真夏の福岡2泊3日

※写真は全てクリックで大きくなります。


2015.7.18
新千歳11:20-福岡13:40JAL3510で福岡入り。

ランチに狙ってた店のオーダーストップが
もともと時間ギリギリだったところに
機材トラブルでちょい遅れ。
さらに遅れてきやがった客が油を注いだ結果(バカヤロー!)
離陸が大幅に遅れ
福岡空港に降り立った時点で微妙な時間。
ダメ元で、と地下鉄ではなくタクシーで天神へ。
が、案の定タッチの差で間に合わず。

みんな!定時離陸に協力しよう!
航空会社も遅れた客なんざ捨てといていいから!
ワタシが許す!(何様だ…)

で、まぁガッカリしたものの
もともとがギリギリだったので一応想定内。
いつもなら他候補店をいくつか
ガッツリめに用意するんだけど
場所が場所だし
なけりゃーとんこつラーメンあるしってんで
今回はリサーチゼロ。

しかし、何やらアテのあるらしいツレ。
記憶を辿りながら歩いてる様子で
やってきたのは博多バスターミナル。

ふきや
20150718_1_fukiya.jpg
ターミナルビルの8階、
レストランフロアにあるお好み焼きの店です。

うーんとね。

暑いし、ラーメン食べるとさらに暑くなるし
あちこち行くの面倒だしで
まぁワタシはどこでも良かったんですけども
ぶっちゃけ「え?ここ??」って(笑)
駅ビルの中にある、汚くもないけどキレイでもない
ふっっつーーーーーーーーーの、お好み焼き屋。
ツレに「ここでいい?」って聞かれて
なんでここなんだろ、と思いつつ
お好み焼なら外れも少ないだろうし…と
軽い気持ちで入ったワタクシ。

全力で申し訳ありませんでした。

時刻は14:30。
昼時をかなり過ぎた時間、にも関わらず
ウチらで満席。
その後も客が帰ればすぐ次が来て
カウンターもテーブルも常にいっぱい。

いわゆる隠れたB級グルメで
地元っ子に人気の店だそうです。
表blogの最初のasahiの生の写真がそれ(笑)
お好み焼きは撮り忘れたんですが
甘めのソースと
ちょっと変わった感触のマヨが
非常に美味しゅうございました。

で、なんでツレがそんなコアな店を
知っていたのか?


ツレ「随分前に誰かに教えてもらったんだよなぁ…」


誰に、いつ頃聞いたのかは全く記憶にないらしい。
スバラシイ記憶力。。。
ターミナルビルとはいえ
店はかなり奥まった場所だったから
通りすがりに入れるところじゃない。
狙って行かないと普通は難しいと思うぞ。。。

博多駅前のハイボールガーデンを
指くわえながら横目で見つつ
ホテルチェックイン。
今回の御宿は
20150718_2_blossamhakata.jpg
JR九州ホテル ブラッサム博多中央
5月に大分でも宿泊した
JR九州が展開中のホテルの1つです。
福岡は博多駅を挟んで
筑紫口『ブラッサム福岡』と
博多口の『ブラッサム博多中央』の2ホテルがあり
宿泊したのは博多口の方。
いつもは繁華街に近い天神泊が多いんですけど
今回は劇場の場所やその他のアクセスで
こちらの方が便利だったんで。

相変わらずロビーでは
スーツケース大OPENしつつ
ケンカ越し口調のかの国の方が
大勢いらっしゃいましたけど
今回はリクエストが通って
EVから遠くて静かなお部屋。
新しいホテルだから駅から近かったし。

ただねー。

部屋の向きと季節にもよるんでしょうけど
角部屋のそれはモロに昼間の日差しIN。
真夏の九州、日中ぶ厚いカーテンを開けるのは
到底無理でした…
カーテン自体、めっちゃ熱くなってて
開けたらエアコンなんざ焼け石に水だろうな、の
日差しの入りっぷり。
結構高層階で見晴らし良かったのに
カーテンの隙間から外を覗くのが精いっぱい。
ちょい残念(笑)

一休みして、キャナルシティ劇場へ。
『五右衛門vs轟天』のソワレ観劇後
タクシーで向かったこの日の夕食は
20150718_nakamuta.jpg
なかむた
和の会席でございます。
カウンター6席(くらい)とテーブル1つ、
奥に半個室状のテーブル1つ。

どちらかというと日本酒メインで
会席=1品は少量ずつ。
基本、呑む!食べる!のくじら家には
到底物足りない量なんですけど
この日はこの後、隠れ家BARで焼酎を堪能する
予定になっていたので
焼酎をしっかり楽しめるようにと
満腹にならないように、酔わないように、
ツレとお互いけん制し合い、
見事腹6分でSTOP!ヨクデキマシタ!

SAVEがかなり苦しいほど
お料理もお酒も上質&見事なお店でした。
¥もそれなりにいいので
大人が時間を気にせず、静かに呑むには
サイコーの店だと思います。


そーしーて。


20150718_sun.jpg
この日の〆。
色々呑ませていただいて
色々お話聞かせていただいて。
楽しゅうございました。

翌日。
2015.7.19

のんびり起床。
買っておいたケーニヒスのフルーツシフォンケーキで
ブランチを済ませ
駅前を回ってちょっとお買い物。
昼間は暑すぎるので
(ワタシの体力消耗がハンパない…)
部屋でゆっくり昼寝なんぞして
夕方、博多座へ。
『レ・ミゼラブル』のソワレ観劇後
向かったこの日の夕食は
20150719_hatibei.jpg
焼とりの八兵衛』天神店
非常に予約が取りにくい、
かつ、予約してもなお待たされる店(笑)
ウチは予定が決まった一ヶ月前、
しかも観劇後だったので
ピークの外れた結構遅い時間に
予約入れたんですが
前のお客さんでその時間までの人がいるから
片付け等で15~20分後でよければ予約お受けします、
みたいな(笑)

で、結局20分待たされる的な。

待ちましたよ、ええ。
焼鳥食べたかったし。
時間遅いから他探す方が時間かかるし。
ウチだけじゃなく、他のお客さんも同様で
遅い時間だというのに店の前には人だかりが。

いいお店でしたね。
スタッフはみんな若くて
いい意味で活気があったし
厨房のスタッフ(男の子)も
フロアスタッフ(女の子)も
非常に対応がよろしくて
いい気分で飲み食いできました。
串もかなりこだわりの部位があったりして
予約の取りにくさを除けば当たり!

観劇後に行ったため
入った時間が遅く、
一通り食べ終わり呑みモードになる頃には
続々メニュー山。
ウチはカウンター席に座ってたんですが
新規入店客もまばらになってくると
さっきまで忙しくそれぞれの持ち場にいた
スタッフ同志が
雑談したり、先輩が新人になにやら教えていたりと
余裕のある雰囲気に。

この店の責任者とおぼしき男の子
(間違いなくひと回りは年下)は
イマドキの若い女の子が好きそうな
クール系のイケメン。
フロアスタッフの女の子の中に1人
オーダーを厨房にいうたびイジられてた、
これまた可愛い子と
なにやら穏やかな笑顔を交わしつつ
話しこんでいるのを肴に
ニヤニヤしながら
博多の夜は更けてゆきました(笑)

この『八兵衛』、本店は前原。
そっち行ってみたいなぁ~と
ツレが呟いておりましたけど
まぁそのうち行くことになるんだろうな(笑)


翌日。
2015.7.20
福岡14:30-新千歳16:50JAL3515で帰札。

大変充実した観劇の旅でした。




次回は11月…かな。
スポンサーサイト



NEW!