ニオイdeご遠慮事件

最終日。神戸泊後。

帰りは伊丹便。
いつも神戸→伊丹の時は
三宮から空港バス利用のくじら家。
高速通って40分くらいなんですが
ここに実は毎度恒例の
密かなお楽しみがございます♪

神戸の豚まんでくじら家イチオシと言えば
一貫楼』。
以前はなかった店舗が
このバス乗り場のすぐ近くにできてからというもの
できたて熱々の豚まんと
近くのファミマで買ったアルコールで
バス車中ランチ!これが旨い!!ホント旨い!!

この日も当然、
バス時刻から逆算して
(熱々の豚まんを食べるため)
肉まんとピリ辛まんを買い
ワタシがバス乗り場の列に並んでいる間に
ツレはいつものファミマで酒調達。
準備万端ぬかりなし。

やって来たバスへ乗り込み
鞄を上に上げたり、上着を脱いだり。
おし!準備万端!体勢整った!
まずはハイボールでカンパ~イ♪

ほどなくバス出発。
じゃ~豚まん食べますか~冷めないうちに~♪


しかし。


何気にバス前部のモニタを見て愕然。
(※クリックで大きくなります)
20151110butuaman_1.jpg

なんですとー!!!!

においの強いものNGって…
もう持ちこんじゃったし!こんなん知らないし!
ていうか食べられないの?!
せっかく熱々買ったのに!


ツレ「豚まん…絶対ダメだろ」

ダメだよ…


知らずに持ち込んでしまったものは
もう仕方がないので
せめて袋の口をしっかり結んで網棚へ。
既に開けてしまったハイボールは…
空酒か

まぁねぇ。
ワタシも匂いの好き嫌い多い方だし
割と鼻神経質な方だから
嫌いな人が密室(車中)であの匂いしたら
たまらんよなーとは思うんですけどねー。
でも…
もうあの楽しみはないのね。。。

でね、このモニタ、
『飲食』って書いてあるじゃないですか。
そのせいかどうか知りませんけど
前はあったドリンクホルダー、
無くなってました。
ペットボトルならホルダー不要=ノンアルコールのみ
ってことなのかなぁ。。。
寂しい。




豚まんは空港で食べたよ。
20151110butuaman_2.jpg
相変わらず美味しかったけど…冷めてた(涙)
スポンサーサイト

ということでいきなり番外編。
本編UPゼロのクセに

あっちは写真だの動画だのリンクだのと
時間がかかる上に
ワタクシ今そっちもこっちもで手いっぱいなう。
取りかかりたくても取りかかれない。
で、本筋に入れると長くなりそうなヨタ話だけ
先行してupさせていただきます。


入れ子de高額事件

国内と言えど7泊8日の旅行ともなると
荷物もハンパない量。
大きなスーツケースに入れてしまえば
1つで済むけど
飛行機の手荷物受け取りに
時間を食うのが嫌いなくじら家は今回、
それぞれ2泊分だけを手持ちのバッグに入れ
後は全てスーツケースで3泊目のホテルへ
お先にGO
3泊目以降はバッグとスーツケースの
着替えを入れ替えて行き
最終日に着終わった服を全て
スーツケースで家に送付、
送ると間に合わないモノ(職場へのお土産等)のみ
手持ちで持ち帰る、という手段を取りました。

5日目。
この旅行の中では比較的短い移動の日でしたが
向こうで予定があり昼には着きたかったため
早めに今治のホテルをチェックアウト後
即高速on、一路高知へ。

途中のSAの売店で昼食を買って
車で食べている最中、携帯に着信。
ディスプレイには普段使わない局番がズラリ…
でもなんか見覚えあるような気が…?
とりあえず両手がふさがっていたので
後からにしようと無視し(おい)
食べ終わってから改めて見る。
お、留守電入ってる?


『今治国際ホテルでございます。
お部屋に小さな鍵のお忘れ物がございました。』


小さな鍵?小さな…あ!
スーツケースの鍵?!


この時点で高速に乗ってから既に一時間強経過。
目的地高知への半分程移動済み。
今から取りに戻ると予定に間に合わない。
しかし鍵がないとスーツケースが開けられない
イコール着替えができない。
困るどころの騒ぎじゃない。

と。


ツレ「落ちつけ。次のPAで俺の鍵確認するから」


…そうだった!!!

最近歳のせいかお互いうっかりの多いくじら家。
『二人で一人前』が合い言葉。
二人一緒に出かける時も
『もし相手が(鍵)落としたら家に入れなくなるから』と
必ず自分の鍵を持って出るようにしているほど。
なもんでスーツケースの鍵も
お互いに持って出たんだった!

次のPAで確認。やっぱツレ持ってた!
ホント良かったぁ~

その場で宿に電話。


お手数かけて申し訳ないんですが
自宅に送ってもらえますでしょうか。
あ、もちろん着払いで構いませんので。

『かしこまりました。では送らせていただきます~』


一件落着。ホッ。
心おきなく残りの旅程を楽しむことができました。


で。


4日後帰宅すると郵便受けには
黄色い不在通知が3通。
○日以降に着くように送ってくれって
伝えるの忘れてた…
そりゃホテルはすぐ送るわな。

着払いだから宅配ボックスも使えないし
の兄ちゃんに悪いことした~とか思いながら
不在通知に書かれた着払いの金額を見て


!!!!!


…昨夜、スーツケース(衣類)&ダンボール(お土産)と
一緒に届いたその着払いの小さな鍵は


STEP1
20151112wasure_1.jpg

開けると

STEP2
20151112wasure_2.jpg

更に開けると

STEP3
20151112wasure_3.jpg

そしてようやく

再会。
20151112wasure_4.jpg

要するに
20151112wasure_5.jpg

まず普通の封筒に鍵だけを入れて
それを手紙と一緒に長封筒に入れ
さらにその長封筒をA4サイズの封筒に入れ
の着払いで荷物として送付。
親亀の上に子亀を乗せて子亀の上に孫亀乗せて…。

その結果、料金は
20151112wasure_6.jpg

せんななひゃくにじゅうはちえん。


キーホルダーがあるとはいえ
小指の先ほどの小さな鍵。
封筒に入れて普通郵便でも十分送れるサイズ=82円。
郵便がダメならメール便とかレターパックとか
着払いならゆうメールもポスパケットもあるじゃないか。
ゆうメールはポストでもいけるじゃないか。
どうしてもじゃないといけなかったのか?

いや、分かってますよ。
忘れたワタシが悪いんです。
ホテルが着払いで送ってくれたのは好意、
恐らく「鍵」故にセキュリティとか考えて
で送ってくれたんでしょう。
分かってます、ええ。でもね。

今度からスーツケースの鍵は
お守りとか財布とかと一緒にしておきます。

大変勉強になりました。

(※写真は全てクリックで大きくなります)


二日目、松江での御宿はこちら↓
20151104_minami1.jpg
玉造温泉 佳翠苑皆美
本館含め5つの館で構成されている
総部屋数約120室の大旅館です。

どーにも決定的な決め手を欠き
最後の最後まで宿を決めあぐねたのがココ。
いっそ宿泊地を変えようかとも思ったんですが
この旅行でどうしても行きたい所がすぐ近くだったし
前後の日程や移動距離を考えると
玉造温泉がベストだったんですよねー。

『皆美』はもう1つ別に『皆美館』というのがあり
そっちは部屋数10ちょいの高級割烹旅館。
10年以上前にそちらへ泊まったことがあるんですけど
料理絶品びっくり!しかし建物古くてびっくり!(爆)
今回HP見たら改築されてすっかりキレイになってて
あー泊まりたいなぁと思っても
空きがなかったよ。。。残念。

2人とも大きい宿は好きじゃないんで
滅多に選ばないんですけど
ま、たまにはいいか、ということで今回はこちらに。

駐車場に入ると
ちょうどチェックインラッシュ時らしく
自家用車・レンタカー・大型バス(!)が
だだっ広い駐車場のあちこちに。
しかしさすが大型旅館。
たくさんのスタッフがキビキビテキパキと動き回り
荷物の運びだしも車の移動もお任せ。

チェックインは趣のあるロビーラウンジで。
20151104_minami2.jpg
さすが老舗の品格。。。

ここは庭園が有名で賞も取ってるとかで
ガラス張りになったロビーからも
庭園を眺められるようになっている、らしい…あれ。

見てない。
ていうか、庭…あったねそういや(笑)

まぁ倉敷の美観地区内の宿に泊まっておきながら
目の前にあった大原美術館を無視。
大山名人記念館へ行った夫婦ですから。

・猫に小判
・豚に真珠
・くじら家に庭園と美術館


同義語です。


それはさておき。


お茶とお茶菓子をいただきながらチェックイン。
20151104_minami3.jpg
リンゴのジュレと何やら健康茶?
20151104_minami4.jpg
この”クロモジ”という木、
なんと!枝や根は薬用として用いられており
あの!養命酒にも使われているそうな!
へー。ほー。

そんな体にいいお茶をいただきながら
夕食の時間(部屋食だった)やモロモロの手続きをした後
担当の仲居さんに館内の説明をされつつお部屋へご案内~。

宿の全体図↓
20151104_minami18.jpg
(HPに掲載されていたものをお借りしました)

この絵の下部分の広いところが駐車場。
ラウンジや庭園、お風呂、売店等、
宿泊棟に関係のない共通の利用施設は
ほとんどが東の館『瑞光』に集まっていますが
まぁとにかくデカい。
そして移動がめんどくさい。

館が5つもあるでしょ?
1階はいいんですよ、全部通り抜けられるから。
問題は2階より上。
EVがあちこちにあるんですけど
1つ乗るのを間違えると
絶対に自分の館へ帰れない。
建物同士が1階でしかつながっていないため
自分の館から別の館へ行こうとすると
必ず一度1階まで下りて乗換なければならない、という。
館間の連絡通路的なものがないんですねー。

大浴場はロビーと同じ東の館『瑞光』にあったので
まだラクだったんですけど
宍道湖が見渡せるらしい展望露天風呂は
『瑞光』のさらに奥の西の館『飛天』の上。
ウチが泊まったのは喜多の館『吉祥』だったんですが
そこから展望露天風呂へ行こうとすると
まず1階まで降りて、『瑞光』の1階を横切り
奥の『飛天』のEVに乗り換えて最上階まで…という。

ええ、『宍道湖が見渡せる”らしい”』と書きましたが
ワタシ、行きませんでした、展望露天風呂。
ツレは着いてすぐと夜中だったか明け方だったかの
2回行ってましたけど
「めんどくさいからいーわ」って(笑)

夜は何も見えなかったらしいですが
朝は宍道湖が見えた、らしいです。ハイ。


で、お部屋。
喜多の館6階『吉祥』。
20151104_minami5.jpg
広めの、一般的な和風旅館のお部屋でした。

お部屋の隣に水回りが集められていて
ドア開けて左手にトイレ。
正面が洗面所。
20151104_minami6.jpg
そしてその奥、窓側にあるのが
20151104_minami8.jpg
部屋専用の温泉。
源泉かけ流しです。
この部屋を選んだ理由はこれ。
そしてめんどくさい展望露天風呂に行かなかったのも
部屋に温泉があったから。

…まぁこれはこれで色々面倒だったんですけどね。
そこら辺は後程。

湯船はありますが洗い場としては特になにもなく、
脇に
20151104_minami7.jpg
シャワーブース。
浴槽の奥には小さいながらベランダもあり
開け放せば露天風呂気分も味わえそうでしたけど
既に日が落ちていたので虫が入ってきそうでパス。
光で窓に集まる虫すら嫌で
スクリーン降ろしっぱなしでした。

で、ですね。

仲居さんに案内されて部屋に入ったワケです。
ホテルならここで荷物をおろし
「何かご質問は…」的簡単なやりとりがあった後
ではごゆっくり、となるんですけども
ようやく部屋に入り、あー着いたね~と
上着脱いだり、窓の外見たりして気付けば
案内してくれた仲居さんが入口そばで正座をして
なにやら待っている風。

座って。そしてワタシにマニュアル通り挨拶させて。
というオーラを感じとり
なんとなく座る私達。。。
これね~、旅館泊まると結構あるんだけど
この時間が実は苦手でね~。
もっと言うならチェックイン時のお茶菓子うんぬんも
いらないからとっとと部屋へ案内してくれ派。
時間がもったいない、早くお風呂入ったりのんびりしたい。
まぁそういう時間も含めて『ゆったり』してもらうのが
宿側のサービス狙いなんだろうけども、どーも…
せっかち故、性に合わないんですよねー。
あんま案内に時間取る時なんか
「荷物自分で運ぶから鍵ください」って
とっとと部屋に行っちゃう自分勝手客だしさ(笑)

しかしこの時は大人しく着席。
というのもこの仲居さん、名札に若葉マークが。
見た目若くておぼこいなーとは思ってたけど
案の定、新人さんでした。
あまりイレギュラーなマネするのも可哀想だし、っと
向こうのするまま、挨拶や説明を受けることに。


「金庫はあちら一番奥の扉の中にございます」
20151104_minami9.jpg

ところが
20151104_minami10.jpg

正解は
20151104_minami11.jpg

隣の隣。

さらに
「浴衣はあちらの扉の中にございます」
20151104_minami12.jpg

どっこい中には
20151104_minami13.jpg

正解は
20151104_minami14.jpg
洗面所隣。。。

いやもちろん仲居さんが退出してから
「あれ?違うぞ?」となり
自分達であちこち開けて探したんですが…
大丈夫か?ちゃん。。。

仲居ちゃん、無事(?)マニュアル終了。退出。
お疲れちゃん。


さ~お風呂入ろうか~!となったんですが


ツレ「大浴場行ってこようかな~それとも部屋にしようかな…」


ちょうど食事前にお風呂入る人で
混みそうな時間。悩むツレ。
ワタシは翌朝まで下行く気なかったんで
とりあえず様子見に行って
空いてたら入ってきたら?
その間に部屋のお風呂溜めておくから、と送り出し
お部屋で源泉かけ流し~♪とお風呂場へ。

部屋に置いてあった説明書きには
20151104_minami15.jpg

63度強調。

それ故、お風呂場には
20151104_minami16.jpg
温度計完備でした。

で、まぁ溜め始めたんですが…
これがまた一苦労!
写真では伝わりにくいでしょうけど
浴槽がデカい&深いんですよ。
お湯がなかなか溜まらない。
最初はある程度まで源泉のみ入れて
いいところになったら水で調節と思ったんだけど
思ったより熱いし、なかなか溜まらないしで
せっかちくじらさん結局
20151104_minami17.jpg
右、源泉。左、水。で、ジャボーッッッ。

「思ったよりお風呂空いてた~♪」と
大浴場でチャッポンしたツレが
部屋に戻った10分後には、まだ3分の1強。。。
せっかく部屋で源泉かけ流しだから
狭い浴槽には入りたくないけど
大きけりゃ大きいで大変ですわ(笑)

お風呂場にはボイラーの操作盤らしきものも
あったけど
『現在使われておりません』のテプラが。
最初は使ってたけど使えなくなっちゃったんでしょうね。
源泉6階まで上げるのも設備的に大変そうだしなぁ。。。

ようやく溜まった源泉、さすがに温まる!
持ち込んだチューハイでまったりしようとしたけど
大して入ってないのに汗がどんどん出てきて
GIVE UP。
クールダウンがてらシャワーで髪洗うか~っと移動。

・・・・・・。

出しっぱなしにしてお湯になるまで数分。
湯温調節ダイヤルが反映されるまでに数分。
ものすごく水圧弱い。

そして時々水になる。

…やっぱ、洗うのは大浴場だな。。。

2015.11四国だぜ!~初日宿

(※写真は全てクリックで大きくなります)


初日、京都での御宿はこちら↓
20151103_bach1.jpg
ホテルグランバッハ京都

建物自体は屋根付き歩道のあるメインストリート、
四条通に面していますが
入り口は1本入った麩屋町通側。
パチンコ屋とマツキヨの間から入って2~3軒目で
よそ見してると見落としそうな
テーラーと鍼灸院の間の細い通り↓が
20151103_bach2.jpg
それです。

ホテル名を聞いた時
(ツレが決めてきた)
音楽の方のバッハ?とそりゃあ気づいたけど
なんでバッハ?ぐらいで深く考えなかったワタシ。
入ってみたらバッハ&音楽にちなんだモチーフ満載。
上写真↑のエントランスの石畳も恐らく
ピアノの鍵盤がモチーフじゃないのかな。
バッハは鍵盤楽曲で有名ですしね。

恥ずかしながらワタクシ
かつては音楽を学んでいた身。
なので…

いちいち音楽モチーフなのがウザい。

いやーもうさ!
いきなり石畳からちょっと嫌な予感したんだけどさ!
フロント行くのにEV乗ったら
EV内に掲示されている館内案内のプレートが
20151103_bach3.jpg
こんな縁取りだったり

廊下を歩けば絨毯が
20151103_bach4.jpg
こんな柄だったり
(たぶん五線&音符モチーフ)

ドアに付いてるルームNo.は
20151103_bach5.jpg
四分休符だったり。
てかなんで四分休符?
ラブホじゃなくてビジホで
休憩じゃなく泊まりなんだから
四分休符(一拍休)じゃなくて
全休符(全拍休)の方がいいんじゃね?
絵にならんだろうけどさ(笑)
(全休符→

もちろん館内のBGMはもれなくバッハ。
カンベンしてください。。。

幸い、部屋の中にはそのテのモノ一切なし。
助かった
20151103_bach6.jpg
スタンダードツインなんですけど
新しい分明るくてキレイ。
まぁでも狭いというかコンパクトというか。
スーツケースどころか、ボストンバッグを2つ広げる場所も
ベッドの上以外見つかりませんでした(笑)
20151103_bach7.jpg
それ以外は必要なものも一通り揃ってて
一応は過不足ナシ。

水回りは開けた正面に洗面。
20151103_bach8.jpg
(あ、微妙に映り込んでた)

その右側にトイレ。
20151103_bach9.jpg

左側にシャワー。
20151103_bach10.jpg
かなり色々機能のあるボディシャワーで
面白そうだったけど一度も使わず。
というのも・・・
20151103_bach11.jpg
大浴場があるんです、このホテル。
大浴場…いや、小ぶりな銭湯かな(笑)
とにかく宿泊者専用の大きなお風呂があったんで
部屋のシャワーは使わずじまいでした。

大浴場の写真はありませんが
公式HPの画像とほぼ同イメージ。
入り口がナンバーロックされてて
チェックインの際に貰うパスワードで入ります。
ていうかこのホテル、バスタブのある部屋は
一部の和洋室とユニバルームのみで
ほとんどの客室はシャワーonly。
その割には大浴場の洗い場少なかったけどなぁ。

参ったのが風呂にもバッハが流れてたこと。
人のいない時間見計らって入りに行ったら
狙い通りワタシ一人だったのは良かったんだけど
静か過ぎて嫌でもバッハが耳に入る…。
学生ん時のレッスン思い出して
嫌~な気分になりましたわ。
(ピアノのレッスン大嫌いだった)

無料朝食もあったけど行かなかったので内容は不明。
スタッフとはチェックイン・アウト時しか
接しませんでしたが
明るくて普通にキチンとした対応だったし
部屋も「狭い」というよりは
ミニマムorコンパクトと言った表現がピッタリ。
呑んで帰って来て寝るだけなら
十分過ぎる設備でした。

今回予約したプラン特典↓
20151103_bach12.jpg
足シート。
てっきり女性だけかと思ったら
ちゃんと2つくれました。
1つ6枚入り!ありがたく使わせていただきます♪

2015.11四国だぜ!~関西着

なんと予定時刻より
17分も早く関空着。
ラピートで難波まで移動中です。

…日本語以外の言語しか聞こえないぞ

お天気もよく、快適なフライトでした。









…ん?(-。-;

2015.11四国だぜ!~出発!

新千歳空港なう。

旅の醍醐味!
朝からおちゃけ!

ちょっとだけね(^◇^;)


本坊さんの「あらわざ」です。


ちょっとだけちょっとだけ(^◇^;)


ほな、お邪魔します関西四国!



NEW!