「前」か「後」か。。。

どうにかこうにか
新幹線のルートだけは決めましたので
土曜日『満月緑パス』を買いに
只今絶賛注目中のJRホッカイドーへ。


しかし。


知りませんでした。
新幹線のチケットって
1ヶ月前から発売なんだ…。
万全の態勢で鼻息荒く行ったのに
買えたのは2日めまでという(笑)
10月入ったら、も1回行かにゃー。

なにせ切符が多い!
初日と最終日は新幹線使わないけど
間の7日間は全て新幹線利用。
その7日間も毎日
途中下車だの乗り継ぎだので余計に枚数増。
混乱するので
あらかじめ新幹線分だけ
手帳に抜粋書きしておいて
それを窓口で読みあげてたんですが…

ワタシ「●●から越前湯沢までの●号と
    越前湯沢から●●までの●号」

窓口おねーちゃん
「手配しますので少々お待ちください」

と、すぐ横にある端末操作。
しかし…なにやらブ厚い路線図を広げて
困った様子。
え?なに?もう席ないとか?

と。


ツレ「(おねーちゃんに)湯沢じゃなくて越湯沢です」

ねーちゃん
「ああ!そうですよね!ありがとうございます!」


え?越後湯沢?なにそれ?
なにその会話?


ツレ「越前、って自体は福井にあるけど
   越前湯沢ってのは存在しないぞ」

そうなの?!


手帳はデカデカと『越前湯沢』。
全部「前」になってる…。
ずーっと越前だと思ってたよ。
てか越後湯沢、って…
うーん、違和感(笑)


で。


その日は2日めまでしか買えない、
残りは来月もう1回、となったんですが
その当日がド平日。
JR窓口も旅行代理店も
ワタシ、会社帰りに寄れるので
(ツレわざわざ来なくても)帰りに手配してくるよ」
と言ったらば


ツレ「越”前”湯沢だからなぁ…」


…一緒に来るそうです。
あーそうですか。
スポンサーサイト

想定外のOSアップ

スマホに珍しく着信が。
しかし見るとそこには見たことのない
フリーダイヤルの番号…
てことはアドレス帳に入ってない
=友人知り合い身内じゃない。

今までの例で考えると
フリーでかけて来るのは
カード会社や保険会社絡みの勧誘。
生命保険に地震保険、女性の保険…うんぬん。
まぁそんなとこだろー。

そういう所は着信に出なかった場合
留守電に『かけたのはワタシです』的な
メッセージを残しておいてくれるんで
仕事中で席立つの面倒だったのもあり
とりあえず放置(笑)

しかし。

ひと段落してお手洗いに立った時
チェックする…あれ?留守電ない?

不安半分、気味悪い半分。
いや、もし誰か倒れたとかなら
メッセージ入ってるよな。。。
じゃあ何だ?

かけ直す…前に一応調べるか、と
ネットで番号を検索。
個人は無理だけど企業ならある程度
ヒットするんですよこれが。
出ました。やはり。出ましたが…
企業自体のページではなく
『迷惑電話番号』関連でズラリヒット。
ランダムチョイスで開けたところ
かけ直した方のコメントには

『カード会社関連(だと向こうは説明)の地震保険勧誘』
『なんとかその電話で契約させようとする』
『かなり電話の対応が悪い』

見事に共通。
そして皆さん口を揃えて

『とにかくしつこい!』

かけ直してはいけません!だそうです。
ありがとうございます。
よかった、かけ直さなくて。

と思ってたら!

その1時間後。
ブーン♪ブーン♪ブーン♪
あのフリー番号。
もちろんシカト。
一旦切れた後、また間髪入れず
ブーン♪ブーン♪ブーン♪

…を4回繰り返し。

実際はもっとかけてきてたのかも。
いや、ブンブンうるさいんで
4回目の後、機内モードで通信シャット
してやったんで(笑)

こりゃホントにしつこいなってんで
着信拒否設定。
おし!これでもうかかってこないぞー。
って…

翌々日しっかり着信。

番号表示しながらバイブするスマホ片手にプチパニック
なんで?!
拒否したのになんでかかるワケ?!

再設定を試みるも
『この番号は既に登録されています』
いや現にかかってきてんだってば!

フリーダイヤルは設定できないんだろか…。
いつまでもブンブンうるさいので
再び機内モードにして再検索。

やはり同様の疑問をお持ちの方は
たくさんいるようで出るわ出るわ。
それによると
ソフバサイドで設定しても
電話機本体に設定しないと意味がない。
で、あいぽんふぁいぶえすの発売に合わせて
発信された新OSからはその設定ができるので
それやればとりあえずできるよ、ってことらしい。

も少しバグの様子見てから
アップするつもりだった新OS…しゃーない。
あいちゅーんアップどん!
新OSどん!
あいぽんにどん!
おし!完了!あいぽん再起動!!

…なにコレ。

あいぽんの操作盤、いわゆるデスクトップ?
アプリアイコン並ぶディスプレイの
表示・デザインがすっかり変わってる!!!
聞いてないよ~!!!

み、見慣れない…。
そして使いにくい…。

元に戻させんかい!

二の足三の足…。

チーム楽天のみなさん、
優勝おめでとうございます!!

祝!CS出場!!
おめでとう広島カープ!!

いや、ホントに喜んでます。
楽天は、被災地の方々への励まし云々も
当然ありますが。。。

マー君はね。
コマトマで日本一という体験を
させてくれた選手ですから
特別な思い入れがあるんですよ。
恐らく道民の多くには。
本当に良かったねー。

カープは…
ワタシはもともとアニキが好きで
野球を観るようになったのが最初だから
やはり別な思い入れがあって。
長かったねぇ。
本当に良かった良かった。

いやー地元の方は喜んでるんでしょうなー。
盛り上がってるんだろうなー。
いいなーうんうん。


…後は。


頼む。トラ。
はよ決めて。



お願いしますホント…。

ヒンシュクの連休

元所属部は現在繁忙期。

異動したワタシには
関わりのないことなんですが
備品を取りに自席の近くに来た同僚が

「いやーこの忙しいのに
 ババア休みなんですよ?!」

ババア=弊社最古参”猛獣”大お局。
ジコチューが服着てるようなヤツ。
『ワタシの意見が通って当たり前』で
超酒グセが超悪く、社内の飲み会での
恥武勇伝は数知れず。。。って

あー季節の変わり目って
彼女アレルギー症状出やすいんだよねー。
(ババアはアレルギーのデパート体質)

体調悪いんなら仕方ないじゃん、
と慰めようとしたワタシの言葉を遮って

同僚
「違うんですよ!ネズミが死んだからって!」


…は?


ネズミ?なんだそれ?

同僚
「ネズミっていうとババア怒るんですけどね。
 えーと、ホラ!なんとかドッグ!」


ああ!

プレーリードッグ。
一人暮らしのババアの同居「ネズミ」。
(いやあれ何科だっけ)
もともと2匹(頭?)飼ってたのが
2匹ともガンで確か去年、1匹死んでたっけ。
あーもう1匹死んだのかー。

いやでもさ、うちらから見ればペットだけど
ババアからすれば大事な家族だし
火葬とかお葬式とかになると
1日ぐらいは仕方ないんじゃ…


同僚
「それで三連休前日の金曜日は午後早退、
連休明けも2日休んでんですよ!
このクソ忙しいのに!!」

5連休半…すごいな。
さすがの『有給消化率95%超え』の
くじらさんですら
この繁忙期にそれはちょっと。。。

愚痴る同僚の話を聞くと
金曜日中で頼んでた仕事も終わらないまま
午後に突然
「ポチ(仮名)が危ないので帰ります!」
と一方的に告げて帰ってしまい
金曜日中にそれが終わると思い、
別の同僚達が
火曜、水曜日中でそれぞれ頼んでた仕事は
完全ブッチ。
結局その分はみんなで連休に出社して
片付けたんだそうな。

同僚
「で、今日は午後から来るんだそうです!」

哀れ、木曜日から仕事を頼んでた人も
アウト。。。

動物と暮らしたことがないワタシには
『家族の一員』という気持ちが
分かるようでいまイチ理解しきれません。
確かに『家族』なら仕事なんざブッチ、だけど…
だけどさぁぁぁ。。。

で。

それでなくてもババア、
休みに月曜が多い=月曜は特に忙しいから困る、
ってんで、部会で注意されたらしいんですよ。
その直後にこれらしい。
ネズミが死んだのは
さすがにホントだろうけど
続けた連休はきっと
みんなの前で注意されたのが
面白くなかったから、だな。
そういうヒトなので(笑)
(ワタクシ入社時からの付き合い…)

で、まぁそれじゃー休み明けの今日は
さぞや会社来づらいだろうから
まずはしおらしく謝罪なんぞ…


と思いきや。


夕方またこっち来た同僚曰く
「全っ然!
『頼まれてた仕事できなくて
すいませぇん♪』って」

…大したツラの皮だこと。
少し削って分けてもらいたいもんですわ。。。

今日は秋晴れ!
いいお天気です@キタノハテ。
ツレが日帰り出張で遅いんで
のんびり宅呑み。。。
と行きたいのは山々ですが
実は休肝日という(涙)

ま、吹っ飛ばすのは簡単ですけど
最近、呑むと翌日疲れてるし(笑)
来月、旅行先でしこたま呑むだろうから
今日は大人しく酒抜き日にいたします。


…ちょっと成長した?(笑)

おちゃけばなしおんりー13

えー。

溜まるに任せて溜まりまくった酒ネタ。
いえ、三連休が2度もあればそりゃあ
「やらなきゃ」とは何度も思いました…が。

思っただけで終わった、と

写真の編集と蔵・銘柄のリンク探すのが
手間でねぇ…ついつい。
作業を後回しにしてるうちに失念しました、って
あら、どっかの鉄道会社みたいな言い訳ね。
嫌だわぁ。

そういうワケなので順不同。
一気に13本掲載!
長いっすよー。


まず。


8月末の東京”観劇”遠征で行った
センダギの酒屋さん
イセゴホンテン』での購入分。
isego.jpg
すっごくいい酒屋さんでした。
試飲の多さも去ることながら
ウチらから見ればレアな酒が
平気で試飲に出ているのを見て目が点…。
津軽海峡が憎いぜよ。

ここでは6.5本+0.5×2(一升瓶単位(笑))

ナカムラシュゾウジョウ
ギョクロジコミ 25度
gyokuro.jpg

ギョクロ カメセンニンが
元々好きなのと
『湯割りでガッツリ』と聞いたら
店員さんのおススメがコレだったんで。

これに会えるとは思わなかった!
ワタクシの中で現在ダントツ一等賞の
チランシュゾウブケヤシキ ベニイモ30度
buke30.jpg

これはね!もーね!
最初はかごんまの某酒屋さんの
オススメで買ってきたヤツなんですが
開けてビックリ呑んでビックリ!
濃い!臭い!甘い!ガッツリ!まろやか!
表現が矛盾してようがなんだろうが
そんなカンジなんですよ。ええ。
湯割のために生まれてきたようなヤツです。
一升、1週間もたなかったもんな。。。

もうしばらく会えないなーと
思ってたら、ひょっこりいて。
「連れて帰る!!」即決ですわ。

同じくチランシュゾウの
タラキ 25度』 
taraki.jpg
コイツの実物見るのはこれが初。
某コミックで
『珍しい焼酎もらったから一緒に…』
っていう場面があったんですが
そこにイラストで出てたんですよ。
えーとね、確か3本出てて
1本は忘れましたけど、もう1本がツキンナカ、
その後ろにタラキがいたんですが
前の2本に隠れてラベルが半分以上見えなくて。
辛うじて見える漢字と
思いつくキーワードを全部入れて
検索かけたらコイツだった、と。
(七を3つ重ねた『き』の字が引っかかってた)

これは焼酎師匠のところへ婿入り済み。
写真撮り忘れて店で慌てて撮りました(笑)
1杯呑んできましたけど
これは白麹黒麹のブレンド版?だったかな?
呑みやすく口当たりの優しい
一般的にウケそうなお酒でした。
単独麹のものもあるとかないとか
言ってたような気がするんで
(酔っぱらってて定かではナイ)
機会があれば呑んでみたいなーと。

次。

タムラゴウメイガイシャ
『サツマノカオリ「マサリ」』
ムロカゲンシュ 37度

masari.jpg
実はここの酒、今まで
あまり好みに当たったことがなく…
普段ならスルーの所、
『ムロカ』『ゲンシュ』の2キーワードが
ジワジワと。
ええ。「もしかしたら」に押され買い(笑)

で。

わざわざゼンダギのここまで
暑い中行った狙いはコヤツ↓
muginaji.jpg
イワクラシュゾウ
ムギショウチュウ コシュ『ムギンアジ 25度

イワクラさんの酒はコーラさんと並び
キタノハテでは直入手不可能。
(取引酒屋がない)
かなりレアな上に、コイツってば
『次出るのは5年後』
なんだそうな。
5年後…まだ呑んでるかなぁ。酒。

このボトル自体もチェイサー入れたり
前割入れとくのにいいなーと。
2本購入。
1本は焼酎師匠の所へ婿入り済みです。


後はおまけでタカサキシュゾウの『シマセンリョウ』を
四合瓶で1本と
既に婿入りさせたんで写真ないんですが
ムラオさんの『サツマヂャヤ』と
イワクラさんの『ツマ』。

他にも欲しいのが2本ほどあったけど
送る箱の関係で(6本で1個口)断念。
つか十分買ったっつーの(笑)

こっちは最近呑んだ酒。
サツマムソウキムラゴ
kimurago.jpg
焼酎師匠の店で薦められて呑んだんですが
なんつーか…

「なんでもありー!いてまえ!」
的な味と言うか
「お祭り騒ぎ」
的な印象を持った味と言うのか(笑)

名前見て「もしかしていわゆる全部乗せ的な?」
と思ったら…ビンゴ!
「黄金千貫」「紫芋」「紅芋」の
3種類のサツマイモから
それぞれ白麹で原酒を作り
それらをブレンドした焼酎、だそうです。
湯割りで頂きましたがベリィスイート。
これは女性にウケそうだな…と思ったら
やはり人気だそうで
開封して1週間足らずという瓶は
既に残りわずかでした。へー。

サツマムソウって時々
「へ?!」みたいな面白いの作るよな~(笑)

カゴシマシュゾウクラシンク 25度
kurashinku.jpg
これは新橋の”シャリキン”を教えてくれた
大将の店で。
これも面白かったなー。
ガッツリだけどスッキリ。
後を引かないなーという感想でした。
割と好きなタイプ♪
呑み口ガッツリでも後味スッキリって
あんまワタシ当たらないんですけど
最近多いです?


で。


『来月出るって言ってましたよ』
『春に出るみたいですよ』
『秋に延期になったそうです』
『連絡ないんですよねぇ』

というやり取りを酒屋さんと交わし続けた
この1年半。
ようやく出したか!ジュンペー!
日も暮れるどころか
暮れ続けて年明けたわ!!

コダマジョウゾウミヤノツユ
miyanotsuyu.jpg

これは…説明すると長くなるんで
省きたいところなんですが(笑)

コダマジョウゾウは昔
違う名前の蔵でお酒やお醤油を作っていました。
が、現杜氏であるジュンペーくんが子供の頃
某蔵と合併して、事実上消滅。
その以前の蔵で作っていた焼酎を復活させたのが
この『ミヤノツユ』なんだそうです。
蔵や杜氏さんにとっては思い入れのある焼酎、
そりゃあこだわって時間もかかる…

のは分かるんだけど待たせ過ぎだっちゅーの

いつもの酒屋さんでスタッフの男の子に
「呑んだ?どうだった?」と聞いたらば

「甘いんですけど後味スッキリでした!」

スッキリ…なんか最近
このキーワード多いなぁ
まぁ宮崎の焼酎はスッキリ系メインだけどさ。
(一部を除いて(笑))
そこへ店主のTさん登場。
何飲みがイチオシですか?と聞くと
「ロックや水割りもいいんですが味が縮こまります。
 やっぱり湯割りですねー」

というワケでお買い上げ。今呑んでます。
確かにしっかりしてるのに
引き際が良過ぎるというか(笑)
女性的な味ですねー。
いや、決して女性の引き際が良い、
という例えではございません。
いざとなると女性の方が…ゴニョゴニョ(自粛)

口当たりが優しく
ついつい呑んでしまうため
購入5日で残り6センチというハイペース
週末までもたんな…。

ツレが今呑んでるのはこっち。
ショウロシュゾウノウリン104号
nourin104.jpg

これは…京都の酒屋さんだったかな。確か。
ショウロさんを揃えてるとこがあって
一族まとめ買いしてきた記憶が(笑)
甘さ控えめ胴太め、みたいな印象。
ワタシの好みとはちょっとズレてますが
ツレは気に入ったようです。

えーとこっからは
こないだの三連休に行った
某D商店で買ってきた分。
この時はここへ寄るつもりはなくて
たまたま帰りに通りがかって思い出した程度
だったんですが…つい。

ツレ「結局、どこ行っても酒買うのな」

行きつくところは
天竺でも機械の体をタダでくれる星でも
ラピュタでもなく。

酒。

それがくじら家…。

ヨツモトシュゾウ
たいがーあんどどらごん
taidora.jpg
くじら家御用達のお寿司屋さん
(ご好意で焼酎キープは一升瓶)
毎年時期になるとこの酒屋さんから
コイツを入れてくれるんですよ。
で、来てみた、と。
買いましたがウチでは呑みません。
基本、キープで入れてる酒は
家に置かないようにしているので
これはそのうち婿入りでしょう。

この酒屋さんは
どちらかというとポン酒が多いので
めずらしくポン酒購入。

デンシュ
pon_densyu.jpg

スギイサミ
pon_sugiisami.jpg

スギニシキ
pon_suginishiki.jpg

帰った日に呑もうとしたら
燗の道具がなかった…。
ぬる燗にしたいんで
ウチにある焼酎の燗道具だと
温度が難しいんですよねぇ。
買ってこなきゃな。


それにしても。


2週連続で三連休だったんですよ。
えーと…
13,14,15,16,17と呑んで
18,19休肝日で
20,21,22,23と呑み。
まぁ旅行もあるし
腰据えた外呑みは1回きり。
せいぜい食イベでちょっこしと
夜の宅呑み…ですが
全て『昼から』の通し呑みって(汗)

お財布には優しくても
肝臓にはどうかしらね…。
さすがに自信ございませぬ。
[ 続きを読む ]

取っても取っても

出社して、今日の作業の確認を始めた途端、
左瞼ピクピク…。
この三連休、目の疲れの残ってる感はあったけど
瞼の痙攣は治まってたのになぁ。
どんだけ会社&仕事嫌よ自分?

来月末の満月旅、
この三連休で大まかな旅程が決まりました。
まぁまだ仮なので
店だの宿だののあんばいによっては
変動する可能性は大ですが
行きと帰りの飛行機は購入したので
これだけは確定。
あとは新幹線チケ手配に
次の週末みどりの窓口へGOだな…。

前回の満月旅は
行きはキタノハテ市から鹿児島まで
完全にJR乗り継ぎのみで移動し
帰りは飛行機で一気に帰ってきましたが
今回は仙台まで飛行機で行って
そこから陸路を九州まで行く予定です。
8泊9日…だっけか。
昨日、ツレiPadワタシPCで
宿取りしてたんですけどね…。
取っても取っても終わらないという(笑)
さんざ取ってから
「あといくつだっけ?」と数えたら
まだ半分だけでした
手配も疲れまっせ…。



さて、残りの宿物色するか。。。

休日

どうも休みになると
ネタだけが溜まってアップせず、
というかできず、が多いですな。。。

えー。
昨日は単なる「遊び」で
東川町までドライブ。
今日は朝からオータムフェストで
呑み助大はしゃぎ♪…ののち
帰宅してツレは爆睡、
ワタシも昼寝するつもりが
普段なかなか洗えないものの洗濯と
普段なかなか洗えない場所の掃除に
なーぜか燃えてしまい寝そびれ、
勢いのまま買い物まで済ませ
ようやく今、リビングのベンチに
寝そべっている次第です。

今夜はこれから宅呑みなんで
詳細は明日にでも…って
連日飲み過ぎだな、こりゃ。

無邪気な言葉のナイフ

そんなワケで(何がだよ)
疲労感が抜けず
ダル~いワタシを象徴するかのような
スッキリしない空模様です。
まーた三連休のリレーなのかなぁ。

昨日。
疲れまくって瞼ピクピクさせながら
(疲れ目がひどいとなる)
帰宅してエレベーターホール入ったら
いかにも
『保育園に預けてた子供をお迎えに行ったパパ』
なお父さんと息子ちゃんが。

ウチはどちらかというと
小規模なマンションですが
やはりなにか機会がなければ
他のお宅の方と会う機会はナシ。
当然、この親子も存じあげません。
まぁ、ユルいとはいえオートロックのマンション。
中で会う人=住民、ってことだし
見るからに「やんちゃ盛り」の
男の子がいるとなれば場は和んで
お互い「こんばんわー」と笑顔で挨拶。

で。

エレベーターが来て乗りまして。
ボタン押したら向こうの方が階は上。
そう大きくないエレベーターなので
ワタシがドアの前に立ち
親子が後ろに立つ格好に。

3人(というか2人と0.5人?(笑))とも
無言でウィー…ンと箱が上がり始めたその時。
その『やんちゃ盛り』な息子ちゃんが
子供らしい良く通る声でハッキリと一言。


「おばちゃん!お尻大きいね!!」


楽しそうな子供の声とは裏腹に
凍りつく箱内の空気…。


父「あ、いや、すいませんっ!(大慌)
  コラッ!お前はっ!!

慌てふためく父をあざ笑うかのような

「お尻ちゃんだ!お尻ちゃん~!!」


…追い打ち

文字にするとアレですが
決してバカにしてるニュアンスじゃないんですよ。
子供が見たままありのままを話す
無邪気な…って

子供の無邪気は時に痛過ぎる
デカ尻なのは子供の頃から分かってますっ!!

実は以前にも同様の状況で
同様な事を言われたことがあります。
同じ親子か…?

『子供の言う事だし』ってーのと
お父さんの慌てっぷりが気の毒過ぎて
笑いながら先に降りましたが
実はいたく傷ついたアラフォー…。

少年。
おばちゃんの心は時に
プリン並みに弱いのだよ。
覚えておいておくれ。

背後でエレベーターのドアが閉まる間際

父「お前、後でおしおきな

というお父さんの怖ーい声が聞こえました。
いやお父様。
無邪気な子供が見たままを言っただけで
他意も悪意もないことですから
どうぞお手柔らかに。。。


ホントに尻デカいしさ。

激消耗

何度か打ちかけたんですが
疲れて文章まとまらず…。

やたら手順と参照先の多い
データ抽出作業に手をつけたら
ビックリするぐらいの消耗っぷり。
眠くもないのに目が開かないし
頭が全く働きません。参った。

今日はもう寝ます。

最終章。。。

↑…だといいなぁ。


仕事が地味ぃに詰まっているもんで
思うようにアップできませぬ~。
脳内メモリ加齢症状で
ああ、ネタが…次々消えてゆく

で。


来ました。電話。イトコから。
結論から言うと
離婚することになったそうです。
ようやく決心したか、というのが
ワタシの正直なトコロ。

無理でしょ。だって。フツーさ。

あそこまで好き放題やられて
それでも許せるって
いくら好きで結婚した相手だとしても
堪忍袋の緒も切れるどころか
緒が切れたその袋に角砂利詰め込んで
横っ面に叩きつけたろか!!
ぐらいのモンですぜ

イトコが半泣きで話す経緯は
どこを切っても
『ああ、やっぱね、そうなるね』
の想定内。

やっぱね、ヨリ戻ってたんですよ。
例の不倫相手のコームインの女と。
ラブホに2人でシケ込む現場を押さえ
イトコ曰くダンナの
「首根っこ捕まえて」
連れ戻したそうなんですが…。

ザ・開き直り。

相手の女は「アゴ上げ」て
こちらを「見下ろし」ながら

「何しに来たの???」

ダンナに至っては

「ヤッてないから悪いことはしてない!」

…40超えたオッサンが
ラブホの入り口で押さえられて
「ヤッてないからオレは悪くない!」
ってさぁ…。
開いた口が塞がらんとはアンタの事だよ。
もはや哀れみすら覚えますな。
あまりのバカさ加減に。

始末の悪いことに
2人揃って開き直っちゃってるから
2人vs1人のイトコ。

「完全アウエーで…

言われ放題責められ放題。
途中でイトコのお母さんが来るまで
さんざ言われ続け

「ワタシ悪いのかなぁ…って

図に乗ったダンナ
「(相手の女を)訴えないと一筆書くなら
 慰謝料一括で払ってやる」

はぁ?


「職場に不倫とかバラしたら名誉毀損で訴えてやる」

はぁ?!

なんかね。
その女の親が創●学会とかなんだそうです。
で、挙句にダンナ
「創●学会の上には偉い弁護士もいるから
(女の職場に)バラしたら
そっちから手ぇ回してメチャクチャにするぞ!!」


…もはや『先生に言いつけてやる!』の
低レベルですな。
つか、脅迫してんのどっちよ。
引き合いに出された創●学会も
大迷惑だっつーの。

その場にいたらワタシ
確実に椅子とかテーブルとか
振り下ろしてます。ええ。
自信ある。タップリ。


しかも。


開き直ったのは当人達ばかりではなく
その親も。
ダンナ母親ってーのが親族で
会社経営してるらしいんですが
イトコではなく他経由で偶然、
離婚の話が会社サイドに漏れたらしく


バカ母「よくもワタシに恥をかかせて!!」


はぁ?でしょ。はぁ???
この親にしてこの子アリってかー。
まぁ40超えの子供の夫婦関係なんざ
親が口出すことでもないっすけどね。

とにかくイトコ攻撃され放題。
も~イトコがそんな風に言われる理由は
1つもないんですけど
当人達も当人達だし周りも周りだし。

名誉毀損だの、
弁護士がどーの、
んなもんは完全に向こうの
根拠のない捨てゼリフ的なもので
できるわきゃないし
こっちはこっちでいくらでも打つ手はある…
んですけど。

なんかね。
さんざ周りから傷めつけられて
精神的にかなり弱ってるの
が電話でも容易に伺えるイトコに
「頑張って戦え!」とは言えなくて。
酷だよねぇ。。。

話し合いに同席したイトコの母
(ワタシの父の妹。叔母)も
呆れるやら疲れ果てるやらで

「もう一括で払わせてスッパリ切りなさい」

ハラワタ煮えくりかえるだろうし
しばらくは落ち込むだろうけど
完全に縁を断って
自分のこれからの事だけ考えた方が
いいと思うよーと
ワタシも言っときました。
まぁイトコも仕事はしてるんで
経済的には自立できてるし
既にアパートも引っ越したって言うから
あーいいんじゃない?
気分変わるしねー。

「住んでたとこダンナの職場の借り上げだったから
『会社に行ってお前なんか追い出してやる』って…」

・・・・・・。
いちいちガキレベルだわね

「くじらちゃん、色々迷惑かけてごめんね」

いや、わざわざ連絡ありがとうね。
体に気を付けて。

で電話切りました。ふー


でもさぁ…。
[ 続きを読む ]

不吉な不在着信

えー。

三連休の雨が嘘のような
すかっ晴れに誘われて
ツレと近場で呑んできまして。
酒は美味しいし、肴も旨いし
来月に計画してる満月旅の話なんぞも
したりして
ご機嫌でして。

1件目のススキノだけで帰るつもりが
ついつい駅前の2件目行っちゃいまして。
ますますご機嫌でして。

店を出て、さて帰ろかー、となり
あ、全然携帯放置してた~と
バッグに放りこんだままの
スマホを見たらば

『不在着信1件』

あれ、なんだろ。
ワタシの携帯に電話してくる人なんて
そう多くはないはず…って

例のイトコ。

。。。。。。

も、もう遅いから
電話しなくていいよね?


今度は何がどうした?

それでも満員御礼

ツレに大層好評だったので
fc2blog_20130917102133b47.jpg
気を良くして2日連続で焼きましたとさうふ♪

義妹の実家から箱ごと頂いた巨峰は
かなり大きい房が5つ(!)入り。
こりゃあ贅沢だ!って…


あまりブドウを好かないくじら家(笑)


嫌いじゃなございません。ええ。
あれば食べますが
決して進んでは食べないし
当然、自分じゃ買わない。

実はワタシの母方にも愛知在住がいて
毎年実家に巨峰を送ってくれるんですよ。
その都度

母「巨峰来てるけど食べないかい?」

私「食べないからいらない~」

という会話を交わして20年近く…。

なので今回も『食べませんか?』という
問いかけだったら
「ウチは食べないからみんなで分けて」
と答えたんですが、義妹のメールは

『巨峰届いたんで1箱届けます』

…ある意味、問答無用(笑)
後で聞いたら相当な量が来たらしく

義妹「冷蔵庫が巨峰だらけで…

困ってたのね。。。

で、まぁ頂いてきたのはいいけど
そのまま置いといても
間違いなく野菜室で腐らすだけ。
なんとか消費せねば…で
ツレが食べるモノ=お菓子
になった、と。

今はバターが高いから
コストダウンで代わりに
オリーブオイルやサラダ油使ったレシピが
にたくさんあるんですよねー。
ホント、助かるわ。

でもさー。

なんせ5房。
1房は普通に食べ、
ケーキ1個1/2房×2回で1房消費。
残り3房…どうしよう。。。
週末ならお菓子にもできるけど
平日はンなことやってるヒマないし。
だからって週末まで置いといたら
腐る一方だし。。。

悩んで結局、冷凍しましたわ。
皮ごと半分に切って種取って。
このまま食べても
シャーベットみたいで美味しいし
(これならツレも食べる)
かなり甘い巨峰なので
ジューサーにかけてジュースにしても
いいらしい。

おかげ野菜室にも空きスペースが発生…

しかし。

今度は代わりに冷凍庫が満員御礼。
やっぱ早く食べなきゃな…。

満員御礼

連休初日の土曜日は
毎年お世話になっている農家さんへ。

目的は枝豆
知り合いの紹介で伺って
直買いするようになったんですが
もーここの食べたら他のは食べられません。
超絶品!!

もともと大粒な品種だそうで
サヤは膨らんでパンパンの丸々。
食べ応え満点!しかも甘っ!
あ~今年も旨いわぁ~!!

1度に最低5キロは買い込むため
やはり美味しさにハマった両実家に
タップリおすそわけしても
在庫は十分。
小分けで冷凍して1年中楽しんでおります。


で。


今回もしこたま買い込んだので
枝豆大好きな甥っ子姪っ子にも届けよう、と
思ってた所へ

義妹『実家から大量に巨峰送って来たので
   お届けします~今日家にいますか?』

おお!タイムリー!
なんやかんや話してたら
義弟達も姑んトコ行く、って言うんで
向こうで枝豆と巨峰の物々交換をすることに(笑)

義妹『それならお義姉さん達も夕飯一緒に食べません?』

週末はよく姑んとこで
一緒に夕食作って摂ってるんですよね。義弟家。
『子供達も喜ぶからぜひ』と言われ
じゃあ行きますかーと。

夕方、着いてみるとキッチンは戦場。
義妹主導で姑と2人格闘している周りを
元気を持て余した甥っ子姪っ子が走り回り
てんやわんや。
なんか手伝おっか~?

義妹「春巻包んでください~

あーはいはい。

ドンブリに入った具在と
春巻きの皮を渡されたけど
キッチンは一杯で巻く場所がないので
ダイニングテーブルに場所を取り
ひたすら巻く…と
この頃、料理に興味を持った姪っ子がやってきて

姪っ子「おばちゃん何してんの?」

んー春巻き巻いてんの。姫もやる?

姪っ子「やりたい!」


じゃあ手を洗って…
で、こう皮を置いて
具材を皮のここら辺に
このくらいの量置いてー。
でここを持ち上げて両側をこうやって
水を付けてくるっと…。

姫「できた!!!」

…姫様、春巻の四隅から
白滝のヒゲがたくさん生えております(笑)

簡単かなーと思ったけど
子供にはまだ難しかったかなぁ。

1本巻いたら満足した姫は
ツレとサッカーしに行ってしまったので
キッチンの義妹&姑の会話を横で聞きつつ
ひたすら巻き作業…。


義妹「あ、失敗!」

姑「あらら。ま、大丈夫大丈夫」

義妹「すいませーん」

姑「とか言ってワザとやったんじゃないの?」

義妹「違いますよ!」

姑「そうかしら?どうせワタシ(姑)の分だし
  いいかーって思ったんじゃなぁい?」


…あのさ、会話が怖いんだけど


義妹・姑「「(爆笑)」」


農家さんで枝豆買った時
おまけでかぼちゃもいただいたんで
1個持ってったんですよ。
姑と義妹で分けてもらおうと。
硬くて姑の力では切り分けるの無理なんで
義妹が切ってたらしいんですが
なにせ硬いんで
(ワタシも切ったけどホントに硬かった!)
だいぶ大きさにバラつきが出た…ところで
姑の「ワザと(姑の分を)小さく切ったんじゃなぁい?」
になった、と(笑)

くじら家は義妹含め、嫁姑関係良好でございます。
念の為(笑)

で、まぁ3家族集まったおかげで
カボチャに枝豆、巨峰(1箱丸ごと!)と
物々交換の成果山ほどなところへ
農家さんの帰りに寄った道の駅で
山ほど野菜仕入れてきたのもあり
冷蔵庫は満員御礼。
そこへ…

桃2箱連発で到着

ゆうぞら↓と…
fc2blog_2013091710201085f.jpg

川中島↓
fc2blog_201309171020390d2.jpg

しかも届いたのは翌日。
昨日だったら分けられたのに…。

桃もシーズン終盤になると
足が早くなって
のんびり追熟させてられないんですわ。
即冷蔵庫in。

野菜室、もう何も入りません。。。

1日26時間希望。

えーと。

書きたいことは
山程溜まってるんですが
なにせ時間がない!
時間の空く夜は酔っ払ってて
気力がないし(笑)

雨の連休二日めでした@キタノハテ。

昨日も今日も出かけてたんで
疲れ気味…かなぁ。
昼過ぎから台所に立ちっぱなしで
宅呑みの肴を仕込み
六時から呑み始めてました。
おかげさまでへろへろですわ。

あれもこれもしたいし
しなきゃならないし、
でもツレと出かけたら
半日潰れるし。。。で
結局休日も休みにはならない
おばちゃんでございます~。

かなり早いけど、ベッドに入るかな。。。

おやつの時間です♪

義妹の実家(愛知)から
巨峰を山程いただいたので~♪

巨峰と胡桃のタルトケーキ

ほんじゃ、コーヒー淹れて
お茶にしますかのぉ~

残酒感からスタート!

45年前の今日、
北海道日高門別、
地元的に言うトコロの
『かどもんべつ』でワタクシ誕生。

そう。

トゥデイ イズ マイバースデイ!!!

ちなみに北海道には

もんべつ→『門別』『紋別』
しべつ→『標津』『士別』
と、同じ読み方でも全く違う場所が
二箇所あるため

門別→かどもんべつ、日高もんべつ
紋別→いともんべつ、オホーツクもんべつ
標津→ひょっつ
士別→武士べつ

等、他にも色々ありますけど(笑)
区別のためにわざと言い方を変えたり
します…って。

そんな雑学はともかく。

嬉し恥ずかし40折り返し。
この歳でこんな呑み助になるなんざ
想定外中の想定外。。。
ええ、記念すべきバースデイの朝は
夕べツレのおごりで行った
焼酎師匠の店で呑みまくり
残酒感タップリ~からスタート。

ま、昔なら二日酔いで気持ち悪くて
起き上がれなかったでしょうけど
今は平気になりましたからね。
ふっ、成長したな、自分…って
喜ぶトコロじゃないし。

で、三連休なのね。うん。
大通の食フェスやら、窓拭きやら
色々予定はあるんだけど
今日は毎年お世話になってる農家さんに
枝豆を買いに行ってきます。

つか、雨かぁ。
止むのかな?

ちょっとビックリ。

TOKYO食い倒れ記~その2』upしました。


えー。


先日。
帰宅して郵便受けを覗いたら
見慣れた黄色い不在通知がin。
今届くのは桃くらいなんで
あー再配達電話しなきゃ…と
伝票を見てみると

『宅配BOX No.●●●…』

宅配BOX?
っつーことは桃じゃないのか。。。
じゃぁなんだろ?

不在伝票には『差出人:御本人』。
うーん…身に覚えナシ。
ツレ、どっかで焼酎買ったとか?
いや、ないなそれは。

まぁ行きゃ分かるかーと
別棟にある管理棟へ入り宅配BOXへ。

え?

桃じゃん。

思いっきり生もの。
箱にもデカデカと

”なまもの取り扱い注意”

の文字が。
おいおい、宅配BOXに入れんなよ~。

桃のお取り寄せを始めてから10年以上。
実は申込時に『可能なら夜着指定希望』と
毎年書いてるんですが
どうやら可能ではないらしく(笑)
(たぶん備考欄読んでないだけと見ている)
いつも昼間に配送→受け取れず再配達。
なので宅急便の方には
二度手間で悪いなーと
常々思ってはいる…けど
宅配BOXに入れられたのは今回初。

うーん。これは電話で言うべきか?
いやでも初めてだしな。
たまたまかもしんないし。
そもそも自分達で把握してない
「なまもの」が届くことなんて
ほとんどないし。

だからって絶対ないワケじゃないし
ウチみたいに不在がちなトコは
なんかあってからじゃ遅いしな。
やはり一言やんわりと言っておくか…。

宅急便のコールセンターへ電話。
出たねーちゃんは

「申し訳ありません!」

平謝り。

「厳しく指導いたしますので…」

あーはいはい。(←70%引きで聞いてるヤな客)

ああいう部署にいたら
クレーム電話処理なんざしょっ中だろうし
実際、客商売は変に言い訳しないで
ひたすら謝っちまうのが王道だしね。

そんな感じで相手の謝罪も右から左(笑)
こっちも疲れてたから
特にリキ入れずユルい感じで
「お願いしますねー」終了。

でもさ。
コールセンターのねーちゃんに
状況説明したら一瞬絶句してたけど
フツー入れないよね、生もの(笑)

一応、箱開けてチェックしたけど
特に問題なかったから
笑って言えるけど。
もしこれ、旅行かなんかで家空けてて
気付いた時には腐ってた、
なんていう事態だったら…

配達員、ツレからボコだぜぇ

テーマは『焼鳥』

東京食い倒れ記、
できれば連続で
アップしたかったんですが
業務多忙につき今日は無理そうです。

なので今日はちょっこし一言だけ。

今年の満月旅、テーマは

『ザ・焼鳥!』

東北、山陰山陽、四国を回る計画です。

九州、関西、関東は除外。
(九州は単体で年明けにでも…)

おススメだぜぇ!という
焼鳥の情報ございましたら
よろしくお願いいたします~

残りの人生も
煩悩まみれで送ってみせるぜ~!!

二日目。金曜日。

素晴らしい快晴と
素晴らしい暑さの中
キタノハテではまず差さない日傘片手に
サンダルから出た足の甲を
日焼けさせながら
(見事に模様が付いた…)
はるばるランチに向かったのは

小石川。

むせかえる熱気で
融けそうになりながらも
滅多に来ない方向だったので
後楽園と東京Dチラ見しつつ
お店のHP曰く『近道』の公園を横切れば

ミーンミンミンミンミ~ン
ミーンミンミンミンミ~ン
ミーンミンミンミンミ~ン

大合唱。
十分イラッとさせられるのに
力尽きたヤツらの亡骸だの、
力尽きる寸前のヤツらだのが
足元をウロウロ。

注意一秒パリグシャ寸前。

集中力使い果たしました…。

で。

なにゆえこんなとこまで出向いたか?
ツレの知り合いが教えてくれた
「コスパのいいイタリアン」で
ランチを予約していたから。

それがココ
saitake.jpg

ビルの2階にある小さなイタリアン。
初老のご夫婦2人で
切り盛りされているようです。

ランチはコースのみ。
A~Dまで4つあり、メインとカフェ、
サラダ、デザートの組み合わせによって
分かれていて
これだけでも選びやすいなーと思ったんですが
メインのパスタは4種類、
デザートは3種類、
飲み物に至っては20種類近い中から
チョイス可能。スゲー。

しかもね。

サラダからデザートまで
全て普通以上~大盛(笑)
よくある『コースランチ』の量に非ず。
全て1品モノのサイズでございます。
これはかなりコスパいいわ。。。

せっかくだしってんで
サラダ・パスタ・デザート・カフェの
全部アリ。
(プラス300円でスープも付けられた)
に、当然白ワイン1本プリーズ♪

いやーこれがもう!
味・量共にナイスコスパ!
食べ応え満点、味文句なし!
デザートも凝ってるし
カフェに至っては
お店オリジナルのブレンドまである!

ワタシはアイスティーでしたが
ツレが店オリジナルブレンドをオーダー。
「お砂糖とミルクを少し入れるのがおススメです」
というので、普段ブラックのツレも
お任せしてみたんですけど
これが旨かった。。。

どうやら近所のオフィスの
ランチ場所にもなってるらしく
お昼時にはグループが来店されましたが
一番少ないパスタとカフェのコースでも
十分な量。。。
この味でこの量なら、あの価格はお得ですわ~。

クドいようですがナイスコスパ。
これに尽きる店でした。大満足!


この日はこの後
センダギの酒屋に仕入れに行ったり
シッポに耳付いてるおねーちゃんや
ゴスロリ、メイド、巫女さん(!)が
チラシ配ってる電気街を徘徊した後
ホテルで一休み。
気力体力復活させてから
夜ご飯へいざ!

店は『ナカメ』のココ
ifuu.jpg

ifuu2.jpg

創作和食…なのかなぁ。
『予約困難』と聞いてたんですが
なるほど、人気店のようで
5分前に着いたらウチ入れ違いのお客さんが
ちょうどお帰りになられるところ。
1階カウンターが…10席くらい?は
当然満席。
2階にテーブルかお座敷があるようでしたが
やり取りを聞いてる限り
予約でいっぱいだったようで
飛び込みで来店した何組かのお客さんは
全てお断りされてました。

料理は…串にお造り、野菜料理に天ぷらと
どれも可もなく不可もなく美味。
まぁお造りは頂きませんでしたが。
北海道から行って食べるのもねぇ(笑)

全体的に上品にまとまっているお味で
人気店なのも頷けるところなんですが…
おかげさまで日本全国で食べ歩いてるくじら家。
なかでも「創作」の本家みたいな関西グルメを
頂いてる身としては、今一つ物足りなかったですね。
なんかこう、決め手に欠けるというか。
いや、いいお店だと思うんだけど
とりあえずやたらと高いね。
ザ・東京(笑)

¥なせいか経済的な意味での
『大人』しかいなかったんで
居心地良かったけどさ。

芋焼酎は鹿児島のものがあったんですが…

ハラグチシュゾウの『風雷』
コガネシシュゾウの『蘭亭』
ヒガシシュゾウの『克黒』 

…なんか随分マニアックだわね
これは誰か出身者がいるとか
蔵と繋がりがあると見た!(笑)

ぶっちゃけあまり期待せず
湯割りでお願いしましたが
これ、結構美味しかったです。
前日、焼酎呑んでなかったし(笑)

予定ではこの後
昨夜のbarでマッタリ呑んで終わるつもり…


が。


どうもね。不完全燃焼で。
酒が。
なーんかこう、1軒目のこの店が
キレイにまとまり過ぎてて
満足なんだけどなんかなー、という。

で。

キタノハテでよく行くお店の大将が
「ここのホッピーは最高でっせ!」
(大将は関西出身)と太鼓判押してた
新橋のお店へ行ってみることに。
それが…ココ
daito1.jpg

daito2.jpg
リーマンの楽園新橋、の
駅前からちょっと入った小路にある店。

店の前(外)で焼かれている
串の煙をモロに浴びながら
ガタガタのパイプ椅子とテーブルで
ゴキゲンに呑んでいる酔っぱらいオッサン達。

ビニールカーテンをくぐって
店の中へ入れば
これまたパイプ椅子とちっさいテーブル、
カウンター5~6席だけの
お世辞にもキレイとは言えない店内。
に、威勢のいいおっちゃん、にーちゃん達。
壁にはシミの付いたお品書きが
いっぱいに貼られているんですけど
フードはともかく、酒の名前がツウ過ぎて
半分も分からない…


サイコー!!!


これよこれ!
これを求めてたのよこれ!!!

晩御飯の店がちょっと高級感ある
オトナのオシャレな店だったので
麻のワンピなんか着て
ちょっとアダルト気取ってたワタクシ。

パイプ椅子に足組んでドッカリ。
ふ~落ち着くぜ。

さて。
すいませーん!おっちゃん!
ホッピー初心者なんで良く分かんないんですけど
教えてくれますかー???

てんで色々聞きまくって。
おっちゃん、親切に色々教えてくれました。

普通にホッピー頼むと
何やらグラスの半分ほどに
かき氷状の氷とホッピーのボトルがドン!
あれ?キンミヤは?

おっちゃん「その氷がキンミヤです!」

ここの売りがこの「キンシャリ」。
キンミヤを凍らせたかき氷状のものに
ホッピーやシロップ注いで
融かしながら呑むんですよ。
こ~れが旨い!
ワタシが一番気に入ったのは「バイスハイ」。
キンシャリにシソのシロップを
注いだものです。
何杯でも呑めるわ~♪

一番人気が梅のキンシャリ。
これがグラス一杯に入れられた
キンシャリの真ん中に
割り箸で穴を開け
そこに店特製の梅シロップ
(甘いのと甘くないもの2種類ある)を
好みでブレンドしながら注いで
周りのキンシャリを崩しながら呑むというもの。
1人3杯までの限定。

ああ…シアワセ。。。

1軒目からここ来りゃよかったねぇ、と
ツレと意見が一致した店。リピ確実。
このテが好きな方はドストライクですぜ♪

で、超ゴキゲンでホテルへ戻る…
前にやはり昨夜のbarへ寄って
さっくり呑んで帰りましたとさ。

にしてもやっぱ持つべきものは酒友だわね~♪
教えてくれた大将!ありがとう!

今さら感満載ですが…
東京食べ歩きレポ!
自分の記録のためにやっときます(笑)

まず初日。木曜日。

定時まで仕事の後
夜便で東京入り。
新千歳のココで夕飯の豚丼食べてgo!
羽田から電車を乗り継ぎ
日比谷の宿にチェックインしたのは
23:00近く。
さぁさぁ行きまっせ~!!

さすがに暑いぜ!ってことで
まずはbeerでしょbeer!!
ココ
favo1.jpg
銀座のベルギービアパブでございます。
favo2.jpg
2度めなんですけど、来たかった~!!
とにかく!すごい種類と量!
こっちじゃ珍しい生もたくさん!!
キャッシュオンデリバリシステムで
インテリアも本格的。
行くといつも外人さんのグループが
楽しげにスタンディングで呑んでたり
かなりいいカンジのお店です。

あ、ちなみに完全禁煙。
喫煙は店外なのも非喫煙者には嬉しー♪
店がさほど広くないんで
非常に助かりますわ。

まずはかけつけ1杯!ってことで
ツレチョイス↓
jever.jpg
イェバーピルスナー4.9%ドイツビアです。
辛口でかなりガッツリしてますが
後味スッキリ。
オトコのビアってカンジ?

対するワタクシ↓
bellevue.jpg
ベルヴェークリーク5.2%
ツレがオトコのビアなら
ワタシは可愛らしくフルーツビア…って

んなワケない。

単なるミスチョイスです
よくメニューの説明読まないで
「生で見たことないやつ~」だけで選んだら
カウンターで出されたのは
不気味に濃ピンクのビール…嫌な予感…。
一口呑んだら

甘っ!!!

なんじゃこれ!
慌ててメニュー読んで見たら
さくらんぼを漬けこんだビール…って
ンなもん酒に漬けんなよ
『甘酸っぱい呑み口はカクテルのよう…』って
求めてませんから!

ジュースだジュース!ってんで
一気飲みして
(ちゃんと5.2%です。良い子はマネしないでね)
次次!!

2杯め~。ツレチョイス↓
vedett.jpg
ヴェデットエクストラホワイト4.7%
これは割と
そこらの飲食店でも見かけるやつですが
瓶じゃなく生だとなんか違うかなーと
思ったらしい@ツレ。
いやー軽過ぎでしょ、これ。

「…味しない」

1杯めあれの後にこれじゃしないよー。
ヒューガルテン並みだもん、これ。
順番ミスったね~

ワタクシ、満を持しての2杯め↓
guillotine.jpg
ラ・ギロチン8.5%
大好きな大好きなビール。
これを呑みたいがために
この店へ来たと言っても過言ではないくらい
外国産のビールの中ではダントツでございます。

ヨソではなかなかお目にかかれない…というか
ここ以外で見たことないんですよねー。
一度、地元の酒屋に聞いたら
入れることはできるんだけど
数出ない(売れない)し
味の落ちるのが早いから在庫もしておけないんで
入れないんだよねーと言われまして。

旨かった。しみじみ旨かった。
ビールでしみじみもどうよ、と思うけど
東京来て、この店来ないと呑めないしさ。

ボトルのデザイン、変わったね!
いいね!これ!
おそろのグラスもいいよ!
持って帰りたかったよ!
2度と店に来られなくなるの嫌だから
ガマンしたよ!!

コースターも可愛い♪
corster.jpg
そこらにまとめて置いてあって
好きなのを自分で選んで使うんですけど
どれもこれも可愛くて。

いつかこのコースターのビール、
全部呑んでみたいなぁ。
何回店に通えば呑めるかなぁ…。

この後があるので
つまみは軽めに1品だけ↓
sarami.jpg
イベリコ豚のサラミ。

美味しゅうございました~。
名残惜しかったよーギロチン!


そいでもって。


サックリ2軒目。
こちらは普通のbar
musashi.jpg

musa.jpg
くじら家お気に入りの1軒です。

この看板の写真は
店名が見えるとこまで
かなり明るく加工してますが
実際の店の周辺は夜になると薄暗い上に
店自体が地下なので通りに面してるのは
このプレートがかかったドア1枚。
看板なんざ読める読めない以前に
気付けません(笑)
しかも行った時は
ちょうど店の入ってるビルの角で
夜間工事やっててごっちゃごちゃ。
何度も行ったことあるし
そんな複雑なとこでもないのに
久々だったのもあって

「あれ~この辺のはずなんだけど~

2回スルーしてました(笑)

ここはカクテルも美味しいですが
フードがンまい♪
一番好きなのはナンピザ!!
ナンを生地に使ったピザです。
これは激おススメ~。
場所柄¥多少お高めですが
店内はいつも仕事帰りのビジネスマン…
というよりリーマンさん達で
大層賑わっております。

なにせ初日はスタートが遅かったので
無理せず2軒で〆ようね…って

ツレ「ラーメン食べてかない?」

…普段ならこの時間に
絶対食べたりしないんですよ。ええ。
でもさー夕飯豚丼だけだったしー。
呑むばっかりであんま食べてないしー。
せっかく東京にいるんだしいいかなー。

とか自分に言い訳しながら
ココ
shiomaru.jpg
銀座です。
店名通りの塩ラーメンのみで
サイズやトッピングで選ぶカンジでした。

カタ麺でお願いしたんですけど
なかなか美味しかったです。ええ。
東京でラーメンったら「じゃんがら」以外
あんま好きなとこなかったんですが
これはいいかもなー。

ここでようやく〆。
この時点で午前3時でした(爆)
充実してたなー。


そうそう。
大好物のベルギービア”ラ・ギロチン”。
店のメニューにはただ一言

『油断してると落とされますよ?』

あー楽しい。
フフフフ…

12年&2年半です。

明け方、テレビから流れる衝撃的な映像で
一気に目が覚めた12年前。

「これマジ映像?」と
口々に言いながら
全てが流されていく様を
テレビで同僚達と観ていた2年半前。

何事もなくフツーに日々
生きてるだけで
十分ラッキーなんです。ええ。
そんなん十分分かってる…


んですがーーー。


常に『それ以上』を望むのも
ヒトとして当たり前な事。

煩悩まみれのくじらさんは
せめて今日だけでも
旨い肴で旨い酒を呑み
楽しく騒げる幸せを噛みしめながら…

呑みます

ワタシなりに、合掌。

さすがに力が及びませぬ。

週末、姑に会うなり

姑「日程決まったら飛行機(の手配)よろしくね」

来月、毎年恒例の新潟帰省をするそうな。
便決めたら連絡ちょうだいねー、
と言ったら

「できたら今度は階段のない飛行機にしてね♪」

…いやお義母様?
それはワタシ達の力ではどうにも。。。
新千歳空港改築改修工事レベルのお話です

仕方ないっちゃーないんですけどね。
新千歳~新潟便は利用客が少ないから
便数も少ないし利用客も少ない。
イコール機体も小さいんで
まず駐機場が離れてる→搭乗バス移動。

これがねぇ。

去年、一緒に行った時も
そうだったんですけど
バス乗り場(駐機場・滑走路)は当然下。
結構な長さの階段降りなきゃならないんですよ。
そりゃ車いすや杖のお世話になってないし
自力で十分歩けますが
ヒザは年相応に悪い上、
足、特に関節を傷めたことのある方なら
お分かりでしょうが
上りより下りの方が辛いんですよね。

優先搭乗で先に入ったのに
ゆっくり1段ずつ降りなきゃならないから
結局、一般搭乗に追いつかれて
バスも座れなくなる寸前。
ようやく飛行機の下まで来たかと思ったら
今度はタラップが待ってるし。
これを乗る時と降りる時の2回やるのは
かなり体の負担になるんですよねー。

大小問わず各航空会社とも
シニアには手厚いサポートを
色々設けてくれているので
座席指定の際、通路側が空いてなくても
(トイレが近い。立ちあがる→歩き出しが大変)
『シニアプライオリティー』の類を利用すれば
大抵取れるし
後方席しか空いてなくても
搭乗手続きに使うQRコードの紙に
『当日空きがあればお願いします』
と一筆書いておけば
地上係員が可能な限り前方席を
手配してくれる。

ただーーーー。

滑走路への上り下りだけはどうにも(笑)
そういやあの場合、
車椅子や松葉杖の方とかは
どうしてるんだろ???
一度問い合わせてみようかなぁ。

ちょこっとおちゃけばなし13

朝から連発で酒話かい!
と言う声が聞こえてきそうですが…
溜めるとアップが大変なんでねー。
特におちゃけばなし関係はさ。

妙なブレンド酒を作ってしまった
前書の焼酎barで思いがけず呑めたこの3つ。
スキシュゾウさんの『ヤマジシ
yamajishi.jpg

そして『ヤマビコ』と『アマエンボウ
suki2.jpg
ようやく呑めたよ~。

今までスキさんの置いてたっけ?と
ママに聞いてみたらば…
もともとママが個人的に好きで
家には常に買い置きしてたんだそうな。
だけど

「雑誌に出ちゃったでしょ~しかも上位で(笑)」

もともとこっちでは
取り扱い店が少ない蔵なので
ママがいつも買ってた店にも
問い合わせの電話が多かったそうな。

「いきなり売れ出してさ~メイワク!」

…店に置く酒じゃなく
自分が好きな酒だからねぇ。。。
メイワク以外の何もんでもないよな(笑)

で、一気に買い込んで
自宅にしまいこんでたんだけど
あまりに買いすぎたので
ちょっと店に出す気になった…って
なんだそりゃ
まぁおかげでワタシも
御相伴に与れたわけですけどねー。

感想は…
ヤマジシはガッツリ系ですな。
旨し。
どっちかっつーと甘みのあんばいが
ツレ好みかな。
なかなか「呑ませる」ガッツリ感でございました。

アマエンボウは…いや、これパス(笑)
上手い言い方が見つかりませんが
角なさ過ぎです。
も少し引っかかるなんかが欲しい。

そして雑誌で1位だったヤマビコ…

大パス。

大””好み。
なんで1位なんだろ。
今流行りの『スッキリ呑みやすい』酒?
ふーん。

とりあえず。

【業務連絡】
センパイ。
呑みたい呑みたいと思ってた
センパイ一押しの
スキさんヤマジシが呑めました。
残すはセンパイ一押しのアイツだけ。
これからのようですな。
酒パワーで出会いを手繰り寄せてみせますぞ。

レア酒もカタナシ!

日曜日は自主的休肝日でした。

休日の夜ですから
大抵、マエノメリで呑むとこなんですけど
たまーにあるんですよ、ええ。
こういう『呑む気になれない日』が。

そんなノンアルコールな夕食は
なーんか変なカンジ。
サックリ食べてとっとと片付けるので
全てがテキパキ進むしカラダもラク、
余った時間でアイロンがけや
洗濯ものの片付け、家計簿の整理なんかして
ベッドへ入れば疲れから爆睡…

なんて充実かつ健康的なのかしら

こういう生活をしていれば
家事もスムーズ、生活リズムもバッチシ!
…な代わりに呑めないストレスで
ヨソが病みそうだわな~。


さて。


今月来月は、普段通ってるお店に
周年祝いが多し。
最近足が遠のき気味だった外呑みも
祝い酒片手に増える季節でございます。

月曜はとりあえず2軒。

まず1軒目は若夫婦2人で切り盛りしてる
焼鳥屋。
くじら家にとって
『全ての焼鳥はこの店から始まる』店。
東京、大阪、福岡、宮崎、鹿児島、
どこの焼鳥屋へ行っても
常に比較対象はこのお店、ってくらい
お気に入りでございます。
しかもね~焼酎も濃い目タップリ♪
串の焼き加減も大きさも好みだし
言う事なし!

今年の祝い酒はサツマヂャヤ。
ウチ、ムラオよりこっちの方が好きなんですわ。
こちらでは手に入りにくい酒なので
喜んでいただけました。

色々話してたら、奥様曰く
「ウチは焼酎の好みが
 くじらさん達と同じ方向なんですよね~」
ほぉ♪それは嬉しいお言葉♪ってんで
そこから店に置いてある酒談議に
花が咲いたんですが…

イサミって最近味違わない?
美味しくなくなったような気がして
仕方ないんだよねー。

と言ったらば


大将「そうなんですよ!」
奥様「美味しくないねーって話してて(笑)」

あーやっぱそう思うよね~。


でもお店には置いてあるんですよ。
ネームバリューある酒だし
人気もあるからってんで
大将が見つけて仕入れたらしいんですけど…

大将「美味しくないから買わなきゃよかった、って」
奥様「(置き場所確保で)早く無くせ!って(笑)」
大将「なんでもいいから焼酎、っていう人には
   早く無くせ無くせ~って
   優先的にイサミ出してます(笑)」


爆笑


ある意味贅沢…なのか?
いや、ウチらなら迷惑なだけだけど
他にお客さんいなかったからできる
ぶっちゃけ話ですな(笑)

途中から、やはり周年祝い兼ねた
他の常連さんも次々やってきて
店は大盛況。
サクッと美味しく食べて呑んで
おいとまいたしました。


で、2軒目。
祝い酒のハチマン抱えて向かった
こちらは焼酎bar。
いつもの焼酎師匠の店に比べると
ややお高めなんですが
(ススキノど真ん中だし)
地元酒からレア酒まで置いてあるため
マニアが集まるお店です。

店に入るなりママ。

「あ~!!ちょうどいいところへ!!!」

…な、なんですかいな?

「実はね…」

と目の前にドン!一升瓶。
ん?ミヤヂクリアヅマ?
ジュンペーくんとこのでしょ。
これがどうかした?

「…」くるっと瓶を裏返すと
裏にはママが貼ったらしい
『トウジジュンペイ』のラベルが。
どういうこと???

「いや~やっちゃってさぁぁぁ(笑)」

空き一升瓶が出たので
ジュンペイの前割を作ろうとしたんだそうです。
ところが寝不足で疲れてたママ、
なぜか隣にあったミヤヂの一升瓶
(中身半分以上入ってた)に
ジュンペイをドボドボドボ…ん?


ぎゃあああ!!!!!


「…悲鳴あげました


大爆笑


ミヤヂはこっちじゃ手に入りにくい
レア酒だからねぇ~。

で、まぁ不本意ながら
ミヤヂとジュンペイのブレンド酒が
できてしまった、ということで…。

「試飲よろしく♪」

…カモが来たというワケですか(笑)

同じ蔵の酒でも当然味は違うわけですから
それをブレンドしちまったらどうなるか…。
恐る恐るストレートで呑んでみたところ。。。

あ、そんなにおかしくはない。

やっぱね。種類はどうあれ
元は「芋」ですからそんなに反発しないのかな。
ただ。
あくまでシロウトの私的感想ですが

最初の口当たりはジュンペイ、
口に含むとミヤヂ、
後味はどことなくジュンペイっぽいんだけど
残る風味はミヤヂ…。
要するにほとんどミヤヂの味なんだけど
後ろからこっそりジュンペイが見え隠れする、

どっちに振ればいいんだよ

な、ちょっとイラッとさせられる
ブレンド酒(笑)

あんまり呑んだことのない人に
コッソリ呑ますか、
両方呑んで味知ってる人に
シャレで呑ますしかなさそうな…

「冬にジュンペイさん来た時、呑ませてみるわ!」

面白い…けど
作った杜氏に呑ませるのも
勇気がいるよなぁ

after seven years

そんなワケで。

朝晩すっかり涼し過ぎるくらいになり
窓を開けると肌寒いキタノハテです。

昨日、大物を洗濯したので
試しに外干ししてみたんですが
もうダメですねぇ。着る物の外干しは。
水分は飛んで一応乾いてるのに
妙に湿気り感が残るんで
結局部屋干しか乾燥機の二度手間ですわ。


さて。


夕飯後~寝るまでのフリータイム、
今までなんとなくツレとワタシ、
それぞれ別々の部屋で過ごしてたんですが
どうせワタシ=スマホorノパソ、
ツレ=iPadいじってるんだからってんで
ワタシが早めに家事を切り上げ
ツレのいる部屋=寝室へ
引き上げるようにしたんですよ。
別々の部屋でいつまでも起きてると
電気もったいないし
電気代上がるし(笑)

そしたらば。

夏から体調崩してたのもあって
寝るのがだんだん早くなり
最近では午前0時まで
起きていられない状態。。。
昨夜は土曜日だからと
早めに宅呑みスタートさせたせいもあり
22時半過ぎには二人とも爆睡(笑)
これじゃホントに年寄りだっつーの

夜のうちに来てたメールにも
朝方届いた速報にも全く気づかず。
枕元にスマホ置いて寝てんのにこれじゃ…
有事の際には使えませんわ。

おかげで今朝は
午前5時には目が覚めてしまい
かといって起きてもすることないので
スマホ見ながらベッドでダラダラ。
なんだかなぁ。

で、決まったの?そう。
おめでとうございます。
誘致に動いていた方々や選手の方々、
お疲れさまでした。
よかったですね。

まー大層なゼニはかかるようですが
それこそ『お金で買えない価値がある』の
プライスレスってやつなのは
あまり興味のないワタシにも理解はできます。
すいませんねー冷めてて(笑)
観れば面白いとは思うんですが
そもそもテレビ自体、
あまりかぶりつく方じゃないので。

あ、そうそう。
doc●moがあいぽん販売へ
この秋踏み切るとか切らないとか。
まだ正式発表ではないようですが
時期はともかく、今度は本当かな、と
ワタシは勝手に思っとりますが。

もともとずっとdo●omoユーザーで
変える気のなかったワタシが変えた原因が
『スマホ』でしたから
待ってました!なのかと聞かれたんですが…

う~ん。

遅いよね、うん。遅すぎ。
もうさ、速攻ソフバで馴染んじゃって
ツレのdoc●moガラケー、
1年で使い方忘れたしさ。
料金プラン複雑すぎて
もともと分かってなかったけど
ソフバ、あんまりシンプル&分かりやす過ぎで
今さら頭悩ますもの嫌だし。

よっぽど魅力的なプランや『何か』があれば
再乗り換えもやぶさかではございませんが
それがないなら今のまま、かなぁ。
だいぶ電波エリアもまともになったし(笑)
たーだ最近、SMSの遅延がひどい。
朝送ったメール、昼休みに『今着いた』とか
ザラにあるし。
ま、ワタシのあいぽん自体の問題かもしれんけど。

そいでもって日曜日。
お天気は…いいようです。
昨日は腰痛がひどかったのもあり
一日家のことしてましたが
今日はお出かけ。
姑と郊外の友人の家まで送迎です。
もうね、70オーバーの姑の友人ともなると
みんな揃って高齢で
あんだけバリバリ出かけてた人が
「足悪くして一人で外出できなくなった」
とか、多いんですよ。
毎年、誰か彼か欠けてゆくしね。
姑もちょっとヒザ悪いとはいえ
まだ自力で出かけられる程度だし
かといって今日伺うお宅は郊外過ぎて
1人で往復はちょっと…ということで。
会えるうちに会っておいた方が、
なんてお互い考える年齢なんですよね…。


にしても。


7年後か…。
ワタシいくつよ?
それまでこのブログやって…

たらすごいよな(笑)

色々おはぎ

毎月7日は『六花亭おやつ屋さん』。
今月は…

おはぎでした。

おはぎ自体は家でも作りますが、
やはりそこはプロの商品。
色んなお味の詰め合わせ~。

写真左上から時計回りに

・新生姜(中に黒糖餡)
・小倉餡
・さつまいも
・青えんどう
・栗(こし餡に栗入り)

1箱だと先に食べるツレに
目ぼしいのを取られてしまい
小豆餡が1個も口に入らないことも
珍しくないので、今回は2箱買い。
ゆっくり食べられましたわ。

おはぎかぁ…。
キタノハテはすっかり秋ですわよー。

お初の『黄金桃』

昨日届いた桃第三便。

『黄金桃』です。

全5回中、いつもなら3回めは『暁星』。
しかし東京遠征にぶつかると受け取れないからと
電話で聞いてみたら案の定ビンゴ。
で、配達をズラしてもらったら旬もズレ(笑)
代わりに来たのがお初のコヤツでした。

『黄金』ってくらいだから
黄色い桃の実なのかなぁ…と
ワクワクしながら届いた箱を開けたらば
いつもと変わらない桃の実。
そりゃ多少黄色がかってるけど
こんなもんなのかぁ、と
皮を剥いてみたらば!


黄色いやんけ!(笑)

マンゴー並みの黄色さ。
缶詰じゃない。生の『黄桃』でした。
すげー。

どういう交配でこうなったのか
詳しくは知りませんが
見るからに甘そうな見た目そのままに
とにかく甘い。
この次の回に届く『川中島』という
ツレが一番好きな品種が
一番甘い桃だと思ってましたが
また違う甘さですわ。

甘い桃は追熟も早めなような気がします。
またコイツはやっかいなことに
香りを放たず
コッソリ熟してやがるタイプらしくて
油断大敵。
とっとと戴いちゃうことにしたしますわ。

桃も残り後2回。
ここへきてようやく請求書が届いたという(笑)
いや、長い付き合いだから
信用してくれてるのかもしれないけど
タダ食いしてるようで落ち着かないので
できれば来年は前払いか
せめて第1回目の桃と一緒に
請求書、同封してくださいませ(笑)

口座変遷

先日、ちょいと探し物で
『マイ貴重品入れ』
(通帳とかハンコとか年金手帳とか(笑))
をゴソゴソやってたら
旧姓で名前の書かれた昔の通帳とカードが
ゴッソリ出て来ました。
どーせ大して入ってない(2ケタか3ケタ)からと
放置したままだったんですよねー。

日付によると
平成元年~3年の頭ぐらいまでのモノ。
入社が平成元年。そして。。。

バブルスタート。

『残業手当いらないから自由時間が欲しい!』
と切に願っていたあの頃の通帳です。
中を見ると、まだペーペーな時期なので
残業手当がたんまりついてたことを
差し引いて考えてもお給料は安め。

しかし。

6月の夏ボー、12月の冬ボー。
そして8月の寒冷地手当の額が。


うっひょ~ぉぉぉぉ!


な数字ズラズラ。
寒冷地手当、今は扶養家族の有無で
金額が2種類に設定されていますが
当時は『基本給×α』だったから
実家暮らしのワタシにしてみると
第3のボーナス感覚。
こんなにもらってたんだ…。
今、この頃より多いのって
基本給だけじゃないだろうか。。。

当時既に付き合っていたツレとの
結婚を見据えてか
やたらと天引きで貯金していたこの頃。
少しヘソクリでとっときゃよかったなぁ。


遡ることウン十年前。


生まれて初めて自分の力でお金を稼ぐ
『アルバイト』というものを始めた時
これまた生まれて初めて
自分で口座を開いたのが
後に経営破綻した地元都市銀、
通称『たくぎん』でした。

当時、こっちで『銀行』と言えば
たくぎんが暗黙の了解だったくらい
根付いていた銀行。
ATMも多かったし口座振替等の手続きでも
非常に便利だったんですが…
就職し、遊びに出る機会が増えると
道外にATMはないわ、
提携している都市銀は少ないわ、
コンビニATMなんざ陰も形もない時代だわ、
父親の遺言でクレジットカードを持ってないわ、
だったワタクシにとって
(40過ぎて初めて作った…)
不便極まりナシな状態に。

これはなんとかせねば、と
人生二度目のメインバンクと決めたのが
富士銀行(現みずほ銀行)。
ぶっちゃけ『アヒルのペックルくん』の
キャラ付きカード&通帳に
惹かれたんですけど(笑)


支払い等もスッキリと一本化…と思いきや。
まだ『銀行』と言えば
たくぎん、道銀(北海道銀行)が
2大バンクだった時代に
「富士銀行?ですか?」と
手続き時、訝られる&不便な個所多々。
ハードル高かった…。
で、仕方なくたくぎん口座と併用。
ところが今度は。

たくぎん経営破綻。

おいおい、ってなもんですよ(笑)
銀行が潰れるなんざ
予想もしてませんでしたから。

人生三度目のメインバンク変更、が
今も使っている北海道銀行。
時代は進み、便利になったおかげで
もう変えることはないなーと
思っていた。。。


んですけどね。


18時過ぎると手数料。
土日は終日手数料。
当たり前のこれが結構。。。
会社はド中心部だけど一番近いATMは駅前。
17時半きっかりに退社、というワケには
いかないことが多いので
間に合わないことが多いんですよ。
金曜日だったりした日にゃーサイアクです。
ひもじい週末確定。
かといって手数料払うの嫌だし(笑)

ツレのメインバンク(ワタシとは違う銀行)は
平日18時以降の手数料はかかるけど
土曜日でもお昼過ぎくらいまでなら
おろすのに手数料かからないんですよね。
だから、ATM間に合わなくて
おサイフ空の週末を送るハメになるたび
「(銀行)変えたら?」って
言われたんですけど
携帯に生命保険、カードにネット…etcの
手続き考えるとめんどくさくて
そのままなァなァでやってきたんですが。。。

このお盆休みの1日を使って
新しい口座開設。
恐らくこれが最後の口座開設になるだろう、
(つか、そうであって欲しい)
その先は!

ゆうちょ

…ま、そうなりますわな(笑)
北は稚内、南は沖縄父島母島宮古島に
えーと…とにかく国内どこ行っても
必ず店舗があって
もちろんコンビニATMもOK。
しかも土日だろうが何時だろうが手数料タダ!
(コンビニATMは手数料かかんの?)
にも関わらず
なぜ今まで使っていなかったのかと言うと。。。

なんの事はない。
会社の給与振込先にできなかったから(笑)

そう。できなかったんですよ。
『郵便局はちょっと…』って。
理由?
何度も聞きましたがハッキリした回答は頂けず。
でもね。分かってます。理由。なんでか。

『手続きが面倒だから』

これですよ。まず間違いない。
なんせ当時の経理は『2年後x-day』
やりたい放題だったアノ女。
こんなのフツーの顔してやってましたからね。

大人事異動(ワタシもとばっちり食った)で
ヤツが経理から追われ
新しく経理になったのは
ごくごくフツーにマトモな同僚。
それを思い出して聞いてみたんですわ。
「できる?」と。したらば

「あーできるようにしましたよ(笑)」

…やっぱし(苦笑)

そんなワケで盆休み使って
新しく口座を開き
会社には所定の書類を提出。
さーじゃぁ引き落としされている
各種料金の手続き方法を、と
HPで調べてみましたらば…
やはり時代は進んでいましたわ~。
キャッシュカードにネットで
¥のやりとりができる機能をつければ
HPで口座変更の手続きができるのか!
スゲー。

ま、しませんが(笑)
どーもね、頭が古いのか
ネットショッピングもそうなんですけど
ウェブ上でお金を動かすのって
いまだに抵抗あるんですよ。
せいぜい飛行機と芝居のチケット手配の時
サイト上でカード決済するくらい。
なもんでフツーに申し込んで
書類を送ってもらい
記入して返送、という作業を
1つ1つやっとります。

そういやゆうちょで口座開く時
てっきり昔からある緑を基調にした
あのデザイン系かと思いきや
4種類(?)くらいから選べたんですよ。
ピンクの可愛いのあったんで
せめて通帳くらいピンクにすっかー、と
それにしたんですけど
送られてきたカードはあの緑のデザイン系。
お揃いじゃないのかー。
ちょっとガッカリ(笑)

作業中なう。

お腹空いた。。。
たがしかし!
ここでおやつを食べては負けよっ!

紅茶(もちろんノンシュガー)で
空腹を誤魔化しながら
自分を励ますおやつ時…。

ただいま16:30。
バリバリ仕事中です。ええ。
といってもサボってるわけじゃ~
ございませぬ。
レッキとした仕事で
現在、大量&大容量のデータDVDを
焼いてる最中でして
待ち時間がやたらと発生なう。
目の前ではPCが一生懸命書き込み中なため
これもスマホで打っとりますです。

今日のアップ分、
昼休みに書きかけてたんですが
続きをスマホで打つのはキツいので
またいずれ。。。

あー都合二日休肝日完遂!
今日は呑むよ~

旅行がらみの『ムシ』その2.

始めにお断りしておきますが
決して気持ちのいい話ではございません。
むしろ鳥肌ボツボツもん。
そのテの話が嫌な方はここで回れ右!を
激推奨いたします。

シタ


シタ


シタ


シタ


シタ


ま、最初にオチ言っちゃいますと
今回の東京滞在中、
生ゴミから虫が湧いた、と。

以下、詳細説明に入りますんで
この時点で『うわ!さぶいぼ~!』
という方は回れ右ですよ~。


とか言いながら追記機能を使わないワタシ♪


火曜と金曜が生ごみの日なんですよ。
なのに今回の出発は木曜の夜の便。
火曜の夜~木曜の朝までの生ごみは
ごみ箱で寝かせたまま
家を空けなきゃならなかったんですよね。

旅行の多いくじら家ですが
ツレはともかく、ワタシが毎度
地味ィに気になるのは
『ごみの日との日程』。
冬に暖房なしでも
常にある程度暖かいマンションな上
今の季節、涼しくなってきたとはいえ
閉め切ると室温はそれなりに上がるし
誰も開けることなく閉め切りのごみ箱内は
さらに上昇気味。
今までにもこのパターンが
なかったワケじゃないんですが
その都度、なるべく生もの(肉・魚)のゴミが
出ないよう、献立に気をつけたり
海外旅行に行ってた頃は
実家に持ってって頼んだりしたことも。

でね。

今回は旅行前の外食を極力避けた、
イコール自宅で夕食作ってた、のと
体調がいまいち+仕事が詰まってて
思考力の低下していたワタシが

前々日(火曜日)の夕食=チキン南蛮
(鶏肉の皮がゴミに出る)
前日(水曜日)の夕食=ブリとねぎの照り煮
(ブリのアラ&皮がゴミに出る)

…という暴挙をやらかしちまいまして

いや、一応「マズイかなこれ」ってのは
思ったんですよ。

なので。

まず、ゴミをビニール袋に入れ
キッチン●イターをひと垂らししてから
キッチリ口を結び
さらに使用済のジッ●ロックに入れ
中に除菌スプレーをしてから
すばやくしっかりジップ。
それらをやはり使用済のジップ●ック
大サイズのものにまとめて入れ
再度除菌スプレーをしてから
がっちりジップ。

したものをようやくゴミ箱in。

さらにさらに。

出発日の木曜は
定時まで仕事をした後
一度帰宅して着替えてから
ツレと車で空港へ向かったので
その時に生ごみ箱そのものに
たっぷり除菌スプレー。


にも関わらず出やがった
小バエ一族。



大した生命力ですわ…。


土曜の夜遅くに帰宅したんですが
羽田で軽く食べてきてたから
ちょっと呑もか、となり
台所で晩酌の準備してたんですよね。
そしたらなーんか小さい虫が
やたら視界をチラチラと横切りやがる。

マンションってのは
虫の発生率が低い建物ですが
ワタシ、掃除の時や寝室片付ける毎朝、
必ず窓全開にするんで
網戸しててもたまーに入ってるんですよ。
で、それだろう、と思って
チャンスの時に1匹潰し、2匹潰し…


多過ぎね?


ここで嫌な予感。。。
ツレも気づいて
「なんかちっさい虫飛んでるなー」

留守中になんか腐っちゃったんじゃないの?
と言われ、冷蔵庫チェック…するまでもなく
季節柄、冷蔵庫とはいえ危ないかなと
出かける前に目ぼしい食材は食べ切ったため
中はほぼ空。
冷凍庫…のものから虫出たなら
それはもう、買い替えろ、だし。
(一応見たけど全部ガチガチに凍ってた)

忘れがちな切換室も空っぽだし
シンク下の根野菜もなんともない…

となると。

考えられるのは生ごみだけ。

恐る恐るペダルを踏んで
生ごみの蓋を開けてみる…と!


ブ~ン

ブ~ン

ブ~ン


はい、ビンゴ。
ものすごちっさいけど
確かに何かが飛び立ちました…。

あれだけ色々薬入れて
何重にも密封してるのに
まだ出るのか!!!

この時点で次のごみの日である火曜日まで
丸2日間。
たった2日…だけど、そのたった2日で
手を打ったにも関わらず
虫が出たわけだから
放置しておくと更に家の中を飛ぶものが…


ひぇぇぇ(←大の虫嫌い)


応急処置をしなくては!と
ごみ箱の中に入れてる
市指定の黄色いごみ袋の中に
キッ●ンハイターを垂らし
口をガッチリ縛った上から
普通の半透明ごみ袋をかぶせて
白く煙って中が見えなくなるまで
除菌スプレー充填。
ガッチガッチに口を縛ったら
ごみ箱の中に戻し
さらにトドメの除菌スプレーかけまくって
蓋を閉め

「次のごみの日まで開けない!」

…2日間に出たごみは
その都度小さなビニール袋に入れ
生ごみ用のごみ箱と並べて置いてある
プラごみ用のごみ箱の中を2つに仕切り
(できるようになってる)そちらへ。

応急処置が多少は功を奏したのか
翌日の日曜、翌々日の月曜と
小バエは見かけるものの時々だけ。
一安心したんですが…
これ、ごみの日に蓋開けるの怖いぞ。。。


そしてやってきたx-day。
待ちかねた、恐怖の燃えるゴミの日
火曜日の朝。


出がけにごみを出すので
いつもは玄関に置いて
それから身支度するんですが
その間に小バエ放逐すんのも叶わんし
いきなり台所でごみ箱開けて
家の中に虫を放つのもカンベン。

で。

とりあえず身支度終了。
バッグも鍵も玄関に出し
靴も用意して後は出かけるだけにスタンバイ。
その後、サンダルをベランダに出して
新聞紙を1枚敷き
まずはプラごみ箱に間借りしていた
小分け生ごみをベランダへ。
それから大本命の生ごみ箱を
蓋を押さえつつベランダまで運び
しっかり窓を閉めてから
思い切ってフタopen!


ブ~ン


可能な限り後ずさっていたワタシ
(ペダル踏んでるから限界がある)を
あざ笑うかのように
見える範囲で飛び立ったのは1匹程度。

これは…袋の中をうじゃうじゃ飛んでるとか…

最悪な場面を思い浮かべつつ
中を覗いたけど
半透明のごみ袋の中を
飛び回るものは見あたらず。

あれ?
もしかして思ったより
ハイター&スプレー攻撃効いてた???

ちょっと安心。
じゃ、とっとと小分けごみとこの半透明袋、
指定袋の中に押し込んで捨てなきゃ!
ガッチリ縛った半透明の袋の口を解いて
中の黄色い袋を取り出…


ん?


米ぬか状の粉が中に見える…けど
あれ、精米したっけか?
(くじら家は玄米購入、自宅で精米)
見ながら黄色い袋の口を解いてた手が
次の瞬間凍りつく。


動いてる!!!


…そう。
米ぬかそっくりの小さな粉のような粒々が
よく見ると中でモゾモゾと
這い回ってる…ということは。


コイツら小バエの元?!


あれだけ薬剤撒かれ、密封されても
確実に順調に繁殖していたヤツら…。
しかし、しかしこの黄色い袋でなければ
ごみを回収してもらえない!
それには一度袋を開けなければ!!

…震える手で袋を開け
すばやく中に他のごみ袋を押しこみ
爪先でつまみなから口を縛る。
空になったごみ箱を台所に戻し
敷いていた新聞紙とサンダルを
それぞれ戻したらバックを肩にかけ
小バエの元ギッシリのごみ袋を
指先でつまんで持ち、どこにも置かず
そのままごみ捨て場へ直行。
無事捨てた後、会社までずっと
キレイ●レイのティッシュで
手を拭きながら歩きましたとさ…。

その晩。

帰宅したツレのひと言。

「ごみ箱の中に卵産んでるかもしれないから
 2~3日スプレーしといた方が良くね?」


うわぁぁぁぁ。
やめてぇぇぇ。
言わないでぇぇぇぇ。
考えたくないぃぃぃ!!!



NEW!