帰札

着きました。
いや~天然冷風なう。
16度ですってよ、奥さん。
毎度のことながら(笑)




やっぱ家いいわ~♪
スポンサーサイト

帰りますか~。

空港なう。
ツレ待ち中です。

職場のお土産がまだだったので
少し早めに出てきたんですが
せっかち故の早過ぎ(笑)
大体買ったのに
待ち合わせまで
まだ40分もあるという

バッグが重いのもありますが
例によって例のごとく
人混みが嫌で退避←今ココ。

いやーどっかにカフェ的なものが
ないかなぁ、と探したんですが
ないんですよ。
あるのは、軽食セットが揃ってる
ちゃんとした『喫茶店』スタイル店。
そんなワケで
ひたすら通る人を眺めつつ
ボーッとしております。

ビジネスマンは別として
平日の真っ昼間だってのに
随分人がいるもんですなー。
みんなどこ行くんだろ。。。って
ワタシもか(笑)

明日から仕事だなぁ、と
休み前の進捗を
チラッと脳内復習を試みました。

…う~ん。

甚だ怪しい…。
ま、自分が自分宛に残したメモを
信じることにいたしましょう。

ボチボチ来るかなー。。。

最終日

おはようさんです。

昨日からのフリータイムは
あれこれ考えてましたが
結局、人混みに疲れて面倒になり
最低限リストをクリアしただけで
早々にホテルin。
テレビ観ながらまったりしてました。

その割になーんか寝つき悪くて
寝不足という。。。
どこでも寝られるツレが
羨ましいですわ。。。

で、今日はベッドで
さんざウダウダした後
昨日美味しかった水出しコーヒーを
テイクアウトで。

旨し

アウト前に一度
天神まで出掛けようかと
思ってたんですが
朝から暑くて断念。。。
今日はキタノハテ仕様の服なんで
空港行くまで暑いだろなぁ。
ウンザリ


じゃ、シャワー浴びて
帰り仕度にかかりますわ。




休養終了!

快晴の5日目

前略。

博多なう。

朝からいいお天気です。

宿は博多座近くの中州近く。
博多座へは何度か来ていますが
宿は大抵天神に取るので
周辺調査に余念がございません。
7月レミゼでまた来るしね~。

ホテル極近に
水出しコーヒー専門カフェあり。
ンまかったです

ひと休みしたら
夕方からまたお出かけ。
実は今日はツレ、
知人との飲み会があり
他所へ移動するため別泊~
ゆっくり買い物して回ったあと
部屋でまったりしようっと




すっかり夏だなぁ…。

2015.05九州~大分の宿その3

…で。

ブラッサム大分のスパなんですけどね。
あ、写真は1枚もありませぬ。
どのみち場所柄撮影禁止。悪しからず。

CITY SPA てんくう』という
別会社…と言っても同じJR系列ですが…のSPAが
宿泊フロアの上、19~21階の3フロアに分かれて
入ってます。

19階・・・受付、ヒーリングスパ、ボディケア・トリートメント
20階・・・内湯、サウナ、カフェバー
21階・・・屋上露天温泉

日帰り入浴可。¥1,500。
ホテル宿泊の場合
パックに料金が含まれていれば
実質¥0で利用できますけど
19階のヒーリングスパは
¥400の別料金が必要。

日帰り入浴客とホテル宿泊客とでは
そもそもスパへ行くEVが別になっているため
部屋着で行ったらEV内で鉢合わせ、ってこともナシ。

でね。

このスパ、とにかく全てのシステムが分かりにくい!
一度利用すれば把握できるし
把握してしまえば
とてもいいスパなんですけども。
なんですけども!
初回利用に至っては

ブチ切れ寸前の分かりにくさ。

たかがスパ、
何がそんなに分からないんだ?と言う声が
聞こえてきそうですけども
全て全く分からないんですよ。ええ。

3フロアに分かれてて
しかも各フロアの用途が全く違うのが
大きな原因。

移動は中から?外から?
どこからどこまでまっぱOK?
どこからどこまで男女共有スペース?
どこからどこまでが有料無料?
タオルは部屋のやつ?受付で渡されたやつ?
私物はどこまで持ち歩ける?

まるで分からない!
受付で一応簡単な説明はあるんですが
ワタシからすると
『分かっている人の説明』でしかないし
スタイリッシュな館内に
その類の説明はほとんどナシ!
とりあえずロッカーへ私物を入れ
脱衣所でまっぱになったまではいいものの
さて、お風呂!と向かってみれば
室内風呂入り口手前には
階段と『湯あみ着』なるものが…。

?????

タオル一枚で掃除スタッフ捕まえて
質問攻めにしました。ええ。
ワタシだけじゃなく
挙動不審にキョロキョロしてる人は
屋内風呂、露天風呂、ヒーリングスパ、
どこに行っても必ずいましたねー。

施設自体は大変良かったです。
特にヒーリングスパ!
せっかくだから、と追加料金払って
入ってみたんですが
岩盤浴といい、岩塩浴といい、
ツレと
(受付で渡される岩盤浴用ウェア着用の上男女混浴)
「あ~気持ちいいねぇぇぇ」と堪能。
館内の自販はロッカーキーにもなってる
ブレスレットで購入できるし
岩盤浴フロアには購入した飲料専用の
無料冷蔵庫
(名前が書けるようマジック置いてあった)
も完備。
施設が新しいのもあり、居心地はサイコーでした。

もう少し分かりやすければ
もっと楽しめたなぁ。。。

受付で
「露天風呂ご利用の際は湯あみ着を着用してください」
と言われたんですよ。
確かに、階段の入り口にはそれらしきものが。

しかし。

広げてみれば長ひょろくて
スナップが数か所ついた水着の生地の薄いやつ。

?????

…どうやって「着る」の?これ?

キョロキョロしたけどどこにも
それらしき説明はない。。。
仕方なく体に巻き、スナップを数か所留めて
展望露天風呂へ。
少しぬるめの炭酸風呂と
茶褐色の温泉の2種類がありました。

場所が駅前なので
「いい景色ー」とは行かないんですが
見晴らしはバツグン♪
ホテルより高い建物、近くになかったし(笑)

湯あみ着の正しい着方は
結局分からずじまい(笑)
皆さん、カラダにま巻いてたから
あれでよかったのかな?

着用したままお湯に入るんですが
水着状の布を巻いた状態なので
お湯に入ると
裾からまくれ上がってきて
あんま着てる意味ないという(笑)

受付では湯あみ着着用理由を
「寒いですからご着用したまま…」
と説明されたんですが…
エクスキューズだったんじゃないかなぁ。
いくらホテルより高い建物が周りにない、
とは言っても、そこは駅前。ビルはある。
見る気になればいくらでも覗ける(笑)
なので有事の際
「(施設側としては)湯あみ着着用推奨してました」
っていう…違うかな。

まぁ湯あみ着が分からなかったらしい
おばちゃん達は
まっぱで上がって来て
隠さないまま風呂のヘリに腰掛けて
半身浴なんかしてましたからね(笑)

分かりにくかったのと
もう1つ残念だったのは「臭い」。
駅前の「アミュプラザ」という
複合ビルが隣にあるんですが(くっついてる)
露天風呂に浸かってのんびりしてると
どうやらそこのテナントらしい店から
キャラメルポップコーンのかほりが。。。
合いませんねーお風呂にキャラメルポップコーン(笑)
朝風呂で匂って来た時は、速攻出ましたわ。

非常に分かりにくくて
イラッとしたスパでしたけど
分かってしまえば非常に快適。
ただ、経年劣化&メンテナンスで
どこまであの快適さが維持できるのか?と。
『新しい』事に助けられてる部分が
たくさんあったホテルでした。

2015.05九州~大分の宿その2

予約時にメールで
『EVホールから遠くても構わないから
パックの可能な範囲でできるだけ静かな部屋』
をリクエストしてたんですよ。
ていうか今回に限らず
ウチが宿を取る際このリクエストは必須事項。
毎度恒例”マストリクエスト”。
まぁあくまで”リクエスト”ですから
希望が通らない事前提なんですけど
大抵フロントでそれに触れてくれて
「ご希望ほどではないかもしれませんが…」
って前置きしつつ
どこも可能な範囲で対応してくれるんですよね。

今回案内されたお部屋。
1815,1816号室。
隣同志の見事にEVホール真ん前。

…あくまでリクエストだし
最初からダメだったかもしれないし
あのフロントの慌てっぷりじゃー
そこまで気ぃ回らなかったのかもしれないし。

にしたって真正面て


(※以下、写真は全てクリックで大きくなります)

お部屋全体像はこんなカンジ↓
(ホテルHPより)
blossom_room0.jpg
デラックスダブルのようでした。
てことは予約時はスタンダードダブルなんだろな。
違いは広さのみっぽいです。

入ってすぐ左手にクローゼット↓
blossom_room4.jpg
最近このテのOPENタイプ多いよねー。
中の空気がこもらない感じがして
好きだけども。
(家でも不在時は扉開けっぱなし)

右手に姿見。
その向かいにバス&トイレ↓
blossom_room6.jpg
新しい分キレイだったけど
ま、普通のビジホ並み。

お部屋は・・・↓
blossom_room1.jpg

blossom_room2.jpg
木をメインに使ったお部屋。
大分の大川町ってとこが
木工家具で有名なんで、それにちなんだようです。
お部屋だけじゃなくスパもいい木の香りがしました。

別の香りもしたんですが…それは後ほど(笑)

MADE IN JAPANがコンセプトらしく
タオルは今治。
さすがの吸水性でしたわ。
(今治タオル好き~♪)

ベッド↓
blossom_room3.jpg
ダブルなので部屋着やらも2つ。
てか…このベッドに2人で寝るとか
ワタシ的にはあり得ねぇ。。。
相手が寝返り打つたびに起きちゃって
落ち着かないことこの上ナシだっちゅーの。

テレビ↓
blossom_room5.jpg

そして↓
blossom_room8.jpg
館内着とハンドタオルと
それらを入れていくバッグ。
スパへはこの館内着とスリッパで
行くことが可能。

あとチケット↓
blossom_room9.jpg
スパへ入るには
チェックインの際フロントで渡される
この券が必要です。
今回利用したパックは入浴料金込みなので
滞在中は何度入っても基本無料。
但し、スパ内の『リラグゼーションフロア』は別料金。
まぁこれも後ほど。
すごく良かったんですけどね、スパ。
めっちゃ分かりづらいのよ。。。

『その3』へ




スタイリッシュ優先で不親切極まりなし!

2015.05九州~大分の宿その1

大分のホテルはツレの希望で
JR九州ホテルブラッサム大分
今年の4月末にopenしたばかりの新しいホテル。
JR系なので当然、駅直結です。

新しい&駅直結って
これだけでも集客ポイントなのに
ここは加えてスパ併設。
いきなり決めた旅行だったのも手伝って
まー見事な取れなさっぷり(笑)
一時は他のホテル押さえたんですが
「どうしても泊まりたい!」という
ツレの執念が実を結び
直営JRの旅行会社から
ダブルのシングルユースで
なんとか2部屋GETしました。

しーかーしー。

そこの旅行会社…ぶっちゃけJR九州旅行なんですが(笑)
予約した内容を見るページがどうしても見つからない!
普通、ネットでホテル予約したら
マイページ的なところから
予約内容確認できるでしょ?
あれがいーくーらー探してもないんですわ。
同登録内容で予約した新幹線は見れるのに。

ダブルですから普通は
”夫婦で一部屋”なんですよね。
¥かさむのにシングルユースで
わざわざ2部屋取るっていうのは
珍しくはないだろうけど、あまり一般的ではナイわけで。
なのでそこら辺をきちんと確認しておきたいのに
どこ探してもできない。
『予約確認メール』は来たけど
それにも日時と予約したプラン名、
合計金額だけだったし。

なんか嫌だなぁと思ったワタシ、
ちょうどホテルに先行で荷物を送りたかったのもあり
電話でその問い合わせがてら確認。

「ハイ。2部屋承っております~♪」

というのを聞いて”一応”安心。
…口約束は物証ないからさ。


で。


当日行きまして。
フロントでチェックインしまして。
研修中のお姉ちゃんだったので
時間かかりましたが
隣に社員らしき方が付いて
付きっきりで指導していたので
まぁヨシとしまして。
新規OPENだから大変なんだろうなーと
ちょっと気遣ったりもしたりして。
しかし。


案の定。



差し出されたキーカードは1枚。
挙句「1室お一人様のご宿泊で承っておりますが…」
嗚呼、やっぱり
出発前の一連の確認事項を
知っているツレも隣で「ああ。。。」というオーラ放出(笑)

言いましたよ。
で、メールも見せましたよ。
だけどどこにも確認できるとこないですよ。
まぁ合計¥がね、ダブル一部屋にしては
高すぎる¥だったんですけど
ホテルサイドは
旅行会社から届く情報のみしか
把握してないとかで埒あかず。

しかし『新規OPEN直後』で『最初が大事』と
ビビッてるのがアリアリの社員の方が
明らかに一部屋にしては高い合計金額を
疑問に思ってくれて

「すぐお調べします!!申し訳ありません!!」

ということに。
結局、予約はちゃんと2部屋で入ってたので
ホテルサイドの確認不足、ってことになるのかな?


「お部屋がないかもというご心配をさせて
誠に申し訳ございません!」


と土下座せんばかりの勢いで謝られ
自信あったからあんま心配してなかったワタシは
その勢いに憐れみすら覚えましたわ。。。

「お詫びに」ということで
お部屋はグレードUP。
まぁビギナーズUPもあるから
もしかしたらそれをこっちにすげ替えただけかも、って
性格悪いな自分(笑)








長くなったので分けます。
お部屋の紹介は『その2』へ

雨混じりの3日目

ども。

え~かごんまを離れまして
博多で特急に乗り換え
やってきたのは

滑って転んで大分県。

…なう。

今夜の宿は
どうしてもツインが取れずダブル。
の、シングルユース×2部屋。
おかげでゆっくりできる上に
ホテル側の不手際のお詫びで
スタンダードからデラックスに
グレードアップサービス!

…あ、別に要求も脅しも
しておりませんので。念の為(笑)

そこら辺含む旅の詳細は
帰ってからゆっくり上げますけど
部屋は広いわベッドはデカいわで
とりあえずなんだか
落ち着かないのが今(笑)

キーボード触らないと
腱鞘炎が嘘みたいに痛くない
でもマッサージの揉み返しで
節々は痛い…
そんな休養3日目でございます。

ひたすら『休』三昧なう

朝から快晴!

かごんまなう。
さすが、暑いです。
キタノハテ人からしたら
十分夏だぜぇ。

いつもの旅と違って
かなりのんびりしています。
まぁテーマが『休養』なので
当然なんですけど(笑)
ホテルのスパメニューを
二人して受けまくりーの、
温泉入りまくりーの、
だらだらしまくりーの、
夜は呑みまくりーの、で
これをのんびりと言わず何と言う!
のありがた過ぎる日々。
なので

なんか温泉入り過ぎて
疲れ気味な気がする


…なんてことは気のせいです。




これからお昼寝→温泉→マッサージ。。。

出発!

ぼちぼち出まっさー。

パンパンだぜぇ



NEW!