我ながらチョロい。

先日。

ツレといつもの焼き鳥屋さんで
ご機嫌に呑み食いしているところへ
ブーン♪ブーン♪

ん?MMS?誰?あーYちゃん?(義妹)
何かあった…え?!


『こんばんわ。姫です。お久しぶりです。』

姫~!(姪っ子)
ちょ!ツレ!姫からメール来た!!

ツレ「え?!なんてなんて?!
   (自分の携帯をチェック)俺には来てない…

ほほほほほ♪


『姫です。お久しぶりです。
 また殿(甥っ子)がやさい残しています。』

あらあら、いきなしチクり?


『年越しはおせちお願いします』
『姫が好きなのは伊達巻です』

・・・・・・。


子供を使うなと言っただろう!


おばちゃんからの返信

『わかりました。
 今年は伊達巻を1本多く焼くからね♪』




おばちゃんチョロ過ぎ。


スポンサーサイト

一等賞になったらね!

そんなワケで。(何がだよ)
日曜日のお祝いの話なんぞ。

市内のホテルで姑の喜寿祝い~♪

「おばあちゃんお誕生日おめでとー!」
flower_20140311134305a40.jpg
喜寿=紫のお花の皿盛り(笑)
見えにくいですがお花の真ん中に
キャンドル入れてケーキ仕様に。

ワタシがいつもお花を頼むのは
元同僚のお友達のお店。
実は義弟夫婦の結婚式のブーケも
ここにお願いしました。
あの2人から子供が2人産まれて
その子達と揃って食事に来れるなんざ・・・。
早いやねぇ~シミジミ

市内中心部にある老舗ホテルの
和食レストランの個室…を
予定してたんですがあいにく予約でいっぱい。
同じフロアにあるメンバーズラウンジ内の個室でも
同じ料理が食べられる、ということで
そちらになりました。

フロアに上がり
ワタシが先に立ってラウンジへ入ると
中は間接照明で薄暗い、オシャレなロビー。
カウンターでは
いかにもデキる女っぽい
コンシェルジュのお姉さんがPCに向かって仕事中。
こちらを見るとスマートな動作で立ち上がり

「いらっしゃいませ」

おお。これこそは大人のラウンジ。
子供達には初の雰囲気のハズ。
さすがに委縮して大人しい…


殿「うわーこの椅子ふっかふかだよ!」
姫「この椅子バラの花の形してる!」

騒がないで!お願いだから!


焦って奥の個室へ子供達を流し込む
大慌ての大人達。。。
やっぱ個室で正解だわ

真っ白いテーブルクロスが敷かれた
大きなテーブル。
オプショナルでお願いしてあった
『ちゃんちゃんこセット』も上座にスタンバイ済み。


姑「え?!これ着るの?!」

着ましょう。(問答無用鬼嫁)


ちなみに。
頭巾、ちゃんちゃんこ、座布団、扇子のセットで
レンタル料8,000円也。
高いっちゃー高いけど
買ったって普段使わないしね(笑)

なんとか纏ってくれたおばあちゃんと記念撮影。
『孫に囲まれて喜寿祝いの図』を作ろうと
姫と殿をおばあちゃんの両側に
座らせようとするも

殿「僕おじちゃんの隣がいい~」

おじちゃん殿の後ろにいるから!

殿「見えない~」

なだめすかしてなんとか並べ
スタッフさんにお願いして記念撮影終了…。


幹事役おばちゃん、既に疲労


そして宴スタート。
まずはドリンクを頼んでカンパーイ♪
ツレはここでも芋焼酎湯割り。
ワタシは生ビール…実は二日酔い抜けきってなくて

コース名『御長寿お祝いプラン』
oshinagaki.jpg
※これは5,500円コース。他2コースあり。

前菜
 干し鰊旨煮 白板昆布巻 木の芽
 鴨のパテ オレンジソース クレソン
 彩り野菜胡麻和え 刻み胡麻
zensai.jpg

御椀
 魚菜玉寄せ 白独活 蕨 結び三つ葉 柚子
wan.jpg

造り
 本日の魚二種(鯛と鮪だった)
 妻一式 土佐醤油 山葵
otsukuri_20140311134231983.jpg

煮物
 桜海老の飛龍頭と野菜炊き合わせ
 葛餡 白煮大根 筍 京蕗 季節の麩 木の芽
nimono.jpg

焼物
 鮎魚女(アイナメ)雲丹田楽焼き
 帆立貝桜焼 昆布艶煮 甘酢卸
yakimono.jpg

強肴(一品チョイス)
 蛸薄造り湯引き サラダ仕立て
 土佐酢とバルサミコ合わせソースにて
 セルフィーユ ラディッシュ

若しくは

 天麩羅盛り合わせ 薬味 天だし 宗谷の塩 

…で、ワタシ天麩羅チョイスだったんですが
うっかり写真撮らずに完食しました(笑)
大きな海老二尾とししとう、サツマイモ、ホタテ。

食事(一品チョイス)
 豆御飯 香の物 味噌椀

若しくは

 胡麻蕎麦 針海苔 洗い葱 山葵

 ワタシチョイス豆御飯~。
syokuji.jpg
 ちなみにワタシ以外は全員胡麻蕎麦…。

水菓子
 本日のデザート(バニラアイスとチョコ リンゴ)
 コーヒーまたは紅茶
dezart.jpg


以上。

あ、子供達は別メニューで『お子様膳』。
義弟方の申し出でそうなったんですが
お子様ランチ的なものを想像してたので
足りるかどうか心配だったんですよ。
なんせ、よく食べるし(笑)

どっこい。

出てきたお膳は品数もクオリティも
大人用のランチ分くらいは優にある立派なもの。
出てきたお膳を見て

「(大人も)これで十分かもねー」

とみんなで笑ったくらい。
ダテに@3,800円は取っとらんな(笑)


で。


あ~美味しかったね~と
お開きにしようといたら義母が
「一言言わせて」
と挨拶したんですが…
涙ぐんで言葉に詰まったりして(笑)
自己満足のお祝いだったかもなーと
ちょっと心配してたんで嬉しかったっす

姫と殿は
『何か大きいお祝いがあると
外で美味しいものが食べられる』
と理解したようで
「次は姫の中学校入学祝いだね~」
(この春小4だから4年後?)
と言ったら

「「え~~~」」

そこで義妹が
「何か大きな一等賞取れば食べられるよ?」
と言ったところ


姫「例えばどのくらい?!」


…食いつく食いつく(笑)


義妹「読書感想文で北海道一番とか!」

姫「え~!無理~!!」


それを聞いた呑気な殿。
帰り際別れる時まで


「じゃあ次は回らないお寿司ね~!」


と手を振りながら言っておりましたとさ。




ホントに一等賞取れたら
札幌一の寿司屋連れてったるで~!

衝撃のひな祭り

桜餅を抱えていそいそと
行って来ました姑宅@ひな祭り祝いへ。

ツレは滅多にない休日出勤で
終わり次第合流=まずはワタシ1人。


ピンポーン♪


「「は~い!」」ドタドタドタ…

「殿(甥っ子)が出る!」
「ダメ!姫(姪っ子)が出るんだってば!!」
「殿が出るんだよぉ~
「姫が出るんだってば!!!」

…おいおい。
いきなりケンカかよ


こりゃいかん、と
自分でカギを出してサックリ開ける…
(一応合鍵持ってんだけど、まず鳴らすようにしてる)


と。


ガラガラッ(姑んちの玄関は引き戸です)

姫「あれ?!自分で開けた!」

殿「ひどーい!せっかく開けようと思ったのに!!」

姫・殿「「おばちゃんひどーい!ひどーい!」」


…す、すいません。。。


そんな相変わらず元気いっぱいの姫&殿。

活発で外遊びが大好きなクセして
妙に引っ込み思案で自分からアピールできず
悶々とする姫と違い
人見知りゼロで物怖じせず
どこへでも自分から入っていく甥っ子。
早速ワタシの手を引っ張って

殿「おばちゃん遊ぼ~♪」

あーはいはい。
でもちょっと待ってね。
おばちゃん、おばあちゃんとお母さんに話が…。

殿「後でいいよ。食べながらの方が落ちついてできるでしょ~?」


…どこでそんな言い回し覚えてきた?


春を感じさせる日の射し込む日曜の午後。
義妹が作ってくれた
ケーキ型のちらし寿司に
姑が作ったお煮しめとはまぐりのお吸い物、
菜の花のおひたし。
生ハム(美味しかった!)に
山のような野菜を自分で巻いて食べるサラダ。
食後は義妹が点ててくれたお抹茶と
ワタシが作った桜餅。
姫&殿の成長を喜び
姑・息子・嫁で世間話に花を咲かせて笑い合う、
どこから見ても幸せな家族の
楽しいひな祭りランチパーティー…


だったんですがね。


食後、姑と義妹が後片付けをしている間
(あ、義妹がいる時はいつも
 ワタクシ後片付け不参加=子守です)
楽しく遊んでいた甥っ子姪っ子。
ところが自分のしたい遊びを
受け入れられないことが面白くない姪っ子。
家の中用の布ボールを
壁に向かって力いっぱいバン!と蹴りつけ
その衝撃でそばにあった置時計が床に落下。


義妹「姫っっっ!!!」


聞いたことないような鋭い声の義妹。
オニの形相で逃げる姪っ子を
部屋の端に追い詰めたかと思うと…


パンッ!!!


えええええ!
ひ、平手?平手打ちですか?!
いわゆるビンタってやつですか?!
うわ~人生初「生ビンタ」見ちゃったし!


義妹「いい加減にしなさいっ!!!」


ビェ~ッッッ!!!!


…お約束の展開(笑)

で、こうなると
あんだけうるさかった殿も
ものすごーく静かになって
(おねーちゃん怒られてる)的な
ニヤニヤ笑いを浮かべ
それに気づいた義弟に

義弟「お前、何笑ってる(苦笑)」

頭を小突かれる、と(笑)

いやー…。
それよりなにより実はおばちゃんぶっちゃけ

…ドン引き。

いいとか悪いとか
義弟夫婦の躾がどうこうという話ではなく
単純に

子供を叱るのに平手打ち、って
フツーなの?世間一般的には?

みたいな。

ウチの親にはされたことないし
ヨソの子がされてるのもみたことないし
見たのも姫が初だったし。
子供の頃、親にそうやって叱られた子は
そういうもんだと思って
自分の子供にもするんだろうか…。
義妹の方のお母さん、
えっらい教育系に厳しい人だったって話だし
もしかしたらそうなのかも…。

プラス。

普段、ワタシの何倍も温厚で穏やかな
あの義妹が平手打ち。。。

義妹を怒らせるのはやめよう。

恐らく平手された姫より
精神的打撃の大きかったおばちゃんでした。。。


この日の平和なツボ。


殿とウルトラマンカルタをしてたんですよ。
読み手は義弟。
殿は平仮名というより、札のキャラクター見て
取ってるっぽかったんですが(笑)

札の中で妙にワタシの目についたキャラが
こやつ↓
ganq.jpg

まーたインパクト強い怪獣だわね。
わかりやすーとか思ってた時、
ちょうど読み札が。


義弟「『~の怪獣だ”ガンキュウ”』」

眼球?!

殿「がんきゅう、って言うんだよ!」


見た目のインパクトもそうだけど
子供向けのキャラなのに
妙に内臓臭い名前付けたもんだわねー。
(正しくは”奇獣ガンQ”らしい)


義弟「殿曰く『目に足が生えてる』んじゃなくて
  『足に目が付いてる』んだって(笑)」

え?!
ああ…いや、まぁ間違いじゃないけど。。。


殿「足に目が付いたんだよ!」


うーん。
大人の大半はこれ見て
『目に手足が生えた』って言うんだろうけど
殿から見るとそうなのかー。
そういう視点の違いというか差って
どっから来るんだろう…?

たったこれだけのことなんですがね。
ワタクシ、妙にツボでございました。
覚えたぜ、ガンキュウ。

逃げ場ナシ

正月2日め。
「三が日は徹底してダラダラするぞ~!」
と口では言っても
作ったり食べたり後片付けしたり
どうせ手空いてるんだからと
洗濯始めたり…。
結局主婦って『生涯年中無休』の
定めなのよね~

そんなこんなでせかせか動いてるけど
どーもカラダの調子はいまひとつ
悪いワケじゃないけど
決して良くもないあんばい。

首の右側が痛いのは
大晦日のマッサージ揉みかえしのせい。
首の左側が痛いのは
年越しで泊まったツレ実家で
枕が合わなかったせい。
腰が痛いのは、床下収納の奥から
重箱出そうとして捻ったせい。
両手足が重ダルいのは
甥っ子姪っ子とカラダ張って遊んだせい。

要するに
歳相応の身体劣化。

劣化…なんて悲しい響きなのかしら。。。


そんな本日@キタノハテ。
お天気大荒れ。
さっきは通り挟んだお隣のマンションが
ホワイトアウトで「なかったコト」に
なってました。
年末といい、帰省される方々にとって
交通機関の乱れが痛い時に
重なるもんですなー。


えー。


今回の年越し。
義弟夫婦と小3姪っ子、小1甥っ子と
ツレ実家で姑含め総勢7名で
賑やかに過ごしました。

賑やか…違うな。騒々しく、かな。
いやーもう!
チビ達元気すぎてうるせーのなんのって!(笑)
ツレ実家へ着いた途端

「遊ぼー!」「遊ぼー!」

の連呼とともにガッチリ拘束。。。
ウチらはいつも2階で寝るので
荷物も2階なんですが
ちょっと物を取りに2、3分上がると
すぐさま

「おばちゃーん!何してるのー?!」

2階襲来。
安住の逃げ場はなくなりました。。。
嗚呼、チビ達が自力で階段上がれなかった
幼児の頃が懐かしいよ。。。

義弟が2人とお風呂に入った途端
訪れる静寂の心地よさと言ったらあーた!(爆)
義弟夫婦はあの怪獣達と
常に一緒にいるワケか。。。
親ったって偉いよなー。
あたしゃもたんわ

お年玉は、俗に言う世間の相場は
一切考慮せず
自分達で決めたルールに則って
姪っ子=小3だから三千円。
甥っ子=小1だから千円。
就学前は500円なので
甥っ子は今回が初紙幣。
小6までこのペースで行って
中学生になったら諭吉さんにするつもりです。

そうそう。

ワタシ、例え前の年のが余ってても
ポチ袋は毎年新しいのを用意するんですが
今年は姪っ子の好きなキャラが分からなくて
無難なところでリラッ○マ
で、年越しの席で聞いてみたんですよ。
「今クラスで流行ってるキャラ何?」って。
そしたら


「ふなっ○ー!


…え?

『○○とかだなっしー!』って
妙にカン高い声で言うアレ?


・・・・・。


確かに面白いけど
『可愛い』のとはちょっと違わないか???
そういや半年前に同じこと聞いたら
その時の答えが「なめこ~!」で
そのキャラを知らなかったおばちゃん
ショップで見てビックリしたっけ。。。

今の子供はキモ可愛い系に
惹かれるのかしらね。。。

疲れ果てたおばちゃんは
紅白もロクに観ずに
前回同様見事な寝落ち。
20:30には夢の中
紅白終わってツレが上がってきた時
目が覚めてトイレに降りたらば
リビングでは姪っ子が
テレビのカウントダウンに合わせて
踊りまくっているトコロでしたとさ~。

さーて。
今夜はこれ以上お天気が荒れなければ
今日が仕事始めの焼酎師匠の店に行く予定。
昨日の元旦、休肝日だったんで
正真正銘の『呑み初め』
行けそうかな~。

楽しそうでも、良くはない。

昨日は義弟夫婦、甥っ子姪っ子、姑、
そしてツレとワタシで
夏の恒例行事でもある
『くじら家勢揃い焼肉』開催!

甥っ子の体のことがあるため
義妹の実家(愛知)へ帰省どころか
近場の海水浴すら行けない甥っ子姪っ子を
不憫に思った義妹のお誘いで
開催されました…って

なんとか晴れたねぇ(笑)

なーんせ『嵐を呼ぶ男』意味まんまの
超悪天候男=義弟なので
毎年焼肉する時はお天気だけがネック。
今年は多少涼しすぎたけど
降る心配しなくていいだけよかったわ。

いつもは
「(チビ達が喜ぶから)来てくれるだけでいいですよ~」
という義妹のお言葉に甘えて
酒だけ抱えて行くんですが
今回は義弟夫婦への慰労の意味を込めて
肉と酒はウチが用意することに。

近所にちょっと面白い肉屋があるんですよ。
これがまた旨いんでね~♪
いつか焼肉の時、買っていきたかったんだよなーと
ツレと2人であーでもなこーでもない。
で。

肉は鶏・豚・鶏皮の串を各5本に
サガリ、牛タン、和牛赤身、
ホルモン、レバー、ラム。
酒はビールがクラシックとラガー、
焼酎はサトウの白黒をセットで。

プラス。

姑と義妹が野菜ひと揃えに
おにぎり山盛り。
漬物にとうきび、枝豆ひと山と
子供達の好きなウインナー
(こっちじゃ有名な肉屋のやつ。旨し!)
で、まぁ豪勢でしたわ~♪

スタート!

これは初っ端の焼きだから
まだ大人しいもんですけど
おにぎり焼くヤツ出てくるわ、
姪っ子甥っ子は食べた焼き鳥の串に
マシュマロ刺して炙りだすわ
(持ってきてたん?!)の
ごっちゃごちゃ(笑)

ま、辺りが暗くなる頃には
食べ飽きた甥っ子姪っ子、
食べ疲れたおばあちゃんは家へ入り
義弟夫婦、くじら夫婦で
焼きレバーを肴にしっぽり語り合う…という。
平和な夜でした。

夜は、ね。

いや、夕方ね。
肉持って姑宅に着いた時のことなんですがね。

肉だけ先に置いて
近くの酒屋へビール買いに行こう、と
思ってたんですよ。
ところが着いてみたら
姪っ子甥っ子がツレとワタシにまとわりついて
離れない。

姑「くじらおばちゃん達まだかなぁって
  ずっと窓から外見てたのよー」

そうなの?おばちゃん嬉しいよーありがと。
でもさ、お酒買ってくるから
10分だけ待っててくれる?すぐだから。

姪っ子「ダメーぇぇぇX!」
甥っ子「殿も一緒に行くーー!」

アンタ達連れてくと
10分で帰れるとこ1時間かかっちゃうし!
お願いだから家にいて!

…なんとか振り切り酒屋へ逃亡。。。
ええ、こんなあんばいですので
一度帰ったらもう、そりゃああーた。

離れてくれない。

嬉しいですよ、懐かれるのは嬉しいですが
物には限度ってものがあるワケで。

最初は元気を持て余してる姫と
布のボール使って
家の中でキャッチボールしてたツレ。
姑ん家は縦に長い間取りのバリアフリーなんで
家の中でできるんですわ(笑)
で、それを見ながら
まだリハビリ中で体の動きがままならず
目を離せない甥っ子の
相手をしていたワタシ。

ところが。

外で準備してた義弟の手伝いに
ツレが出てしまうと…
姪っ子の矛先はワタシへ。

甥っ子の介助で手が塞がってる
ワタシの背中に
布のボールがポコポコポコポコ
当たる当たる当たる。
ワタクシ当然無抵抗。


こら!人の背中で壁投げするんじゃないっ!

姪っ子「(超楽しそうに)きゃははははは♪♪♪」


かと思えば甥っ子。
右足の動きがまだ不自由なんですが
その不自由な動きを利用して
ガンガン蹴りらしきものがワタシの左のスネに。
最初、ワタシ立ち位置が悪いのかと思ったんですが
甥っ子の顔を見るとこっち見て
意味ありげに「ニヤリ」。


こら!どこでそんな余計なこと覚えてきた!!

甥っ子「(超楽しそうに)きゃはははは♪♪♪」


背中にはボールポコポコ、
足には蹴りガンガン。
手も足も塞がってて無抵抗…って
これってある腫のイジメじゃね?

楽しそうに笑う
姪っ子甥っ子の笑い声を聞いた姑
キッチンから出てきて

姑「まー楽しそうでよかったわね~♪」


…いや、お義母様???

ワタシは大変なんですが、と
言いかけたところに
家へ入ってきた義弟夫婦が状況を見て

義弟「こら!姫!人にボールぶつけちゃダメ!」
義妹「殿っ!おばちゃん蹴っちゃダメでしょ!!」

ひとしきり怒られる2人。
解放されてちょっと安心したおばちゃん。
しかし

姑「まぁまぁ。楽しそうだからいいじゃない♪」


…あの、お義母様?!?!?!


その後、花火に付き合い
久々に蚊に刺され
今朝は節々の筋肉痛と虫さされの痒みで起床。
色んな意味で消耗いたしました。。。

まだ早い!

昔、何気に観てた某バラエティで
例の女性アイドルグループの
例の総合プロデューサーが

「突き指の「ゆび」に関ヶ原の「はら」」

と紹介してたおかげで
あのコだけ見分けつくようになりました

ま、生きてると色んなことあらぁね。


さて。


なーんか急に夏@キタノハテ。

昼間は結構暑いんですが
朝晩は嘘のように肌寒くなるので
平日、その『朝晩』の一瞬しか
外に出ない身としては
地味ぃに着るもの面倒な季節です。

YOSAKOIも終わり
総選挙も終わり(笑)
個人的にも慌ただしい週末でした。

昨日は愛知からいらした
義妹のお母さんを迎えに新千歳空港へ。
実は現在、諸事情で義弟夫婦&甥っ子は
キタノハテを離れておりまして
義弟は不定期で行ったり来たり、
義妹と甥っ子は滞在期間未定…。
1人残った姪っ子(姫)の面倒を
姑と愛知のお母さんが交代でみることに。
で、昨日いらしてくださったわけです。

よんどころのない事情とはいえ
両親不在が多く
最近どこにもお出かけしていない姫。
空港往復だけですが
ドライブがてら連れてくかーとなり
声をかけたのはいいんですが。。。

子供って、元気よね

片道1時間の車の中でも
ジッとしてるのが辛いらしく
遊びにつきあうおばちゃん。
(ツレは運転中)
久々のお出かけのせいか
ミョーにテンションの高い姫のお相手は
行きの車中でその日のエネルギーを
ほとんど使い果たす勢い…。

空港の手前で高速を降り
ウチらがお気に入りの店で
ソフトクリームを食べて空港へ。
無事、愛知のお母さんと合流。
姫は2年ぶり、
ウチらに至っては甥っ子が生まれた時なので
6年ぶりの再会。
それなりに落ち着いた挨拶を交わす…と


姫「おばあちゃん、なんか小さくなったね!!!」


爆笑

それはアナタが大きくなっただけよ?(笑)

空港内でお昼ご飯を済ませ車へ。
あれやこれやと
お互いの近況を話しあってるうちに
あちらのお母さんの
「近所にあった●●が老人介護施設になった」
という一言から
話題はなぜか『介護施設』一色へ(笑)

入所するのにいくらかかって
でも月々いくらかかって
なのに死んでも
1円も帰ってこないんですよねーとか
ワタシもボケたらさっさと(施設に)入れてね、
って言ってたんだけど
あんなにお金ないからボケられないわーとか(苦笑)


そのうち

「地元の脳神経外科の真向かいには葬儀場がある」
「そういやあそこの心臓外科の向かいに
 家族葬専用の施設ができた」
「どこそこの老人介護施設の隣もそうだ!」

…どんどん話はエスカレート。
しかも最初は話題探して喋ってたのが
ここへきてワタシもあちらも超真剣。

そこへ。


姫「なんでそんな話ばっかりするの?!」


再爆笑


確かにそうだ(笑)
でもね、姫はこれからまだまだ
色ーーーんな事があるけど
おばちゃんはもう一通り終わっちゃったから
この先ったらこういう話しか。。。

自分で言っててさみしいぞ

そんなこんなで義弟宅着。
待っていた姑と揃ってお茶を飲みつつ
ツレ&おばあちゃん×2が
近況よもやま話をしている脇で

姫「おばちゃん!くまモン貸して!!」
(ワタシのiPhoneのケースと待ち受けがくまモンなんで)


甥っ子と一緒で
ヤフードームと札幌ドームで撮った
ラッキーセブンの風船飛ばし動画が
大のお気に入りの姫。
ずーーーーっと見てる…と思ったら

姫「この人だぁれ?」

…ん?

見るとそこには
酒イベん時に撮った
蔵元さんとのツーショットが。

ああ、その人、お酒作る人なの。
ほら、お正月におじちゃんとおばちゃん呑んでた
「しょうちゅう」ってお酒あったでしょ?
あれを作る人なんだよー。

と。


姫「なんでおばちゃん顔真っ赤なの?」


・・・・・酔っぱらってるから。


アルバム要整理。

運命の日

頑張れ!

頂きものの京都産筍を
姑におすそ分けしたんですが
下処理を済ませ、調理した日の夜に
ナイスタイミング!で
偶然義弟一家が遊びに来たそうな(笑)

その日の夕飯は
豪華な筍尽くしに舌鼓を打った甥っ子姪っ子。
食べ終わった後
まだ少し筍ご飯が残っている
炊飯器を覗いて

「これはおばあちゃんの分だから持って帰れないね」


一同爆笑


どんだけ気に入ったんだか
筍大好きなおばあちゃんも
可愛い孫にそう言われては笑うしかなく、
結局、残りは全部持たせたそうな。
やるなー甥っ子。
若いのに策士め(笑)

今度の週末は姪っ子の運動会!
リレーの選手ってことなので
おじちゃんおばちゃん
朝から張りきって行ってきます

運動会かぁ。。。
何年ぶり、いや何十年ぶりかなぁ。
ワタシは弟と5つ離れてるんで
小学校卒業してからも
塾の予定がない限り
運動会は観に行ってました。
まー子供いれば運動会は付き物ですから
お父さんお母さんにしてみれば
結構大変な行事なんでしょうけど
無責任なオジオバには
ただただ楽しいイベントにすぎませぬ(笑)

ワタシの頃は場所取りは早いもの勝ち。
父が超早朝にチャリで小学校へ行って
敷物セッティングしてきてました。
弟が卒業するまでは
早い者勝ちだったと思ったけど
いつからか、トラブルが絶えないとかで
抽選になった、とは聞いてたなー。

おばあちゃんは膝がちょっと悪くて
敷物に座ってるの辛いから椅子。
後ろの人の迷惑になるので
去年は並ばず、敢えて一番後ろの場所から
観てたそうなんですが
今年は姪っ子から
「前の方で観てほしい」と言われ
義弟が抽選しに行くんだそうな(笑)

『選手になった、ってメールして!』
って言ってたくらいなので
『おじちゃんとおばちゃん来てくれるかなぁ』
と気にしてたらしい姪っ子。
いやー行かないわけないでしょ!
バカですから!!

おばあちゃんがおにぎり、義妹がおかずの
分担制だというので
おばちゃんは果物を持ってくことにしたんですが
何持ってくかなー。
大好物のイチゴはマストだよな。
後は…メロンとか?
あ、こないだデパートでスイカもあったっけ。
それからマンゴーとかキウイとか。。。
あ!サクランボも出てたなそういや!

前日、D丸行って買ってきます。
オババカ集大成、
銀座のクラブに負けない
超豪華なフルーツ盛りになることでしょう

コース完食!

あっ!!!
…という間に連休最終日。
そして今日も@キタノハテ。
見事に連休お天気全滅な上、
予報によると明日から晴れるそうな。
なんだよそれーって声が
キタノハテ中から
聞こえてきそうですな(笑)

ウチみたいに出かける予定なしなら
笑って済みますが
行楽地は大打撃だそうで。
知り合いの飲食店店長も
「も~ヒマっすよ!」と
嘆いておりました。

そこの店、チカホんトコだから
お天気悪いと逆に来るんじゃないの?
と言ったら
そもそも寒いから人出自体が
少ないんだそうな。
昨日辺りは余りの人出のなさに
閉店時間1時間以上前にも関わらず
周りの店が次々店じまい(笑)
知り合いも
「ソッコー帰りましたわ!」とな。
確かに昨夜は寒かったからなぁ。。。

連休、何してたろ(~_~;)
ぼんやりしてた覚えはなくて
毎日なんかかんかやってた…けど
昼間バタついて夜宅呑み。
で、寝る…の繰り返し。
ま、くじら家の『連休』は
これからだしね。

昨日のこどもの日は
延び延びになってた
甥っ子の入学祝い兼ねての食事会。
お天気は曇りだったけど
雨降らなかったんでラッキー!
車での移動が多い甥っ子姪っ子、
珍しく電車と地下鉄でやってきて
最初からテンション

予約した個室は
もともと客室だった場所を
2部屋分抜いたところで
パンフによると
14~5名までOKの広い部屋。
そこに大人5人、子供2人。
テーブル広くて、カンパイのグラスが
向かいに座る姪っ子に届かないぞ~(笑)

お料理は大皿で出てきたものを
シェアする形なので
テーブル中央には披露宴でおなじみ、
回転する円卓が。
甥っ子姪っ子、初めて見たそうで

「回るの?!」

とやたら回したがる(^◇^;)
やんちゃ盛りの甥っ子なんか、
こちら側で料理取り分けてる最中にも
回そうとするもんだから
お母さん、おばあちゃん、おばちゃんから

「やめなさいっ!!!」

三つ巴でお叱りが飛ぶ…。
ったく、困ったもんだ(~_~;)

お料理は全部美味しかった!
お魚と野菜の前菜から始まり
お造りが出た後は
鯛、鱒、牛、豚、ホタテ、蟹…が
グリルだったりカツレツだったり
ステーキだったり
パイ包みだったりと多種多彩!
好き嫌いのほぼない姪っ子甥っ子、
「美味しい!」連呼で全種類完食。

…さすが、食い道楽DNA。

最初、お子さまだけ別プレートに
しますか?と聞かれたんですけどね。
とにかく食べるんで(笑)
大好きなんですよ、食べるの。
だから別プレートにしても
たぶん大人の分も手ぇ出すんで
ただの7人分で大丈夫ですから、と
言ったんですわ。
後から挨拶に来てくれたシェフ
(実は酒つながりの知り合い)も

「子供用、って意識しませんでした(笑)」

大正解です(爆)

最後に出てきたお寿司だけは
全部サビ抜きにしてもらい
大人はお醤油にワサビを溶いて
頂きました。

そして。

ラストのデザート!
いえね、姪っ子がずっと
「何品くらい出るの?」
「まだ(お料理)出る?」って
食べながら聞いてたんで
何でかなぁ、と思ってたら

「デザート食べたいから!!!」

…お腹の配分を調整してたらしい。。。
さすが姪っ子(笑)

そんな待望のデザート。
出た途端、歓声が上がった子供用

一人分です(笑)
お料理全種類食べて
その後これ大丈夫か?!と
一瞬思ったんですが…

二人とも、見事、完食。
残っていたのはミントの葉だけ~。

写真撮ってたんですけどね。
まー二人とも満面の笑み!
嬉しそうに食べてるんですよ。
あれだけで食事会のご褒美、
もらった気分です(大バカ)

大人用は

美味しかったなぁ。。。

この知人シェフ、
今月いっぱいでまた別ホテルへ
移るそうなんですけど
次は宴会担当らしくて。
パーティとか披露宴専門…
それじゃー行っても食べられないよなぁ。
残念だわ。。。

楽しかったですねー。
帰宅してから義妹に
『食べ過ぎチビさん達はお腹大丈夫?』
とメールしたらば
全然平気だったらしい。。。すごっ。
成長したら、お高い店は考えねば(笑)

さーて。
今日は休肝日なんで
早めに夕飯とお弁当の支度終わらせて
ちょっと長湯しよっかなぁ。
連休中、呑み過ぎたんで
締めていかないと!!!

げに恐ろしきはDNA也。

こないだの旅行、旅先から土産に送ったのは
毎年取り寄せしている福島のリンゴと
鹿児島でウチが必ず買って帰るさつま揚げ。
ホントは鹿児島から
果物送ってあげたかったんですが
タイミングが悪くあまりない時期。
あれこれ考えたけど結局この2つのみ。

今までは、義弟家と姑宅が近かったし
一人暮らしの姑には何を送っても多い。
何より分けて送ると
送料がバカにならないのもあって(笑)
全部まとめて姑宅に送り
「(義弟家と)分けてね~」
だったんですけど
義弟家がマイホームを手に入れて
郊外(ワタシの実家のすぐ近く)へ
越したため、姑宅から遠くなってしまったし
姪っ子甥っ子が成長して
1人前以上に食べるようになったため
(チビの頃からよく食べるんだ…)
まとめて送るのも限界かなーということで
初別送り。

でね。

特に他意があったわけじゃないんですが
リンゴは姑宅のみ→義弟宅には送らず
さつま揚げは義弟宅のみ→姑宅には送らず。
届いた翌日、姑宅に義弟一家が来たので

姑「くじらさん達からリンゴ送ってきてるわよ~」

と言ったら


姫(姪っ子)
「おばあちゃんとこにはさつま揚げ来てないの?」
殿(甥っ子)
「おねえちゃんとボクにはさつま揚げ来たよ!」


さつま揚げのことなんか知らない姑は
ちょっと驚いて「あらそうなの?」と
言ったらしいんですが


姫「おばあちゃんとこには来てないんだ!」
殿「どうして?ねぇどうして来てないの?」
姫「姫達には来たのにね~」
殿「僕達だけなんだ~!」


…頼む。ほじくりかえさんでくれチーン


で。


ウチらが帰宅した翌日、
ツレが所用で1人実家へ行ったら
開口一番


姑「姫と殿にはさつま揚げ送ったんだってね~。
  ワタシの分はないの?


…と言われたそうな汗

おとつい、ツレ実家へ行ってたんで
「一番小さいので20枚からだったし!」
「(義弟と)家遠くなったからまとめて送るの止めたし!」

特に他意はないのよ!と
説明説明してきましたわ。。。
「冗談よ」って顔は笑ってたけど
姑、こういうの結構覚えてるタチだからな…。

なにせツレの母親。
この親にしてこの子アリ。

しっかしチビ達もだんだん知恵ついて
胡麻化し効かなくなりますわーあせる



NEW!