ってたけど
なにせ濃いモノ好きなもので(笑)
25度の無濾過作ってくれないかなー。

これは割らずにロックと直燗でいただきました。

まぁ少し前まで夏焼酎ブームで
どこの蔵も出してたのと同様、
今は無濾過ブームのような気がしないでもない(笑)

とか言ってたら。

小玉醸造~『杜氏潤平 蒸留したて無濾過』
20160323_junoeimuroka.jpg
こちらも20度の無濾過。
しかもこれも試験的に
ここの酒屋さん限定での販売。
攻めてるなぁ(笑)

『杜氏潤平』自体、
焼酎呑み始めた頃から
唯一ブレずにずっと好きな銘柄で
こちらもたまたま事前に情報入手できたので
運よくGETできました。
今回は速攻SOLDOUTだったらしいですが
来年から店舗限定で全国販売するらしいので
楽しみです。


鹿児島蔵編はまた後日…。
力尽きた…。



寝る前のプハーッ。

ようやくゆっくりな時間。
ちょびっとだけどさ。

ふー。。。

雑貨雑誌眺めながら
今宵は軽めにコチラ↓

GRAND KIRIN 十六夜の月
コンビニ限定なん?へー。

実は昨日呑み過ぎて
今日は昼過ぎまで残酒感凄かったんで
軽めに(笑)
なかなかしっかりした味で
水っぽいビールが苦手なワタシには
いいあんばいです。
好きだな、これ。

蓋の写真撮って気づく、

隠れIPAロゴ(笑)

呑んだら寝よー。


始めてからというもの、酒がらみネタは専ら
リアルタイムでそっちに上げてたので
久々の”おちゃけばなし”でございます。

…って、これも昨日それこそリアルタイムで
に上げたんですけど(笑)
今日の主ネタに関係あるんで敢えて。


昨日の夕方、お墓参りの件で姑に電話したら
ちょっとカチムカなこと発生。
最近ほんっとますます
自分のことしか言わない&聞かない、が
デカくなってきた姑。
年寄りだし仕方ないかーと諦めてたんですけど
ツレが言う

「一人暮らしするようになってから
年々自分勝手に拍車かかってる」

に激しく納得。
離れて暮らしてるから
(ったって同市内。車で20分くらいの距離)
会う時くらいはいい顔=いい関係でいたい、と
思ってるけど、ここらで一発
教育的指導@ワタシver.が必要かもな。。。

ふふふふふ…。


んで。


仕事で頭グチャグチャなところへ
カチムカが加わり
不機嫌絶好調で帰宅。
ツレにさんざ愚痴った後、
気分転換にいつもの『オトナの蕎麦屋さん』へ。

このお蕎麦屋さんの現在のアイドルは
生後6~7ヶ月?(くらいだったかな。1歳未満)のbaby、
マスターと女将の愛娘ちゃん♪

店舗2階の自宅で眠っている間は
厨房でモニターを確認しつつ
働いているマスター&女将。
「起きた!」となるとどちらかが2階へ走っていき
お店へ出勤(笑)
起きている時は女将の背中で
お客さんに愛嬌を振りまいているんですが
これがもう~

おばちゃんメロメロ

最近では「Nちゃん(仮称)♪」と声をかけると
にぱぁっ!と笑うんですよ~。
もー可愛いったらありゃしない♪

で、このNちゃん。
赤ん坊って、何ヶ月かだかまでは
まだよく目が見えていないらしく
そのせいか大きな動きのあるものや
色と形の分かりやすいものに
視線がロックオンしてることが多いんですよね。
実際、Nちゃんが抱っこひもで店に出てくると
自分に声をかける常連さんを見る以外、
特に店内を見るような素振りは
見たことがなかった…

んですけども。

昨日行ったらなんだかやたらと
何もない「空」(”そら”じゃなく”くう”ね)を
見てる。
なんにもないんですよ、そこ。
天井でも壁でもなく、なんていうか本当に「空」。
なので女将に
なんか今日はやたらと空間を見てない?
って言ってみたら


女将「そう!ここ数日そうなんですよ~!」


ああ…お盆だしね


女将「え?!そっちですか?!」


この世もあの世も帰省ラッシュ(笑)

大人の目には見えなくても
子供の汚れてない目には
見えることが多いって言うし。
ご先祖様が「おお~お前かお前か~♪」って
会いに来てるのかもね~。

そんなこんなで目から癒された後は
酒!酒!酒!

20150813_01beer.jpg
1杯めはクラフト。
『志賀高原ビール』ペールエール
一番右の赤いグラスは
「友情出演!」と言ってツレが隣に並べた
熊本 寿福酒造場『武者返し』
米焼酎です。

二杯目から燗酒一合をツレとシェア。
新潟 池田屋酒造『純米吟醸 池田屋』
20150813_02ikedaya.jpg

三杯目は広島 竹鶴酒造『純米吟醸 清酒 竹鶴』
20150813_03taketsuru.jpg
この平盃のイラストが…
20150813_04sakazukin.jpg
さかずきんちゃん
蕎麦屋babyがニパッと笑うと
ホント、まんまこの顔(笑)
ええ、ワタクシbabyを
「マイさかずきん♪」と呼んでます(笑)

酒は旨いし
アテもいいし
蕎麦は絶品だし
babyは可愛いし、で
ワタシの癒されポイント高スポットですわ♪




この後〆に麦焼酎『兼八』を湯割りで。
全てにおいていい酒呑ませていただきました…。
盆休み明け、またよろしく!



ちょこっとおちゃけばなし24

2週間以上前、休養旅行直前に
久々オトナの蕎麦屋さんへ行けた時の分。
書きかけたまま放置してた分なので
備忘録替わりの情報だけ上げときます。




20150519_beer.jpg
左;伊豆のブルワリー
ベアードブルーイングのBaird Beer(ベアードビア)
帝国IPA』6.5%
右;茨城のブルワリー
木内酒造の『常陸野ネストビール
Amber Ale(アンバーエール)6%


20150519_pon1.jpg
新潟佐渡の逸見酒造
山廃純米大吟醸 『真稜


20150519_pon2.jpg
あの”まっさん”の生家ということで
一躍注目を浴びている(笑)
広島 竹鶴酒造の『清酒 竹鶴』



佐藤の黒と薩摩茶屋、湯割りで〆。




佐藤、随分値上がりしてたわ~。
県外向けの『佐藤』だけならともかく
地元向けの『さつま白・黒』も
5~600円上がっててビックリ。
ソッポ向かれちゃうよ…。



『YEBISU BAR』

こないだの日曜、お風呂の帰りに
行ってきました。

YEBISU BAR
20150420_yebis1.jpg
関東関西を中心に
14~5店舗あるようですが
キタノハテはここが第一号店。

…だそうです。

つか、駅前まで毎日通勤してるのに
ワタシ知らなかったし。
ええ、このテの情報はツレ経由。
マメだ…毎度どこから仕入れてくるんだか(笑)

サツエキ直結、大丸側にある地下街『APIA』の
ジョイフルウォークというエリア…ったって
ぶっちゃけ地元のワタシでも
”ジョイフルウォーク”ってどこ?(笑)
えーと、地下街のエンチュリーロイヤルホテル側
(エスタとか東急とかとは逆)方向。
大丸のアピア側連絡口から出たら
目の前でっせ。


でね。


まぁ風呂上がりだったワケで。
水分出しきった後だったワケで。
しかもマッサージ後だったワケで。

旨くないはずがない。

まぁそこら辺を差し引いても
ビール屋ですしね。
「大体は」美味しゅうございました(笑)

ババッと撮ったんで
写真が雑で見づらいんですけど
20150420_yebis2.jpg
向かって左から
・エビスビール ¥505
・エビス プレミアムブラック ¥505
・エピス プレミアムミックス ¥580
・琥珀エビス ¥525
・エビススタウトクリーミートップ ¥620
(※価格は全て+税)

ビールを使ったカクテルも豊富。
20150420_yebis3.jpg
こちらは呑む気なかったんで
写真だけ(笑)
詳しくお知りになりたい方は
冒頭↑の店名リンクからHPへ飛んだ
「メニュー」タグに情報がございます。

あ、季節柄こんなのもありました。
20150420_yebis4.jpg
色見た時点でアウトですが。
ビールにさくらんぼシロップ…
コレ思い出したよ。
ビールが甘いって、酒呑みからすると
あり得ないんだけどね…。
女性にはウケるらしいです。ええ。

…うん?女性?


じゃあワタシ、何?


そんな疑問を覚えつつもまずは1杯め。
20150420_yebis5.jpg
左:ワタシオーダー「琥珀」
右:ツレオーダー「クリーミートップ」

この琥珀がめちゃ旨かった!
よそで飲んだ時には
イマイチ印象だったのが一気に変わりました。
クリーミートップはいつも美味しいですけど
これはさらに雑味がなくってスルスル~♪
さすがです。
ま、ビールが看板の店ですから
こうでなくちゃ困りますが。

フードは夕飯入らなくなるからってことで
軽めを意識しつつ
昼食べてなかったんでそれなりに(笑)
20150420_yebis6.jpg
なんちゃらカルビ丼…確か。
(店舗or曜日or時間限定メニューらしくHPにも出てない)
¥1,050

20150420_yebis7.jpg
クリームチーズの山葵味噌和え&山葵クラッカー
¥580

20150420_yebis9.jpg
エビスビール浅漬け
¥648
(※価格は全て+税)

あっという間に呑み干して2杯め。
20150420_yebis10.jpg
・左:ワタシオーダー「プレミアムブラック」
・右:ツレオーダー「プレミアムミックス」

これはブラックの勝ち。
ミックスはツレが

「…合わさって悪い部分が前に出てる」

と呟いておりましたわ。

サツエキと地下鉄の中間地点で
地下直結。
ビアガーデンの時期はともかく
雨の日はヒト入りそうな気がします。
キタノハテの夏は短いから
多少気温低くても雨さえ降ってなきゃ
夏は外で呑みたい人が多いしねー。

ワタシ中でも外でもこだわりなし。
旨けりゃいい。結局そこよ。うん。




でもあの一件以来
ビアガーデンで呑むのに抵抗大。



のんせおりー

呑みかけが一度に終わった金曜日。

次は何開けようかな~♪と
考えながら帰り道を歩いてたんですが
家に着いて玄関入った途端
あ!と浮かんだのがコレ↓
20140420_karasutengu.jpg
さつま無双
『烏天狗~non theory~』
25度 ¥2,500

麹の割合?だったかな?が
セオリーとは違う造り、ってことで
ノンセオリー…だったような

これの1つ前のやつが
好みどストライクだったんで
鹿児島の酒屋で見た瞬間
即買いしたやつです。
(前のやつの記事は

でね。

やっぱ美味しい♪ふふふふふ♪

セカンドインパクトの時より
ガッツリ感が薄い気がしたんだけど
それは普段ワタシが
ガッツリを呑み過ぎてるせい

ガッツリへの期待ハードル
が上がり過ぎてるのかもしれないな、ということで。

あー5月になったら
夏の焼酎出てくるんだよなぁ…。
毎年なんだけど
九州は夏でもこっちはようやく春になったとこ。
どーもいまイチ乗り気になれなくて
買いそこなう事が多い。。。
しかもいつもなら焼酎師匠ンとこ行って
情報色々入ってくるのに
繁忙期で行けてない。。。
今年はどうかなぁ。うーん。。。



たぶん最後の酒

※色々ありまして…
  ブログ存続&保身のため(笑)
  カタカナ・伏せ字表記多用しております。
  読みづらくて申し訳ございません。



ワタシがここの酒を口にできるのは
もしかしたら最後になるかもしれません。
20150310_kinteki.jpg
ポン酒好きならご存じキ○テキシュゾウ。
デッカイドーが『誇っていた』日本酒。
その杜氏『だった』K氏が仕込んだ
最後のお酒で
デッカイドーの、さらに限定7店のみ
流通のお酒です。
こないだいつもの居酒屋に行ったら
酒友でもあるそこのママの息子さんが
呑ませてくれました。

旨いんだこれが…。
シミジミ旨い…。

ただこのラベルにも
K氏のお名前はございません。
蔵で何があったのか詳しくは存じませんが
ワタシは言いたい。

旨いキンテ○を返せ!!!

その息子さんは
新しいトウジさんが仕込んだ酒を
こないだ初めて呑んだそうです。
曰く

「ありゃ呑まなくていいッスよ」な
「ひでぇ味」だったそうな。

てか潰れかかった蔵を
全国でも有名な人気銘柄を出すまでに
押し上げたトウジを解任した後任が
その潰れかけにまで追い込んだ頃のトウジたぁ
何考えてんじゃボケ!!!

K氏解任と同時に
事務員も数名辞めているそうで
酒販店が問い合わせても
お酒の話ができる人ゼロ。
蔵なのに酒の問い合わせができないって(笑)
現在、裁判中だそうですが。。。
何とか帰って来ていただいて
また、旨いキン○キを世に出していただきたい。
切に願います。




社長が元凶のコイツな限り
あたしゃアンチ○○○だ!



またひとつ…。

朝から酒臭い話でなんなんですが(笑)
UP忘れてたので。

先週、いつもの定食屋さんへ
今年初顔出ししたらば
ボトル入れてたリハチくんがラスト。
ここのボトルは店お任せなので
次出てきたのはコレ↓
20150129_sake.jpg
テンセイシュゾウサツマアラシ
白&黒/25度

初めて見るボトル&蔵名。
ネットで調べたら
他の商品で見たことあるものはあったけど
呑んだことあるものはありませんでした。

力士の名前にありそうなこの焼酎。
白麹と黒麹、それぞれ使った原酒を
ブレンドしているようです。
美味しいんだけどもう一声!っていう
もどかしい感じがしたのはそれでかなぁ。
ま、定食屋さん=ご飯食べながら、だから
このくらいの芋臭さで
ちょうどいいのかもしんないけど。




しかし我ながらどこでも色々呑んでるな…。



ちょこっとおちゃけばなし23

今日はホントに酒のことしか書いてませんので
興味ない方はスルーしてくださいまし。




1か月ぶりのおちゃけばなしシリーズですか…。
いやー呑んでたんだけどね。ちゃんと。
特に書くほどでもないかなぁ、っていう
カンジだったんで…。

”おちゃけばなし~”の後ろの数字を
確認するのに見たところ
最後は去年の12/2。
今日までの1ヶ月強の間には
新酒季節も通ったけど
特に目新しいものにも出会えなかったし。
あ、目新しいと言えば生まれて初めて
Barでボトル入れました。モルト。
MACALLANBOWMOREで迷って
結局BOWMORE。

店に入って
挨拶しながらカウンターに座ると
マスター一言「ソーダ?」とだけ言いながら
ワタシの前にボトルを置く…というのを

ワタシって、オトナ

とかアホなこと思ってニヤついとりますわ。

あ、別にそのために
ボトル入れたワケじゃないですよ。
高いし(笑)


さて。


昨日は
『行きたいんだけどなかなか予約が取れない』
人気の寿司屋へ。
ほんっと取れないんですよ。ええ。
1か月前でもダメ。
ウチはこれで3回目ですけど
前の2回は2ヶ月弱前予約入れてようやく。

基本「あーなんか口が○○だ!」
(鶏だったり寿司だったりジンギだったり)
って前日or当日に決めるんですけど
この寿司屋だけはそれが通用しない。
現に前回と今回の間で
4回玉砕してます(笑)

でもね。

今回、電話したのは実は前日!
絶対ダメだろうな~って
ダメ元で電話したら「お席ございますよ」って!
当日板さんに聞いたら
2名分キャンセルが出たんだそうです。ラッキー!

超有名店なので店名は書きませんが
まぁこの方が修行したお寿司屋さんは
東京の方でもご存知だろう、という店。
そちらもさらに高級店。
(行った事ないですー)
で、このお店も決してお安くはナイ。
店構えも控えめで、口コミで広がった店。
庶民のくじら家が
なぜそんな店の板さんと
実は顔見知りだったりするかというと…

焼酎の縁(爆)

酒にも熱心な方なので
そういう会にも参加されてるんですよね。
で、某焼酎イベントにいらした際
共通の知り合いでもある酎友さんが紹介してくれまして。

持つべきものは酒の縁!
世界に広げよう酒友の輪!


…で。


ここは基本お任せ。
ウチの焼酎の好みは知ってらっしゃるので(笑)
酒も丸投げで食べることに専念いたします。

最初はワタシもツレも『タクラ』の湯割りから。
炙りや混布〆、煮物に焼き物等
いい仕事をした肴が
目の前にポンポンと現れては口の中へ~♪
2杯め、ワタシは『ハチマン』湯割り、
ツレは『センキン』を燗で。これも旨かったな~♪

握りをいただきながら
『ハチマン』をもう1杯ずつお願いして
〆にトロの細巻きを頂いてご馳走様!

…と思ったら。


板さん「ちょっと面白いのがあるんでお待ちください」

って出てきたのがまず
20150128_hizoujunmai.jpg
(※写真撮り忘れたんスクリーンショットで失礼をば)
おお、ジュウヨンダイの焼酎~。
これ、福岡の某隠れ家焼酎barで
一度飲ませてもらったんだけど
泥酔してて味覚えてない、という罰当たりなワタクシ
改めていただきましたが…
冷やなのもあるけど
スルスルッと行きますわね。ええ。
クセが少ない、というか
焼酎でも日本酒でも、どちら寄りでもない
言われなきゃどちらともとれるような、というか。

さらに。

板さん「これはちょっと食中酒には合わないんですが…」


って。


20150128_dassai.jpg
(※こちらも写真撮り忘れたんスクリーンショットで失礼をば)
出た!ダッサイの焼酎!
これはさすがに呑んだことない(笑)
それどころか間近に見たことすらない。
おお~ナムー

酒粕から生まれた焼酎、ってことは
いわゆる『粕取り焼酎』なんですけど…
あくまでまろやか。そして華やか。
香りは日本酒、口に含むと焼酎、後味は日本酒、という
ワタシ的には変化の複雑さが面白いお味でした。
確かにこれは食中酒にはちょっとなぁ…。
相殺し合ってもったいないわ。

大満足でお店を出て
次に向かったのは
強烈キャラの”美人ママ(自称)”がいる焼酎bar。

今年初だったので
遅ればせながら新年のご挨拶なんぞした後に
オススメを聞いてオーダーしたのは
IMG_7389.jpg
ツレ→左:『ニゴリギン』~ジュカイシュゾウ/シロ/ムロカ/25度
ワタシ→右:『クラウチゴクヒリンギショ』~オウテモンシュゾウ/シロ/ムロカ/25度
これはどちらもかーなーり旨かった!
ムロカの濃さが好みドンピシャでしたね~。

ワタシは2杯目も同じオウテモン酒造さんの
『クラウチトクメイシジショ』~シロ/ムロカ/25度を。
『~リンギショ』よりスイートで丸かったですが
やはりムロカ特有のクセがたまりませんでございました。

いい夜でしたわ…。





NEW!