無音 ノ ススメ

日本全国お暑い日が続いてるようですが
皆様ご無事でいらっさいますか~。

キタノハテも日中は
連日、30度辺りを行ったりきたりして…
いるらしいです。

…会社から出ないんでわからんのですわ。

今日は32度だかまでいったとかいかないとか。
しかし夜になって風が出てきたため
窓を開けると涼しい風が~♪
ただいまくじら家、照明を可能な限り消して
家中の窓を開け放ち中(笑)
ああ~いい風~♪♪♪
エアコンいらんぜよ。


*********************************


誰でも「うがい」はしますよね。
ゴロゴロゴロゴロ…っていう、あの「うがい」。
あれ、声出します?
「あ゛~ぁぁぁぁぁぁ」みたいに(笑)
ワタシの場合、家だと出しますけど
それ以外、例えば会社とかで
歯磨きのついでにする時は
声を出さずにゴロゴロします。
なんていうか…息だけ喉から吐く、とでもいうか。
水音だけが聞こえるカンジ。

会社のトイレで歯磨きしている
他テナントの女性社員を見ても
やはりみなさん「無音」派(笑)
ちょっと人前で「あ゛~ぁぁぁぁぁ」は
恥ずかしいというか…。

でね。

今日の夕方、会社のおトイレに行ったら
他テナントの方(社名入りストラップ付けてた)が
まさに今、うがいをしようとしているところ。

細いヒールにスレンダーなワンピ。
髪はシニヨンにまとめ、
耳には小さなピアス。
スタイルいい人だなぁ、と
横目で鏡に映る顔を確認したらば

…ゲッ。美人。

いわゆる「デキるオンナ」の実体化で
かつ「美人」。
へーこんな人あそこのテナントにいるんだぁ、
(やたらと派遣の多い会社なのでよくわからない)
と関心しつつ個室に入り
鍵を閉め…たその時。

「ゴーロオエゴロオエゴロオエゴロオエ~」

低い声でオッサンのうがい音が。

…何?
今トイレにはワタシとあの美人しかいないはず。
あんな美人がこんなオッサンうがい音出すはずがない!
あ、そうか。隣の男子トイレの声が聞こえてるんだ。
ったく。こんなん聞かすなや!

と思ってる間にもまた

「ゴーロオエゴロオエゴロオエゴロオエ~」

・・・・・。

「ゴーロオエゴロオエゴロオエゴロオエ~」

・・・・・。

「ゴーロオエゴロオエゴロエ。。。カァ~~ッッッペッ!」


・・・・・・・・・・。


聞こえてくる。つか聞こえ過ぎ。
うすうす感づきながら
個室から出たワタシの目の前で
「デキるオンナ」を実体化したような「美人」が


「カァ~~~ッッッ!ペッッッッ!!」


を繰り返しておりました。。。
喉の調子が悪かったらしく
かなりしつこくやってましたけど
もう少しなんとかした方が。

…心から思いました。。。



可愛いクシャミのできる人っていいなぁ。
スポンサーサイト

※写真は全てクリックで大きくなります。


7/17
昼食は『RESTAURANT CYRANO』(シラノ)
009lunch_1.jpg
今回参加したツアーに付いてる食事は
終日移動(機内食)の初日・最終日を覗くと
昼3回、夜4回。
後は自由行動内の昼食2回、夜1回。

参加した旅行会社~ぶっちゃけルックJTB(笑)には
添乗員や社員スタッフその他が独自の観点から
飲食店を評価した
G(グルメマーク)というのがあり
(独自ミシュランの星みたいなもん)
最高ランクはGGG(星みっつっ!ね)。
で、今回のツアーのウリってーのが
『食事がGGGランクの店』。

これがどこもオサレな店ばっか(笑)
まぁ外国ですから地元民に交じって
酒を酌み交わしながら騒ぐ
居酒屋的な店はちょっと無理でしょうけど
基本、店のキレイ汚いは二の次で
酒と肴が旨いかどうか、がポイントの
くじら家としましては、ちょっと窮屈かな、と。
もともとそれで(ツアーを)決めたわけじゃなく
行きたいところを全部網羅してたのが
ここだった、ってだけなんで。
それなりのドレスコード
(スマートカジュアル程度だけど)が
昼も夜も付いてきちゃうから
オンナは服だけじゃなく靴だのバッグだのも
持ってかなきゃならないしさぁ。

だけど確かにどこも美味しい店でした。ええ。
そのおかげかくじら家、最終日まで
日本食が恋しいと思うことは一度もナシ!

…ただ若干問題もあってですね。

後日出てきますが
ウィーンでの昼食がポーク。
で、夕食がイタリアンレストラン、
だったんですよ。

え?ポーク?なんで?
ウインナーシュニッケルは?
は?イタリアン?なんで?
ウィーンでしょここ?って
みんなで口々に言ったら
添乗員のH井さんも
「そうなんですよねぇ(苦笑)」

そういうのは添乗員の意見ではどうにもならず
あくまで「お客様からのご意見が頼り」だそうなので

H井さん「添乗員日記というのがありますので
お客さまからの要望ということで書いておきます!」

よろしくお願いいたします(笑)


ってことで話を戻しまして。


この『CYRANO』は
店内インテリアに白と黒と鏡を多用した
シックな人気レストラン。
写真のオープンテラスも
(人の顔を入れず、でも店名入れようとした結果
こんな中途半端なアングルに…)
白×ウッディで実にオサレ♪
ランチを楽しむ人でいっぱいでした。
日本にも似たようなオープンテラスの店あるけど
向こうは石畳だから本当にピッタリ。
しかも周りの建物がこれまたピッタリ!
アスファルト舗装&ビルに囲まれた日本じゃ
到底かないませんわな~(笑)

ツアーに含まれている食事の分は
当然、旅行代金に含まれていますが
今回の場合、お水は旅行代理店持ち、
それ以外の飲物は普通に自腹です。

ワインにしようかビールにしようか迷って
結局
009lunch_3.jpg
BEER♪
暑かったので2~3杯いけたけど
午後からまた歩くので1杯でガマン。
ちなみにドリンクメニュー↓
009lunch_2.jpg
ユーロとフォリント、両方の料金がかかれています。
事前に聞いてた通りハンガリーでの
フォリントとユーロの割合は50:50。
小さな商店とかガソリンスタンドではユーロNGでしたが
ブタペストに出てきてからは
ある程度の店ならほとんどユーロが使えました。
ただし、レート的に損なのと
お釣りがフォリント(小銭)なので
なるべく使わないようにしてましたけどね。

お料理はまず
前菜にハンガリー料理グヤーシュ↓
009lunch_4.jpg
うーんと…ミネストローネ的な感じの
ビーフシチュー味…のスープ?(笑)
味はビーフシチューなんだけど
具材のサイズがミネストローネ風の
小さなサイコロ状で食べやすかったですわ。

メインはポークorチキンチョイス(確か)。
これはワタシチョイス分のハズなんですが…
009lunch_5.jpg
どっちだったっけ?(記憶にない×1)
ツレは写真撮ろうと思ったら
さっさと食べ始めちゃってたんだよなー。
(これは覚えてる(笑))

デザートも2種からチョイス。
ツレチョイスのミルフィーユと…
009lunch_6.jpg
ワタシチョイスの…
009lunch_7.jpg
確かあちら独特のチーズケーキ…
だったような(記憶にない×2)
でなきゃワタシチョコレートケーキ食べないしなぁ。
チョコは好きだけど
チョコのケーキとかアイスとかは苦手なのよねー。

ツレのミルフィーユは普通にミルフィーユ。
生地がサクサクというよりザクザクした
しっかり歯ごたえでツレ好み。
対するワタシのケーキ…。
いや、美味しかったんですけどね。
なんていうか…両耳状になってる生クリーム、
ここだけ丸ごと残しました(笑)
真ん中の本体部分だけでお腹いっぱい~
食事のあとにこれはキツかった~!

最初に書いたとおりこのお店、
インテリアは白×黒×鏡。
壁が一面鏡で
店が広いのか狭いのか全くわからない状態
だったんですけど
トイレ入ってビックリ!
床と天井以外の全てが鏡張り!

…壁に激突しました。ワタシ。思いっきし。

よぉく見るとそこ、柱状の出っ張りがあったんですが
ご丁寧にそこにも鏡張ってあったんで
全くわからなくて。
手洗い場に行こうとしてドーン!と。
スタイリッシュなのはいいけど
ホント、日本じゃあり得ない…。

ビール2杯で2,000フォリント。
日本円で…900円?
あのグラスで1杯450円ったら
あんま安くないなー。

この日は午後~夕食までが初自由時間。
レストランで解散して各自フリータイム突入!

お店はヴァーツィ通りと言う目抜き通りにあり
(歩行者天国になってる)
周囲はブダペスト随一の繁華街。
レストラン・土産物屋・高級ブティックが
ズラ~リ並んでいるエリア。
絶好の買い物タイム~♪なんですがー。

くじら家、あまりブダペストでは
狙っている買い物がなく
ターゲットは中央市場のみ。
なので散歩がてらぶらぶら見つつ
中央市場まで歩いてこかー、ということに。

とーこーろーがー。

歩き出して角を1つ曲がった途端。


ツレ「あ。」

ん?

ツレ「HARD ROCK CAFEだ」

!!!


…実は。
ワタクシ以前、ハードロックカフェのベアを
集めておりました。

ご存知の方も多いでしょうが
世界中(日本にも数店舗有。札幌はないけど)にある
ハードロックカフェの店舗。
ここのPINS(ピンバッチ)を集めてる方は
結構いらっさいますけれども
その店舗限定のテディベアもございまして。
店ごとにその都市の特徴を表したベアの色や
コスチューム、日本だとその他に
季節に合わせたものなんかもあり。
(神戸のものはマリンスタイルだったし
梅雨時期に買ったのはレインハット被ってた)

ボディのどこかに『HARD RPCK CAFE』のロゴと
都市の名前が刺繍・プリントされてるこのベア。
国内のものは観劇遠征の際、
結構自力で手に入れ
国外は帰国子女であり
総合職になる前は年に1度必ず海外一人旅をしていた
総務の後輩A子が欠かさず買ってきてくれ…た結果。

…増えすぎた

これ以上増えるとおき場所がない!
ってことでそこから泣く泣く買うのを自粛。
今まで出先で買ってきてくれていた
友人や後輩A子にもそう伝え…現在に至ってたワケです。
なのでこの時も当然
増えすぎたから行かない!と
思ったんですがー。


ツレ「え~買わないの?買わないの?
   もう来ることないよ~これっきりだよ~ホラホラ~」

いやだけどさぁ。もう置くとこないしさぁ。ダメだよ~。
って…


お買い上げ。(豆腐より脆い意思)
010_omiyage1.jpg
かっわい~い
今までのベアとは違うんですよねー。
変えたんだろか?
こんなちゃんとした『ベア』のクルクル毛じゃ
なかったし、ボディの刺繍の足の裏だし。
ま、可愛いからいいんだけど(笑)
一緒に旅して日本に帰ってきましたよ~。

ちなみにお値段は
010_omiyage2.jpg
6500フォリント=2,900円ちょい。
あんまフォリント持ってないんで
ユーロ払いしたんですが
にじゅう…なんぼだったっけ。
忘れたけどその場でチャチャッと計算してみて
「あ、やっぱユーロ払いは損だ」と
思った記憶がございます。

何はともあれベアGETしてホクホク♪
さーんじゃ眺めながらぶらぶら行こかー♪
とHARD ROCK CAFEを出て歩き出した途端。



なんだよそれー。
さんざいい天気だったのに
フリータイム開始と同時に雨ってさ~。

現地ガイドさんもおっしゃってましたが
気候の変化はやはり世界中にあるようです。
本来雪が積もるところに降らなかったり
暑くならない地域が30度越えしたり。
滞在中も昼間は超快晴で暑いのに
夕方になるにつれ、スコールみたいな通り雨と
ものすごい雷で足止めされることもしばしば。
まぁ観光中に雨に当たらなかっただけ
運はいいんでしょうけどね。

で、その時は2人とも傘持ってきてなかったし
(雨の気配もない超快晴だったんで)
空は明るかったから通り雨だろう、と
しばし雨宿り。
案の定パラパラ降りで止んだけど
そこからずっと、降っては止み、降っては止みの
繰り返し。
何度目かに降りだした雨がとうとう本降りになり
これは傘ないとちょっとなぁ。。。となったんで
一旦、ホテルに戻って傘取ってきてから
目的の中央市場へ向かうことに。

ランチのレストランと中央市場、ホテルは
トライアングル位置関係で
それぞれ徒歩15分~20分。
ちょっと遠回りになるけど雨は本降りになる一方だし
雨宿りしながらなんとかホテルまでひたすら歩く…


ツレ「(地図を見ながら)あれ?」

…え?


迷った。


地図通りに歩いてるなら
そろそろホテル周辺の目印が
見えてくるはずのところを…


ツレ「今この辺だわ」


と指差す場所はしっかり
中央市場の近く。


・・・・・・。
・・・・・・。


ま、まぁここまで来てホテルに戻るのもアレだし
結果オーライってことで!
010_market.jpg
中央市場。
吹き抜けの天井が高く、
すんごい広い建物でした。
通路が3本あって
その両側に店がそれぞれギッシリ!
写真は1階ですが2階もあり
建物の枠にそった狭い一周分の狭いスペースに
雑貨や小物、ファーストフード店がこれまたギッシリ。
観光客もたくさんいましたが
普通に買い物している地元の方も
たくさんいらっしゃいましたわ。

肉屋さんが多かったなー。
さすが肉食の国。
野菜屋さんでは見た事のない野菜・果物や
最近日本に入ってきた野菜が色とりどりの山盛り♪
料理好きなワタシと
食べるの大好きなツレは
食材見てるだけでも楽しゅうございました♪
なーんかね、市場とかスーパーとか行くと
ミョーにテンション上がっちゃうのよね~♪

ここで狙ってたブツは2つ。
1つ目は『パプリカの粉末』。
パプリカがハンガリーの名産だとは
まっっったく知らなかったんですけども(笑)
日本では手に入りにくい良質な粉末パプリカが
手に入るということで。
確かに名産らしく、ここへ来るまでの間、
スーパーでもお土産屋さんでも
とにっかくあらゆるお店で見かけました(笑)
が、事前リサーチで中央市場が一番安い、と
行かれた方々が書いているのを見てたんで
買わずに待ってたワケです(笑)

甘口=edes、辛口=elosの2種類あって
料理には甘口の方が使い幅があるらしいので
甘口チョイス。
でもねー、せっかくハンガリー語調べといたのに
お店行ったら『SWEET(甘口)』って
思いっきり日本語かい!みたいな(笑)

ツレが狙ってたのは『フォアグラの缶詰』。
フォアグラはハンガリー語でlibama'jc=リバーマイ。
ワタシなんざフォアグラ=フランスしか
イメージないんですけど
ハンガリーはフォアグラの名産地なんだそうな。
へー。

こちらはパプリカと違い
途中の土産物屋でも地元のスーパーでも
ほとんど姿を見なかったので
ホントに名産か…?と疑ってたんですけどね。
市場行ったらイヤというほど置いてました。

何種類か作られてるはずなんですが
市場に置いてるのは全て1メーカーのみ。
まぁたまたまチェック入れてたメーカーのが
それだったんで買いましたけど
同じ市場の中なのに置いてる店によって
微妙に値段が違うんでめんどくさいったら…。
店員さんは英語通じないしさ(笑)
010_omiyage3.jpg
パプリカが590フォリント=約270円
フォアグラは小さいのが3個パックになったやつで
1500フォリント=約680円

フォアグラが680円…改めて見ると、安いわ(笑)

ブダペストでのお買い物はこれで終了!
一旦ホテルに戻って夕食です♪

あ、そうそう。
中央市場からホテルに戻る道中、
最初のヴァーツイ通りをまた通ったんですよね。
そしたらお店の呼び込みのにーさんが
ウチらに向かって

「ホンダ!スズキ!カワサキ!ふなっしー!」

最初の3つはともかくなんだよその4つめ!って
思わず反応しそうになりましたよ~。
ふなっしー…ワールドワイドになってるのねぇ(笑)

年齢制限

先日参加した某焼酎の会。

顔見知りの蔵元さん@宮崎が
8月にまたイベントで(札幌に)来る、と。
聞いたことないけどどこのイベントなんだろ?
面白そうなら行ってみたい、と思ってたら
ツレが該当しそうなイベントを発見。
しかし


ツレ「『女性のための焼酎なんちゃら』ってタイトルだったぞー」

パス。


その昔、焼酎ブームの頃は
女一人酒屋で酒瓶眺めてると
必ず後ろから

「女性ににはこちらが人気です。呑みやすいですよー」

という声がかかり
呑み始めで好みを模索してたワタクシも
言われるままオススメの銘柄を買ったり
してたこともございます。

が。

鍛錬を積んだワタクシの味覚は現在オヤジ化。
蔵元さんに「色物好き」だの「マニア」だの言われる
立派な臭モノ好きへと成長。
それを自覚してから
「女性」をターゲットにした酒絡みは反射的に
イコール関係ない、と位置付けるようになりました。

オンナですけども。

で、そのイベント。
どんなもんなんだべ?と
検索かけてみたらあっさり発見。
うーん…ゲスト蔵元はシークレットになってるし
参加応募はハガキで
多数の場合は抽選なのか~と
眺めていましたら。

イベント名は確かに
『女性のための焼酎なんちゃら』。
しかしその頭には


『20代・30代のための』


・・・・・・・。
アラフォー除外じゃん。

立派な成人なのに酒で除外されるなんて
なんだかちょっと切ないわね…。


秋にちょいと道外へ出る用事がございます。
ツレと一緒なんですが
ツレだけさらに別用があるため
移動先からさらに移動して別地方へ行くことに。
一緒に来るか?と言われたけど
ワタシの用じゃないし
ついてってもそっちには
一人遊びできる環境がない(笑)しで
別々に1泊することに。

ワタシ1人で泊まるホテルを手配すべく
ネットで探してみたんですが…

女性ってお得なのね♪

普段はツレと一緒だからツインなんですよ。
しかも酔っぱらって寝るだけだから
繁華街から徒歩圏内でできるだけ安く
でもある程度キレイじゃなきゃダメ(←ワタシの希望)。
それが今回1人。
シングルでレイトチェックアウトを条件に探してたら
まー出るわ出るわ!

ラグジュアリーダブルのシングルユースで
ランチ券だのアメニティだの
お土産まで付いてお値段普段のツイン並み!
すごいわー。
安く抑えようと思えばまだまだ抑えられるんだけど
滅多にない一人泊まりのチャンスだしってんで
ハイランクダブルルームで予約♪わーい♪
楽しみ~♪

…という話を同僚K(同い年・オトコ)にしたんですね。
オンナって優遇されてるわ~と。
そしたら


同僚K「それって下の方に小さく
    『年齢制限あり・30代まで』とかなかった?」


ないわ

※写真は全てクリックで大きくなります。


7/17
モーニングコール 6:30
朝食OPEN 6:30~
ロビー集合 8:15

まずは腹ごしらえから♪
000morning_1.jpg
ポテトのソテーとマッシュルームのソテーは
どこのホテルの朝食でも見かけました。
食べたカンジはフツーに炒めて
味付けは塩コショウのソテー。
マッシュルームの味が濃かったなぁ。
後はスクランブルエッグとパン。
上が(たぶん)コーンパンで
下が(たぶん)レーズンとクリームを巻き込んだ
デニッシュ。
000morning_2.jpg
ピングレとオレンジ。
緑の草は見たことない野菜だな~と思って
取ったはいいけどドレッシングが見当たらない。
マヨネーズはあるのに。
ウチ、あんまマヨネーズ使わないんですよね。
非マヨラー。
じゃぁ塩でいいやと思ってそのまま持ってきて
食べた…ら!

苦っ!!!

めっさ苦かった!なんじゃこりゃ!
この野菜もどこのホテルの朝食でも
見かけたけど
二度と手ぇ出さなかったよ…。

後から聞いたら「ドレッシング」としては置いておらず
バルサミコ酢とオリーブオイル
(これは置いてあるのに気づいてた)を
自分で混ぜてドレッシングにするのが一般的なんだとか。
うーん…じゃどのみちダメだったか。
バルサミコ酢も苦手~

全部ブッフェでしたけど
宿泊したホテル3つともメニューは
そう変わりませんでしたねー。
結構種類あったし
味も「え~?!」ってのがほぼなかったんで
フツーに食べられました。
やっぱパンはドイツ寄りだったなぁ。
ワタシあんま好きじゃないんですよねードイツパン系。
ライ麦の酸味がどーも苦手で。
まぁデニッシュ系や雑穀混ぜ系、おやつパン系と
各種揃ってたんで困りませんでしたけど。
後はさすがのハム・チーズ・シリアルラインナップ。
どこのホテルの朝食も4~5種類ずつ置いてました。
ジュースやフルーツ、卵料理は
日本国内のホテルの朝食ブッフェとなんら変わりなし。

ヨーグルトは通常のものと
ホテルメイドのものがあったんですが
このホテルメイドのヨーグルトが入ってたガラスの容器に
ワタクシビックリ。
どっかで見たことある器だな~と思ったら
WECKじゃないですか!
ワタクシも愛用中のガラス保存容器!
そっかーそういやドイツの製品だったっけ~と
朝から変なところでテンション

朝からお腹いっぱい食べた後、
出発までまだ時間あったんで
ちょっと近くを散歩。
ホテルが面してるのは目抜き通りらしいんですが
その景色が
001citybew_1.jpg
ザ・ヨーロッパ(笑)
なんでしょうねぇ、この重厚感は。
嫌でも歴史を感じますぜ。

チラっと見えますがここはトラムのレールあり。
001citybew_2.jpg
朝の通勤時間帯ってのもあってか
かなりの頻度でトラムが行き来してました。

基本的なものは同じはずの
歩行者信号も
001citybew_3.jpg
なんか可愛いし、
チャリ用信号に至っては
001citybew_4.jpg
わははは!可愛いっ!!

1つ隣の地下鉄駅まで行ってみることにして
ブラブラしたんですが…。
まだ開店前ってのを差し引いたとしても
たくさん並んでいるお店屋さん「らしき」ものが
一体「何屋」さんなのか、見当もつかないという(笑)
言葉が読めないってのもあるにしたって
ショーウインドウの商品見て分かったのは
本屋と手芸屋、薬屋に
001citybew_5.jpg
…ランプのシェード屋?
まぁあってもおかしくはない…のか?

地下鉄駅到着。
002subway_1.jpg
トラムと地下鉄のチケットが共通になっているため
日本と違い、地上にチケット売り場があります。
いちいち買い直す必要がないんですね。便利。
この自販は英語表記の切り替えがありました。
時間なくて乗る機会なかったのが残念だったなぁ。
この時、せめて下(地下鉄ホーム)まで
降りようとしたら
自動改札が地下にある日本と違って
検札の係員が途中にいるんですよね。
なのでそこまでしか降りられず。

日本で
「向こうのエスカレーターは早い!
 スピードが日本の1.5倍はある!」
と聞いてたんですよ。
え~?そんな早いワケないじゃん~とか
笑ってたんだけど一度乗ってみたくて
ここの地下鉄のエスカレーターでトライ。

…ガチでした

早いの!ちょっと風を切って登ってくカンジっていうか!
これ日本でやったらあっという間にケガ人出て
問題になるだろう、っていうスピード!
も~「ホントだ~!」っておかしくておかしくて
動画撮りたくて仕方がなかったんだけど
朝のラッシュ始まってて人たくさんいたんで
さすがに断念。
あのスピードだとエスカレーター乗るの苦手な人
(友人に最初の一歩がなかなか踏み出せないのがいた)は
乗るのエラい苦労しまっせー(笑)

地下鉄駅入り口と
トラムの停留所の間には
日本でもおなじみ駅チャリ↓
002subway_2.jpg
も~なんだろうこの色使いったら!
なんでここにこの色が浮かぶのかなぁ。
ここだけ見るとすごい色かもしれないんですが
なにせ街並みの建物の外観が
昔のままなもんで
こういう色がちょっと入るとものすごくキュート!
歴史のある建物の中にあっても
不思議と浮かないもんなんですねぇ。


さて。


怒涛の観光スタート(笑)
いよいよキラキラピカピカチカチカの世界に
なるわけですが…。

その前に一言。

自慢じゃないけどワタクシ
世界史ものすごいアホ。

なうえ。

今回、この旅行にあたって
事前情報仕入れるために
行かれた方のブログを結構探した結果。

世界史アホゆえ、かもしれませんが
ワタクシ、城や教会、遺跡なんかの
写真&解説付きブログ=いわゆる正しい旅行記は
大の苦手ということが判明。

みなさん、とてもよく調べてらっしゃるんですよ。
○○○年にどこの王様がどうした、とか
○○○年の戦争でこのお城がどうなって、とか
教会やお城の建て直された経緯だの特徴だのなんだのと。
素晴らしい!とても素晴らしいし
旅行ブログとしては非常に正しい…んですけども。

…どーもね。
読み進める意欲を削がれる、というか。
ぶっちゃけ楽しくない。

なので。

大変申し訳ありませんが
旅行記なのに詳細な説明なし!
他力本願で可能な限り名称に
ウィキのリンク貼っておきますので
すいません、丸投げついでに
この先ご興味ある方は何卒自力でよろしく、ということで。
ご了承願います


本格観光初日は
世界遺産まみれな日となりました。
現地ガイドさんと共に
(日本に留学歴有。大学の論文も日本語で書いた才女!)
バスでまず向かったのは…
英雄広場』(世界遺産)
003hero_1.jpg
ハンガリーの建国1000年時に作られた広場で
建てられている銅像は全て建国に尽力した
国の「英雄達」。
(って大天使ガブリエルもいたりするんだけど)
003hero_2.jpg
全てのメイン通りが集まる場所。
広場の向こうに見えてる通りも世界遺産エリア。
ホントにめっちゃ広くて…

あづがった

日陰一切なし!
朝から陽射しガンガン!ひ~

あ、この広場のぐるりの道路では
馬車レースもあったりするそうです。
そのためにわざわざ道路に
土とか芝生敷くんだって。へー。

パノラマで撮ってみたんだけど…
だだっ広さが少しは伝わるかしらねぇ。
ほんっと、ドワーッッッと広いとこでしたわ。
003hero_3.jpg

バスでちょっと移動。
聖イシュトヴァン大聖堂』(世界遺産)
004istvan_1.jpg
建設途中で亡くなったりなんだりで
結局3人の建築家の手にかかったそうで
あちこち各建築家の嗜好(時代考証的な)が
混在してました。

よくバロック様式とかゴシック様式とか
ルネサンスがどうしたとか
このテの建築物ん時色々あるじゃないですか。
今回観光した中でもたくさん混ざってて
よー分からんしーって思ってたら

●ステンドグラスが見事→
  その光を反映させるため天井と壁が無地=ゴシック
●ステンドグラスが地味→
  代わりに天井や柱が派手=バロック

なんだそうです。(現地ガイドさん曰く)
実際、ブログ書くにあたって写真整理したら
あっちもこっちもキラペカチカで
ワケ分からんくなっちゃったんですけど
コレ参考にして並べ替えたらビンゴ!
ガイドブックと合ってました(笑)
そんなわけでココは…
004istvan_2.jpg
ゴシック様式。なんですけど
ワタシにはそれでも十分
004istvan_3.jpg
キラキラペカペカ~

ちなみにこの大聖堂の名前の由来。
ハンガリーの初代国王の名前なんですけど
ここにその国王の
右手のミイラが収められているため、
だとか。
しかもその右手のミイラ、
公開されているという。
普通に観られるんですけど
ガイドさん曰く、以前他のコースをお連れしようとしたら
「(ミイラを)見たくない」という理由で
全員から拒否されたことがあるんだそうな。
なので

「みなさん、どうされますか?」

とかーなーり遠慮がちに聞かれました(笑)
答えは

全員「観ます!」

もちろんです。
つかミイラ好きくじらさん、
他の8人が「NO!」と言っても
観に行きましたけどね。ええ。

公開されているとはいっても
『聖遺物』として大事に扱われているため
キンキンキラキラ装飾付きの
ガラスケースの上からさらに
チカチカペカペカ装飾付きの屋根付きケース、
という作り。
他のみなさんは写真撮ってましたが…さすがに(苦笑)
ミイラは好きだし興味津々だけど
どうしても『ご遺体』という意識が抜けないせいか
なんか気が引けるんだよなぁ。

随分小さな手でした。
10代の子供の手みたいなサイズ。
ガイドさんにそう言ったら
「昔の人は今よりずっと小柄だったらしいし
ミイラになって水分抜けてしぼんだのもあるでしょうねー」
わははは(笑)そりゃそうだ。

イシュトヴァンという名前は
こちらの国の人にとって
かなり特別な思い入れがあるらしく
子供に同じ名前を付けた人がたくさんいるそうな。
現に今回の旅程のうち、
3日間バスの運転手をしてくれた
ベテランドライバーさんがイシュトヴァンさん(笑)
いつも穏やかな笑みを浮かべ
朝、バスに乗る時に
「グッモーニン!イシュトヴァン!」と言うと
「オハヨーウゴザイマス」とにっこり返してくれる
素敵なシニアでございました。
バスから降りる時はいつも先に降りてドアの横に立ち
(女性のみ)手を差し出してくれたイシュトヴァン。

ていうか。
基本、向こうの男性はレディファーストが
しっかり身についてるんですよね。
店に入るのも女性が先。
席に案内する時は女性が奥。
料理を出す時も女性が優先。
どんなにお皿を出しにくいレイアウト
(4人がけの対角線)で座ってたとしても
水だろうが料理だろうが絶っ対に女性が先。
常に『女性優先』。

あと、ワタシは呼ばれることはありませんでしたが
添乗員のH井さん曰く
「こっちじゃ『マダム』って呼んでくれるの♪」と。
確かに聞いてるとイシュトバンとか
レストランのスタッフがH井さんを
『マダー』って呼んでるんですよ。

H井さん「日本じゃ『おばさん』だから随分違うわぁ♪」

すごく気持ちが分かります…。
やっぱさ、嬉しいもの。
女性として大事に扱われるのは。
ま、日本の男に期待するのはよそう。。。

あ、話それまくりましたが(笑)
各地を転々としていた
初代国王の右手ミイラを
このブダペストに戻したのは女帝マリア・テレジア
(マリーアントワネットのお母さん)だそうです。

チラッとお土産タイム。
伝統工芸である『カロチャ刺繍』の見学。
ガイドブックとかで見た限り
あんま好きな色合いじゃなかったんですけど…。
実物ドン!
005karocha.jpg
凄い!スバラシイ!
完全手作りなんですが
刺繍部分は早い話がサテンステッチ(塗りつぶすカンジ)。
周りのレース部分も足踏みミシンでステッチ入れて
手で糸を抜いてくそうな。
気ぃ遠くなりまっせー。

小さいものもありましたが
やっぱちょっと「いいなぁこれ」と思うと
結構いいお値段。
とは言っても欲しかったのは
日本円でせいぜい5,000円程度だったんで
まぁ日本でレースのいいやつ買っても
そのくらいはするだろうお値段なんですけど…。

実はブダペストではあまり買い物のお目当てが
なかったのもあり
フォリント両替を日本円で5,000円くらいしか
用意していかなかったんですわ。
ユーロも使えるけどレートで損だし
お釣りはフォリントで来てしまう(笑)
使い切って帰りたいのに
お釣りで増えると計算狂っちゃうしさぁ。

結局、ここでは実家の母のお土産用
(レース&ピンク大好き)に
直径15センチほどの円形花瓶敷きと
自分用のポケットティッシュケースを購入。
005karocha2.jpg
花瓶敷が3900Ft=約1,800円
ポケットティッシュケースが1,800Ft=約810円。

あ、最初の写真のテーブルクロス、
伝わりにくいでしょうけど
実物は直径が1m強ある大きなもの。
お値段日本円で220,000円強でした。
製作期間約1年だそうです。
あれだけ手ぇかかってりゃね…納得。

観光続行。バスで移動。
ドナウ川(!)を渡る橋。
くさり橋』(世界遺産)
正式名称:セーチェーニ鎖橋
006kusari_1.jpg
たもと両側には…
006kusari_2.jpg
あら♪三越♪(激しく違うぞその1)

ブダペストという街は
ドナウ川を境にブダ側・ペスト側と
呼ばれております。
市街地がペスト側(ウチらのホテルがある方)で
ドナウ川を渡った、これから観光に行く
世界遺産の固まりエリアがブダ側。
その昔、ドナウ川で分断されてしまっていたこの街に
セーチェーニ伯爵という人が自腹で
この橋をかけたことによって
2つの街が初めて結ばれたそうな。
歴史に名を残すにも
やはり先立つものは必要なのね…(激しく違うぞその2)

ドナウ川には他にも
たくさんの橋がかかってるんですけど
この鎖橋はその中でも『もっとも美しい橋』と
言われてるそうでございます。

でもさ~、そんな古い橋って
橋梁点検とかどうしてんだろー。
やっぱ点検基準とか
全然違うんだろーなー(←職業柄気になるワタシ)

そんな点検基準が気になる橋(激しく違うぞその3)を
ブダ側から見た景色がコチラ。
006kusari_3.jpg
美しい。確かに美しい橋です。
つかこの橋といい、川といい、周りの建物といい
景色全体日本じゃあり得ないもん、なんですけど
それよりなにより。

ドナウ川、なんですよ。

美しく青きドナウ、とか
名前しか知らなかったあの有名な川が
今、目の前にある!ワケです!!
いや~絶句です絶句。
「あ、そう。これがあのドナウ川なんだ…」って
目の前にあるモノが現実味を帯びない(笑)
サグラダファミリアを目の前で見た時も
そうだったな…アレ以来の衝撃でしたわ。

私達はバス&徒歩で上に上がりましたけど
くさり橋を渡ってすぐの目の前には
006kusari_4.jpg
トンネル&モノレール?電気バス?っつーの?
がありました。
このトンネル、くさり橋と直線上にある上に
延長が橋と同じなため
あちらのジョークで
『雨の日にくさり橋を収納するトンネル』と
言われてるんだとか(笑)

王宮(ブダ城)』(これの建つ丘一帯が世界遺産)
006oukyu.jpg
ペスト側からの眺め。
今内部は博物館等に使われているそうです。

国会議事堂』(世界遺産)
007kokkai.jpg
ブダ側からの眺め。

ブダ側からのパノラマ写真ドン!
006bew.jpg

午前中の観光ラストは
マーチャーシュ教会』(世界遺産)
008matyas_1.jpg
ほーんといーい天気だったなぁ。。。って
それはともかく(笑)
正式名称は聖母マリア聖堂と言うらしいです。
またすごい名前付けたもんだわね…。

ここは、一度出来上がったものを
2世紀ほど経ってから
ゴシック様式に改築した教会。
そのためゴシックの特徴である
ステンドグラスは見事だわ、
天井とか柱の模様は見事だわ、
祭壇はごっついわで何でもアリ状態(笑)
実に見ごたえのある教会でした。
008matyas_2.jpg

008matyas_3.jpg

008matyas_4.jpg

008matyas_5.jpg
iPhoneなんでいまイチですが…。
ずーっと口開けて撮ってましたよ(笑)

あ、今さらですが写真のあるものは
カメラOK物件(不動産じゃないけど)です。
フラッシュはNO!なので
ステンドグラスとかキレイに出そうとすると
回りが真っ暗になっちゃうのよねー。

で、このマーチャーシュ教会の隣にあるのが
『漁夫の砦』(世界遺産)
008matyasgyohu_1.jpg
「漁夫」の名の以来は
当時この辺りを仕切ってたのが漁業組合だったから、
と言われているそうですが
真相は不明。
写真では3つしか写ってませんけど
建物を囲む柱状の白い塔が何本か立ってて
全部デザインが微妙に違うんですよ。
これは各漁業組合の
旗印的なものを表しているんだそうな。
(日本で言う大漁旗的なやつ)

漁夫の砦の特徴はこの屋根!
瓦だそうです。
妙にカラフルですが、別に色を変えたわけではなく
ちゃんと建設当時の色の再現。
修復が終わったばかりで色が鮮やかなのと
瓦に釉薬がかかってるので
お日様が当たると光るんだそうな。

いやーこの日は暑かった!
お城や教会の中はヒンヤリしてたけど
出たり入ったりするからおかしくなっちゃって(笑)

それにしても…。

毎日教会とか回ってると
他の国の観光客の方も
たくさんお見かけするワケでして。
いやーそりゃ暑いんだけどさぁ。

タンクトップにショートパンツ、
裸足にビーサンで教会ってどうよ?

一応ね、入り口に看板があるんですよ。
「肌の露出の多い服装の方NG」的なやつ。
入口で係員がチェックして
上着持ってない人にはショール状の布を貸し
上半身だけでも覆って入るように
言われてたんだけど
結構いるんですよねーこれが。
そりゃあ暑いしさ、宗派違うかもしれないけど
一応『教会』なんだし。
ちったー考慮しないもんなのかなぁ、と。
だってさぁ、例え宗派とか全く関係なくても
お寺にそんなカッコで行かないし
行けなくないです?

そもそも肌の露出が多いんですよね。
向こうって。
若い女性がやたら肌を出すのは
別の意味で顔しかめる時もあるんだけど
アチラの場合は…
ヘソ出しのタンクトップの下から
お肉がブヨヨンと飛び出していたり、
ショートパンツからは
太もものお肉が垂れ下がっていたり。
同性からしても別の意味で
「いやちょっとそれって…」となるような露出(笑)
自分のデブっぷりを棚に上げていうなら

迷惑行為決定。

あと地味に気になったのが
フラッシュ撮影NGって各国語で
あちこちに掲載されてるのに
平気でバシバシ光らせてる人達。
たまたま私達が看板のない入口だった時
(半貸切だったため脇の小さいとこから入った)
があったんですけど
全員、現地ガイドさんに確認撮るまで
写真撮るどころかカメラ出さなかったことがあって(笑)
「日本人はやっぱり真面目ですねぇ」って
ガイドさん笑ってましたわ。
でもこれって「社会のルール」的な面で
大事なことだと思うんだけどなー。

…やっぱ、日本人?(笑)

7月ラスト日

ラクチュコピクリン~

今日も暑いぜキタノハテ
7月も終わりですねぇ…。
お盆の予定がのしかかります…。

さーて、仕事すっかー。

ふぅ。。。

今朝は珍しく寝坊。
起きたら7:00でした。。。
ビックリしたなーもう。
飛び起きたよ。

仕事多忙。
かつ、プライベート疲れ気味。
仕事は今週ヤマです。
頑張…るけど程々しよ。
もう若くないから
踏ん張り効かないしな。

BITTERS呑んで寝ましょかね。
おやすみなされませ~。

やっちまったよ…。

あらためて@キタノハテ。

来月はお盆→お墓参りと
舅の本命日、
義弟一家+姑との夏恒例焼肉大会もあり
週末はハードは月になりそうです。
あ、3日夏休み取れるんだっけ、ワタシ。
ガン検診も行かなきゃなぁ。。。

実は昨日…やっちまいました。

iPhone水没

帰宅したらツレが
「ビール呑みに行かない?」というので
その前にお弁当箱鞄から出して
水に漬けとこう、とバタバタしてたんですよ。
そしたら胸ポケットに入れてたスマホがスルッ…。

ガンッ(シンクにぶつかる音)
ポチャン(水張ったカップにinする音)

…ん?
うわーーーーーーっっっ!!!

先に玄関で靴を履いていたツレ
叫び声で全てを察し

「こっち!水切れ!」

とタオル持ってきてくれました…。

頭から落ちて、一瞬で上げたし
下のコネクタ口はキャップ付けてるんで
まぁ多少は防げたと思うんですが…
無防備のイヤホンジャックと
マイク&スピーカーが不安…。

昨夜一晩は電源切って立てて置き
今朝恐る恐る電源入れたら傷は浅そうだけど
中は分からんからなぁ。
これからなんかやられるかも。

契約時に保証は入ってるし
こないだの旅行前に全部バックアップ取ってるけど
有償なんでできればなんとかなってほしいぞ、と。
お願い。

まースマホないと不便!
自分がどんだけ依存してるか分かりましたわ。
昨夜一晩だけなのに
メールチェックからツイッターまで
PC上げなきゃ分からない、という。
ツイッターはリアル知り合いとのDMにも使ってるし
会社の連絡はメールだしね。
朝、電源入れてみるまでドキドキもん。
これからどうなるかは
天のみぞ知る、かな。


実は甥っ子が検査入院中です。
今日までだったかな?
症状が出たとかいう悪い検査ではなく
術後1年なので経過観察的なもの。
2泊3日で義妹も不在になるため
姑が義弟宅へ泊まりがけで世話しに行ってます。
姪っ子もいるんで
夏休みに合わせるしかないんですよねー。

最初これ聞いた時は
「ああ、もう1年経つのか」と。
まだまだリハビリ中だけど
大分動きも良くなってきましたね、甥っ子。
お盆明けは焼肉会!
楽しみにしてるみたいです。
甥っ子の体のことがあるから
どうしても姪っ子を遠出させられないんで
イベントごとが重要になってくるんですよ。
雨降らなきゃいいけどなぁ。

…異常気象男の義弟がいるからなぁ


暑い…。

ラクチュコピクリン~

暑いよーキタノハテー。
朝からグッタリしております。

昨夜、義妹からお盆のことで
メールが来てました。
お盆…もうそんな頃かぁ。
チビ達が夏休みなので大変らしく
『早く休み終われ!』と
ボヤいてましたねー。
世のお父さんお母さん方、
お疲れ様です。

じゃー働くかぁ~。

※写真は全てクリックで大きくなります。


ウイーン国際空港からプダペストへ移動。
約3時間/240km。

飛行機と違い、車窓があるので
ワクワクしながら窓の外見てたんですけど…。
006bewinbus.jpg
…北海道?

ツレ「…あるなぁ」

海外感薄いぜ…(苦笑)

トイレ休憩を挟んでブダペスト到着。
20時過ぎてたんだけど
外がまだ全然明るい!
21時頃まで日本の夕暮れ並に明るいから
時差ボケも重なり
夜ってカンジがしませんでしたわ。

今日・明日のお宿は
『COURTYARD BY MARRIOTT BUDAPEST CITY CENTER』
コートヤード バイ マリオット ブダペスト シティ センター
007hotel_marriott_1_20140802153959cc6.jpg
外観が外国…。
ちょっと日本では見ないデコですな。

ハンガリー共和国

☆通貨~ハンガリーフォリント(1Ft=約0.45円)
   000forint.jpg

☆チップ~
枕銭…1部屋1日に付き200フォリント or 1ユーロ
トイレ…100フォリント or 50セント
レストラン・タクシー…料金の10%程度

☆ミネラルウォーター~
キャップで見分ける。ガスなしはピンク。
ガスありはブルー。中間の微炭酸はグリーン。
  
☆免税~
1日1店舗50,001フォリント以上から。
取扱店舗はまだ少ない。

☆交通手段~
日本と違って流しのタクシーはない。
地下鉄・トラム(路面電車)の刻印は
自分でしてから乗る(自動改札なし)

☆スリに注意!



言葉はさっぱり
ほとんどハンガリー語とドイツ語で
観光客が出入りするようなところと
大きな店舗では英語が多少通じました。
お互いカタコトですけど(笑)

おはよう=ヨー レッゲルト
こんにちは=ヨー ナポト
ありがとう=ケセネム

一応これだけは学習。
でも準備してない時に咄嗟に出るのは

「hello!」とか「thankyou」とか「euro pay ok?」とか(笑)
メニューや券売機の表示も
英語表記への切り替え機能があると
「英語ある!ラッキー!」な勢いでした。
いや、英語も話せないんだけど(笑)
まだ意味分かるしねー。

あと、ホントにスリだけは注意!って
毎日毎日あらゆるガイドさんから
口を開くたびに言われてましたわ。
「向こうはプロですから」と。

・人前でバッグを開けない。
・財布は鞄の一番底に入れる。
・お金は小分けにして
 支払い時に有り金を全部見せない。
・人混みでバッグは体の前に持ってくる。

これが基本だそうです(笑)


で。


チェックインして部屋の鍵をもらい
007hotel_marriott_0.jpg
明日の出発時間等の確認後、部屋へ。
007hotel_marriott_2.jpg
ロビーは「0階」です。(一般的らしい)
007hotel_marriott_3.jpg
廊下を進んで
007hotel_marriott_4.jpg
お部屋は371号室。
007hotel_marriott_5.jpg
中へ入るとまず左手に姿見。
007hotel_marriott_6.jpg
これ、写真では伝わらないでしょうけど
ひどく大きい!縦も横も!
日本のホテルにも大きな姿見は
大抵付いていますけど
167センチ超えのワタシがスッポリ入って
天地が余裕で余る高さ…もさることながら
横幅が(笑)
日本の一般的な姿見の倍は軽くあるぞ~。
やっぱ平均的国民の横幅が
反映されてるのかしらねぇ。
街を歩く人を見ていると
若い子は細いのにちょっとオバサン入ってくると
横に拡張してゆく傾向のようで。
食べ物が変わるんだろか???

右手にトイレ・バスで
お部屋はこんな感じ↓
007hotel_marriott_7.jpg
シンプルだけどアクセントの赤が効いてて
可愛い♪
街も建物もインテリアも
色使いがいちいち可愛いんですよー。
「ああ、日本ではここにこの色絶対使わないな」
と何度呟いたことか。

バリアフリーも
概念からして違うんだなぁ、と思ったのは
スイッチ類。
007hotel_marriott_8.jpg
照明のスイッチです。
普通に上下に倒して使うんですが
このスイッチ1個が6~7センチ四方はある大きなもの。
日本だと「バリアフリー」というのは
イコール「身体の不自由な方のため」という
考えがどうしても大きいんですが
バリアをフリーにする、ですから
本来は老若男女、健常者もそうでない方も
みんなが共通して使いやすいモノ、が
バリアフリーなんですよね。
そういう意味ではこのスイッチは
極端にシンプルでストレートな形状。
すごく押しやすい。

ただし、黒はどうかと(笑)
見づらいんだよなぁ…。

あとこれ↓
007hotel_marriott_9.jpg
トイレの水洗スイッチです。
上下2つに分かれてる大きい方が「大」
小さい方が「小」。
このタイプは形こそ丸とか四角とか違えど
滞在中あちこちで見かけましたから
恐らくポピュラーな形状なんでしょう。
素材も一緒。ステンレス。

文字を入れなくてもどちらか分かるんで
デザイン的にスマート、
かつ、押しやすい…んだけど

やはり、見づらい(笑)

写真でお分かりでしょうけど
ステンレスなので周りの景色を
写しちゃうんですよね。
こちらは滞在中、
「ああ、日本ではこれナシだな」と
何度もつぶやいたうちの1つでした(笑)

コンセントは丸型2つ穴のCタイプ。
電圧230V。
007hotel_marriott_10.jpg
日本の家電は100Vなので
変圧器が必要です。

ご存知の方も多いでしょうが
外国のホテル、基本アメニティはありませぬ。
スリッパ等もなし。
あてにできるのはタオル類のみ。
ここのホテルはランク的に低くないところのようか
まだマシだったようで
007hotel_marriott_11.jpg
シャワージェルとシャンプー。
あと石鹸。
てか、なにゆえシャンプーのみ?
コンディショナーは?

バスの座席や姿見のサイズでも
ちょっと触れましたけど
「体格の差」を実感したのはこれ↓
007hotel_marriott_13.jpg
そう。便座。この高さが微妙に高い!
深く腰掛けると足が床から
微妙に浮き気味になるんですよ。
最初気づいた時「子供か!」と
自分で自分にツッコミ入れたくらい衝撃でした(笑)

そう気づくとそう言えば…
あんだけ至れり尽くせりのバスのシートなのに
どうも足元が落ち着かないのも
バスタブから出る時、毎度つんのめるのも
ベッドから降りる時、妙に勢いが付くのも
全て高さが高いからか!と。
平均身長より高めのワタシがそうなんですから
他の方はもっと感じたんじゃないのかなぁ。
膝から下の長さと腰の高さが全然違うんですよね。
日本人と欧米人じゃ。
肉食と魚食の差かしらねぇ(笑)


で、まぁ。


この日は機内食が餌付け状態だったので
夕飯は特に設定なし。
お腹も空いてなかったし
外はまだまだ明るいし
遅くまでやってるスーパーが
ホテルから5分ほどのところにあると
添乗員さんから聞いていたので
荷ほどきもそこそこにちょっと買い物へ。

ヨーロッパ資本(って聞いた記憶が)のスーパーで
『SPAR』と『TESCO』という大型スーパーが
滞在中の街には必ずあったんですが
この時はSPAR。
ばら撒き土産によさそうな
お菓子やスナック類をチェックしてから
とりあえずは飲物だけ購入。
008winwater_1.jpg
ミネラルウォーター。
先に書いた通りピンクの蓋=ノンガスです。
価格は驚き!
どちらも99Ft=約45円て!!
1.5リットルでこれですか?!安っ!

今回の旅行で現地の水道の水を口にしたのは
最終地のウィーンだけ。
しかも歯磨きのみ。
後の2つは「呑めますがあまりおススメしません」
とのことだったし
向こうではレストランや屋台的なところでも
『お水は買うもの』が当たり前だったので
一切口にしませんでした。
歯磨きもうがいもミネラルウォーター。
胃炎上がりってのもあったんで念のためですわ。

お水、これはどちらもポピュラーな銘柄のようで
どこへ行っても見かけました。
口当たりが柔らかくて美味しかったです。

しかし後日、安さに惹かれて買ったこれ。
008winwater_2.jpg
2リットルで65Ft=約29円!と破格も…
口に合わなかった(笑)
含んだ瞬間、「あ、マズ」って。
安さには理由があるんですよねぇ、やっぱし。

後は寝酒&小手調べにビールを1本。
009winbeer.jpg
全く予備知識なしで買ったんですが
帰って来てから調べたら
ハンガリービール『アラニュ・アーソク』
というらしいです。
500mlで199Ft=90円弱。安いなぁ。。。
向こうのビールは日本と違い
缶の表側の%表記が
アルコール度数ではなく『麦芽』の%。
度数は裏側にちーいさく表記されてるだけでした。
麦芽の量が大事、なんだとか。

これから先、あちこちで呑むことになるんですけど
ほとんどのお店が
1店舗で扱うビールは1社のみ。
信じられないくらいビールの銘柄があるんで
そうでもしないと対応できないのか
それで十分やっていけるからなのか(笑)
まぁおかげでオーダーラクでしたけどね。
スモール or ラージで
後はせいぜいあってもダーク or ピルスナー。
カタコト英語でも十分オーダー可能だったしさ♪

この日は早めに就寝。
翌日は朝から観光です!

やっちまったよ。。。

ラクチュコピクリン~


iPhoneを水没させちまいました。。。
すぐ上げたので
傷は浅い、と思うんですが…
ああ、リンゴストア行きかなぁ…。
補償入ってるけどできればなんとか~!!

今夜は電源切って寝てみます。
しばらくコメントやメールの反応遅くなるかも。
不便だ…。

おやすみなされませ。

2014中欧旅行~日本脱出!

※写真は全てクリックで大きくなります。


7/16
新千歳空港 7:50→成田空港 9:25 NH2152
成田空港発 11:20→ウィーン国際空港 16:10 OS0052


いよいよ出発。
パッケージは成田発のものなので
新千歳ー成田は自分達のみで普通に移動。

前泊は嫌だなーと思ってたらば
ギリギリで当日乗り継ぎできる便を
旅行会社さんが確保してくれたため
(日本旅行のMさんありがとう!)
当日移動が可能に。しかし…

新千歳で全ての航空Eチケを受け取るため
一度ツアーデスクに行かなければならず
その集合時刻が7:10分。

ウチから新千歳までは
高速使って約1時間。
駐車場に車預ける時間等考えると…

朝4時起き5時半出。

午前様までパッキングしていたワタクシ。。。
ふらふらでしたわ…。

成田空港着。
本来はそのまま中の通路を通って
国際線乗継できるんですけど
前日にかかってきた添乗員さんからの
『ご出発前安心コール』というやつで

「できれば一度(他の参加者と同じ)集合場所に来て欲しい」

と言われていたので
指定ウイングのカウンターへ向かう…

遠いんですけど

ウロウロしているうちに
ただでさえ集合時間オーバー気味なのが
さらにオーバーしてしまったので
添乗員さんに電話を入れ
結局、搭乗口でお会いすることに。

ちょっと買い物して早々にIN。
実はこのパッケージ、往路時のみ
ラウンジが使える特典付き。
(表blogのBEERの写真はそれ)
自動のビールサーバーやナッツ類に
果物、おにぎりに巻き寿司~♪
まったりグビグビゴキゲン~♪

指定時間に搭乗口前で
無事添乗員さん(以下H井さん・女性)と合流。
これからの動きと明日の予定が書かれた
H井さん手書きの用紙と

H井さん「これ、今回のツアーの女性のみ特典です~」

わーい!
000tokuren.jpg
シャンプー&コンディショナー2回分セット!
嬉しい~♪
外国はホテルのアメニティほとんどないし
足りなかったら現地で買う…ったって
合わないの目に見えてるからねぇ。

実際、持ってった分とこのいただいた分
全部使い切ってきました(笑)
夏だったから昼夜2回ずつシャワーして
思ったより使ったんですよ。助かった!

いよいよ搭乗。
もちろんエコノミークラスなので
席がどこかによって
体の負担がかなり違うんですけど
今回は席を自分で選べなかったんですよ。
旅行会社の手配次第&運次第。
でもね。

ありがとう神様!

通路側指定したら
真ん中の4並び席でしたけどなんと最後列!
リクライニングし放題!
いや~随分違いましたよ~。
実際、到着してから他の方に聞いたら
「長かった…」とおっしゃってましたけど
ウチ、そんなでもなかったですから(笑)
呑んで、食べて、映画見て、寝て、で
あれ?着いた?みたいな(笑)

今回のパックは
往復共にオーストリア航空。
乗継なしの直行便です。
…着いてから陸路移動はあるんだけどさ(笑)

オーストリア航空は
メインカラーが「赤」のようで
ロゴとか機内のデザインも
アクセントカラーは赤。
CAスタッフの制服も
赤いジャケットに赤いスカート…は、いい。

タイツも赤ってどうよ

くすんだ赤とかオレンジがかった赤じゃなく
真っ赤。
色鉛筆の「あか」の赤。
日本人じゃしない配色ですな(笑)

タイツの真っ赤はともかく
赤自体は好きな色で
自宅のアクセントカラーも赤系にしてるので
見てる分にはテンション♪♪♪
毛布ひとつとっても
001os0052_1.jpg
縁取りぷりち~♪
日本の航空会社の毛布とはエラい違いだわ~。

数少ない海外旅行経験ですが
毎度思う「機内食って餌付けだよな」。
時差を考慮してそうなるのは分かってますけど
1つ出して、出し終わったら片付けて
片付け終わったら次の用意して出して
出し終わったら片付けて。その連続(笑)

水平飛行に入ってすぐ
小袋(と言っても十分量な量)の
プレッツェルとドリンク。
ドリンクのカップ片付け終わった、と
思った頃には既に
すぐ後ろのギャレイから
機内食を温め直しているらしい
レンジのピッピッ音連続&いいにほひ。。。

ホットミール1回目~
002os0052_2.jpg
チキンのソテーとオムレツ、温野菜にお蕎麦。
パンにお水(KISOって書いてあった)。

ポークとチキンのチョイスメニューだったんですが

ツレ「(最後列だから)選択肢ないかもな」

ええ、ございませんでした(笑)
CS「SORRY! PORK FINISH!!」
の声と共に間髪入れずチキンのトレイが
ま、どっちでもいいんだけどさ。

味はなかなかイケましたよ。うん。
お蕎麦にはちゃんと、わさびと刻み海苔付き。
ただ、パンにお蕎麦ってのがねぇ(笑)
あと、それまで何ともなかったのに
食事配り出した途端、
気流の悪い所に入ったとかで
飛行機ガンガン揺れだしたんですよ。
お蕎麦のつゆとかドリンクとか
押さえながら食べなきゃならなくて
「なんで今揺れるワケ?!」とか
ブツブツ言いながら食べてましたわ。

「オーストリア航空は(機内オーディオの)映画が少ないらしい」
とツレが事前にどこからか情報仕入れてきてた通り
映画はあんまなかったなぁ。。。
テレビのネイチャー番組とか
向こうのバラエティ的なものはあったけど
日本語非対応。
することないけど眠れない時は仕方なく
『マトリクス』(一番最初のやつ)と
『プラダを着た悪魔』『ノア』を
繰り替えし繰り返し観てました。
(この3つは吹き替え版があった)
タッチパネルの操作だから
進めたり戻したりができて便利でしたわ。

途中、ドリンクとナッツ(おつまみ系)が来たので
白ワイン2杯呑んで寝たのに
なんか騒がしいなーと起きたら
またしてもプレッツエルとドリンク。
で、下げたと思ったら
ホットミール2回目~
003os0052_3.jpg
…なんだったけこれ。
野菜オムレツっぽいものとパン。
映ってませんがヨーグルトも付いてました。

寝て、起きて、食べて、呑んで、観て、寝て。
薄暗い機内も手伝い、
時間の経過の感覚がすっかりおかしくなった
約12時間後…。

ウイーン国際空港到着~

7/16のお昼前に日本を経って
この時、7/16夕方16:00過ぎ。
サマータイムなんで
時差はマイナス7時間です。

すんごい混んでたんですよ、入国審査。
外国人用窓口3つあったけど長蛇の列。
ウチ、最後列に座ってたから
出るのも最後の最後で
列の一番後ろに近かったんだけど
入国審査の係員がひどくてねー。
疲れちゃったのかなんなのか
パスポート、ロクに見もしないで
出されたページに自動的にスタンプ押してるだけ。
しかもあからさまにウンザリした表情(笑)

そこ抜けた後、通路にいた係員も
ペットボトル片手に座ってるだけで
お前仕事してんのか?みたいな。
日本なら速攻、メールでチクられて槍玉なトコロ。
外国だなぁ、色んな意味で。

ツアーの時って
飛行機降りたところで一度集合して
揃ってから入国審査へ向かうのが多いんですけど
ここの空港、通路が狭くて
集合なんかしたら周りの迷惑ということで
入国審査後、ゲート前で集合。
そこで初めて今回一緒に旅を全員顔合わせ。
ま、ウチ以外は成田で一度集合してるから
初めて会うのはウチだけなんだけど(笑)

申し込んだときは3名って言われてたけど
最終的に計9人。

・ウチと同年代のご夫婦
・どう見ても30代前半のお若い夫婦
・40歳男性一人旅
・母娘連れ(お母様恐らく70歳代!スゲー)
・ウチ

というメンツ。
この白髪と物腰が上品なシニアお母様、
この先、猛暑の中の城廻り
(石段だの階段だの登りがやたらと多い)を
キッチリ歩きとおしたんですよ~。すご!
ワタシの方がバテてたような…(恥)

簡単に自己紹介と
今日のこれからの動きを再確認。
荷物受け取り口まで移動して…
004wienerair.jpg
自分のトランクを確認したら
後はポーターさんにお任せ。
駐車場にあるバスへ。

ツアーのウリにもなってたのがこのバス。
005bus_1.jpg
その名も『ラグジュアリーバス』(笑)
005bus_2.jpg
皮張りシートでフットレスト付き。
ヘッドレストも調整が色々できます。
あんま重視されなさそうなバスですが
首と腰に爆弾抱えてるワタシには重要!
長時間乗るワケですからね~。

超ゆったりシートな上
このデカいバスに乗るのは基本
我々9名と添乗員さんだけ。
1人2つずつシート使って
間を1列ずつ空けてもお釣りが来るという(笑)
ツレとワタシもほとんど別々に座ってましたわ。
まぁゆったり広きゃ寛げるもんでもなかった、
というのは後々書くとして。

旅行スタートです!

おいっ!

何やら難しい顔をしたPタン。
書類を一枚手にやってきました。


Pタン「…あのさぁ」

なんかあったんですか…?

Pタン「これ何て読むの?」

はい?!

Pタン「なんかさぁ。調べる方法あったよね?」

ありますよ、ありますけど
ンなもんわざわざこっちへ持ってこなくたって
自分トコの部下に
調べさせればいいじゃないですか!
部長兼務の取締役なんだし!

Pタン「なんか悪くてさ~」

ワタシならいいってか。

PC使って調べれば
こんなのすぐですよっ!

Pタン「よく分かんないしさ~」

(それでも技術者か!)
漢和辞典だってあるでしょ?!

Pタン「字小さくてよく見えないんだもん」

だもん!じゃない、だもん!じゃ!!

タスクバーの右下にあるこれ、
ここクリックするとこういうのありますから
これでマウス使って手書きで入力してやれば…
ホラ!出た!!って…

席戻ったんかい!!!!

(内線メッセージウインドウが上がって)
『分かったら送ってください』


・・・・・・・・・。


ちなみに問い合わせの字は
『祺』→キ・ギ・さいわい、と読むらしい。
人の名前に使われてたんですけど…
変わった字使うなぁ。初めて見たよ。

チッとか思いつつ
言われた通りに送ってやる。
『どーもです』と返信が来て終了…


と思いきや。


Pタン『変換しても候補に出ないんだけど』

は?えーと『”さいわい”と打って
        変換候補リストの一番下にある「単漢字」から
        探してください』


ややしばらくして


Pタン『さいわい、って入力すると”LUCKY”って出るんだけど』

…何登録したんすか。

Pタン『こっち来て直して~(T_T)』


・・・・・・・・。


相手は役員。で、オッサン。IT系弱い。
分かってる、分かってるけどPタン。

手ぇかかり過ぎ。

お高いおパン

…なんか酒まみれで終わった土日。
月曜から体が重い

去年まで春と夏に分かれてやってた
2大酒イベが
今年は同月、しかも1週空けただけというハードさ。
蔵元さんの中には
月初めに別件で来道して
翌週最初の酒イベでまた来て
今回3度目、という
「ウイークリー借りた方が早いんじゃね?」
な方も。。。

本格的に造りが始まる前の
今の季節は
営業的なものが多くなるし
実際、イベントも多いんで
顔見知りの蔵元さん曰く

「8月は週末ほとんど(家に)いられないっす」

…た、大変ね。。。

「イベントの写真は?」とか
某所からツッコミ入りそうですが(笑)
いや、撮ったんですよ、撮ったんですけど
どうしてもそういう場なので
他の参加者を入れずに目的ブツを撮る、というのが
非常に困難で。
編集でボカし入れてみたら
どーにもこーにも…

怪しい雰囲気満載

な一枚に
健全な呑み助の会が一変…。
削除しましたわ。。。

そんなキタノハテ。
朝は曇ってて風が冷たく
肌寒いくらいだったんですが
今は晴れてて暑い…らしいです。
(外出てないから分からん)

土曜日、どうしても外せない用があり
雨の中ツレと出かけてきたんですが
お昼に「普段食べない系のパンが食べたい」
ということで買ってきました。
20140726_lunch.jpg
以前、モーニングで行った
ココのパン。
並んでたらやめようと思ったんですが
1人2人だけだったんでね。
(昼時だったんでイートインは混んでた)
思いっきり皿からはみ出てますが(笑)
チーズとレタス、トマトをはさんだ
セサミたっぷりパン♪に
チョコを巻き込んだデニッシュ
(名前忘れた…)は
デカかったんでツレとはんぶんこ。
ツレはホットドッグでした。

美味しかった。美味しかったけどさ。
パン3つで1,400円強。
凄いよね…うん。
2人で定食食べてお釣り来るよ。。。

写真のセッティングは
別にブログに載せるからこうしたワケではなく(笑)
別々の部屋でテレビ観ながらの飲み食い時は
いつもこう。ラクなんで。
我が家ではこのトレイ、
ヘビーユースよ~。

焼酎まみれの週末

昨日も今日もどんより空@キタノハテ。
蒸し暑いかと思いきや肌寒い(笑)
昨日は降ったり止んだりだった雨、
今日はずぅっと降ってます。
出かけなきゃならんのに
うっとうしいったらありゃしないわ~。

そう。今夜はお出かけ。
焼酎の会でございます。
九州からいらした蔵元さん達と
焼酎好きが一堂に介して
焼酎呑みまくり!という会。

蔵元さん達は昨日、札幌入りされているんですが
昨夜、焼酎師匠の店が集合場所になっていたので(笑)
ウチもちょっと行ってきました。
前夜祭ですな。
いやーゴキゲンで呑んだ呑んだ(笑)
楽しい夜でしたが…おかげで今日、
夕方のこの時間になってもまだ
なんとなく頭が重いという…
お風呂に入って、それでダメでも
会場付いて迎え酒すれば治るでしょう、たぶん(笑)

あ、お湯溜まった。
んじゃ支度しまっさー。

寝よう。。。

ラクチュコピクリン~

…さすがに眠。
おやすなされませ。

2014中欧旅行~はじめに

今回の中欧旅行、
もともとはポーランドが目的でした。
というのもワタシ、ずっとクラクフに行きたかったんですよ。
ええ、アウシュビッツ。
あれはやはり、訪れる機会があるのであれば
見ておくべきものだと思っていたので。
以前そう言ったのをツレが覚えていてくれて
「ポーランドメインでパック探そかー」と。

しかし。

くじら家の希望・条件を重ねると
パッケージの選択肢がほとんどない状態。
ポーランドってそういう意味ではマイナーなんだ…と
ここで気づいたワタシ達。
それでもなんとか希望に沿うものを探し出し
これで申し込みしよう!と思った翌日
人数不足により催行中止決定

結局、ポーランドは
次回ドイツと合わせて行くことにして今回断念。
ドイツとのセットだと結構あるんですよ、パック。
まぁ死ぬまでにもう1回くらいは
デカい海外旅行もできるだろうし(笑)

そんなワケで今回は

オーストリア・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー
8日間の旅でございました。

超ざっくり日程は…

●1日目
新千歳成田ウィーン
ウイーンブタペスト移動

●2日目
ブタペスト市内観光

●3日目
ブタペストブラチスラバプラハ

●4日目
プラハ市内観光

●5日目
プラハチェスキークロムロフウイーン

●6日目
ウイーン市内観光

●7日目
ウイーン日本
~時差のため日付は変わるが同日~
●8日目
成田新千歳

こんなカンジ。
ブタペスト・プラハ・ウィーンで各2泊ずつ。
詳細についてはこれから書いていきますが
朝8時出発の後
3時間バス移動→観光後、さらに5時間バス移動、
という日が2回ございました(笑)
その間ヒマだから
色んなことをゆっくり考えられましたけど
観光先ですることじゃないよなぁ(苦笑)
まぁ車窓を眺めながらのんびり考え事できる、ってのも
旅行の収穫の1つですけどね。

それにしても。

世界はものすごく広くて深い。
日本なんざヒヨコどころかアリンコ。
海外へ出るとマイ視点が毎度
地球規模にまで大風呂敷広げちゃって
人間の存在の小ささを実感させられますわ。




さて、キラキラチカチカピカピカの
写真整理がなかなか大変だ(笑)


招かれざるヤツら

ふ~っっっ
やること全部やってようやくひと段落。
自分の時間スタート!!
最近、ツレともどもお気に入りの
KIRIN BITTERSをグビグビ~っと♪
これ、ホント美味しいですわ。
なんたって甘すぎないのがイイ!
ワタシはグレフル、ツレはレモンライムが
お気に入りでございます

さて。
1つ前の記事で

『なーんか外ガスってんなぁ。
 予報、雨だっけ??? 』

と書いたぐらい、白く煙ってたキタノハテ市内。
やはり「すごいガスってるよなー」と言ってた
同僚Kと首を傾げつつも
昼間暑過ぎる日の夜には
ガスっぽくなることがあるので
それだろーぐらいに思ってた、らば!

他の部署との打ち合わせから戻った部長曰く

「これ、PM2.5なんだって!」


マジで?!?!?!


こんな白くなるもんなの?!
というのもなんか勝手に黄砂のイメージダブらせて
黄色く霞むものをイメージしてたんですよ。
へー。白いんだぁ。

部長が打ち合わせした他部署部員の中に
奥様からメールで知らされた人がいたそうな。
そのヒト、気管支ものすごい弱いヒトで
(ワタシの元所属部署同僚だから良く知ってる(笑))
マスクや加湿グッズ必須なんですよね。
なもんでテレビでPM2.5だということを知った奥様から

「帰り車で迎えに行くから!それまで外出ないで!」

と言うメールが来たらしい。
確か1歳そこそこの赤ちゃんいるはずなのに…。
大事にされとりますな、ダンナ様(笑)

調べたら環境省の目安値の倍近い数値。
なんなんだいったい。。。
ワタシもPM2.5と分かるとどうにも気持ち悪いんで
総務に大量常備してあるマスクを装着して
退社しましたよ。ええ。
まぁ、普通のマスクですから
脇側とか鼻のところの隙間から
入り放題なんでしょうけど(笑)
少しは違う…よね?気休めレベル???

おかげでどっか呑みに出ようかなーとか
実はちょっと目論んでたけど
それでなくても花火大会で
南方面には行けないし
近所ったってンなもん吸い込みながら
出かけたくもないのでパス。
家でまったりのフライデーナイト♪
でも…どうやら明日も飛ぶらしい。。。
洗濯物、大量にあるんだけどなぁ。
外干しできないやんか。チッ。


ユキオンナの夏

終~わらない終わらない~♪
仕事も洗濯も終わらない~♪
山が~小さくならないんだよ~♪

…どうするよ


ま、あがいても仕方ないか、と
いきなり開き直る金曜日。
なーんか外ガスってんなぁ。
予報、雨だっけ???

今日はキタノハテ市内を流れる
T平川での夏恒例花火大会。
新聞社主催の大きなもので
こちらでは有名なイベントになっております。
夕方、中心部には
浴衣の若いジョシやダンシが増え
お若いカップル(死語?)の一大イベント。

…イコール無関係なヒトは
サツエキから南へ出ると混雑に巻き込まれる
メイワクな日でもあります(笑)
今日は出ないぞー。

ワタクシ、日曜日に
焼酎イベント参加を控えている上
土曜は焼酎師匠の店で前夜祭。
すなわち土日はへべれけ必至。
加えていつもなら
イベント翌日の月曜は休暇、
二次会まで参加したのち
明け方に帰宅するところを
今回はさすがに…一週間有休取った後だわ、
仕事は山盛りだわで無理。
一次会で大人しく帰宅します。。。

ツレは二次会行くんだってさー。
そいでもって月曜有休だってさー。
ふーんだ。

つか、来週末には8月なのかー。
早いなぁ。
お盆過ぎたら朝晩一気に気温が下がるキタノハテ。
この暑さもほんの一瞬。
短いキタの夏を十分楽しもう…

とは微塵も思わない
暑さに弱いユキオンナ也。


はよ夏終われ~

はぁ~あ。

一週間のバケーションも終わり…

ザ・現実復帰。

いやいやいや。
時差ボケらしきものはあまり…
というか、意志で押さえつけてるけど
ちょっとずつ滲み出てるというか。
昼休み、爆睡しちまいましたわ。

暑いです@キタノハテ。
帰宅するなりエアコンon。
ユキオンナなワタシが一番
体調崩しやすい時期。。。しっかりせにゃ。

ゆっくり養生したいところですが
仕事はヤマ
洗濯物がヤマ
予定もヤマ
右を見ても左を見てもヤマヤマヤマ
休暇前の仕事の進捗状況を把握するのに
たっぷり午前中いっぱいかかりました。
予測してたんで
かなり細かく書き残して行ったにも関わらず
この有様。

…ホント、しっかりせにゃ









バケーション中はほぼ
ネット切断したままだったんで
(料金高めなので自粛)
世間の動きが丸っきり空白になってた時に
入ってきた例の撃墜ニュース。
夏休みの子供がたくさん乗ってたらしい、
というのを聞いて
その場にいた他の方達と絶句。。。
なんてことを…。
そんなにケンカしたかったら
代表者同士でタイマンすりゃいいんだよっ。

バケーション終了!

成田なう。

も一回乗らにゃならんので(笑)
搭乗待ち~。
とりあえず元気です。

暑いわ。。。日本。。。

ぶは~っ

puha.jpg
〆はスーパードゥラァァァ~い、で。

行ってきまっす!!!

see you next week!

…ふぅ。

明日早いので
もう寝なくちゃいけないんですけど
vacation前最後の記事が
あんなんじゃあんまりなんで(笑)

先日もお知らせしましたが
しばらくブログup、コメ返し共に
お休みいたします。
予約投稿。。。やっぱヒマなかった(笑)
次出てくんのは来週半ば頃かな?

戻ったら戻ったで
また怒濤の予定三昧だったり
するんですがね…

ブログ始めて9年になりますけど
丸々お休みするのは初。
毎日がネタの宝庫みたいな
日々になるんで
もったいない気もしなくはないけど
たまには、いいかもね。

っつーことで
ぼちぼち寝なくては。
行ってきます!
また来週~see you!

分かりたくもない!

なぜ、呑んだのに運転するのか。
どうしても車で出かけなければならないのか。
酒好きですが理解に苦しみます。
つか、理解したくはありません。

ひき逃げがありました。
札幌とお隣O市の境目辺りにある
某海水浴場から最寄駅へ向かう道路。
あそこら辺はよぉく知ってるので
ニュースで見て「あ、あの道か」って
一発で分かりました。

車のすれ違うのがやっとの細い道路で
一応舗装はされてますが歩道はなく
雑木林を切り開いて道路を通したようなところ。
両側からは木の枝が張出し
その向こうは深い草むら。
そんな道路を後ろから100キロで突っ込まれても
逃げ場はなし。
若い女性3人死亡、1人重傷だそうです。

捕まった犯人は12時間以上飲酒した
泥酔状態で運転してた上にスマホ操作してたらしい。
はぁ?!ですよ。はぁ?!
まっっったくワケ分からん!!!

スプーン1杯だろうが
ジョッキ1杯だろうが
「呑んだ」事実は事実。
自覚症状うんぬんではなく
血液中にアルコールが入ってる以上
身体になんらかの影響はあるんです。

常々申しておりますが
命は命でしか償えない、というのが
ワタクシの主張。
こう書くと「死んだらそこで終わりじゃないですか」と
ご丁寧に反対意見を寄せてくださる方が
時々いらっさるので
今回コメント欄は閉じさせていただきます。
ここで討論する気はございません。
ムダだし。

まぁ現実として今の法律ではなかなか
そこまでは無理でしょうから
だったらせめて、コヤツがこの先一生
一瞬でも幸せを感じることのないような
厳罰を与えていただきたい。
切に願っております。




学生時代からの友人4人組で海水浴の
帰りだったらしい…。本当に可哀想に。
心からご冥福をお祈りさせていただきます。

きょうの べんとー



・豆腐入り和風バーグ
・じゃがいもとブロッコリーのバター醤油煮
・にんじんのグラッセ
・ホウレンソウのおひたし(ごまポン)
・梅干し
・具だくさんお味噌汁(ワタシのみ)

気温の高い日が続く季節は
お弁当も色々気を使います。
厚焼き玉子はしばらく避け
(ワタシが焼くと中が微妙な半熟になるので)
同じ理由でひき肉のおかずは
火の通り塩梅に気を付けるとか
梅干しや生姜、大葉などのいわゆる
「毒消し」になりそうなものを入れるとか
揚げ物はなるべく避けるとか。

一番は詰めた後の冷まし具合ですねぇ。
特にご飯。
表面冷めても中がなかなか冷めないんで
ワタシは詰めたら保冷材の上に乗っけてます(笑)
底から冷やすと短時間で冷めるし
冷えすぎないのでいいですよー。

で、一見、色々考えてそうな今日のお弁当。


…冷蔵庫の残り物整理です。


vacation前最後の生ごみの日前夜だったため
傷みそうなものall調理!
特にお味噌汁は、なんでもあり!で
放り込んだ結果
エラいことになっとります…




おかげで冷蔵庫も生ごみも空っぽよ~♪

処分品祭り&お知らせ

バタバタしております。
あれここれもやらねば~!

そんな中。

週末にあれこれget!

まずは…↓

ぼだむぴくちゃーまぐ』0.45l
愛用していたヤツがダメになり
近場で色々探したんですが
どれもこれも『保温』性能が良すぎなため却下。
ひっどい猫舌なんですよ、ワタクシ。
逆に冷めてくれないと呑めない(笑)

普通のマグカップも会社に置いてあるんですが
PC作業ばっかの上、資料の類がどうしても
机上に散乱してしまうので危険極まりないんですわ。
なので蓋付きが欲しくて。

土曜日、買い物に出かけた時
いるむすの近くまで行ったので
ぼだむはどうかなぁと覗いてみたらば
なんと!
SALEで半額。
定価1500円→税込810円になってるぢゃ
ありませんかっっ!
ホントはもうワンサイズ小さいのを
狙ってたんだけど
もーぼだむで半額ならいいよこれで!で
お買い上げ。

商品入れ替えでの処分品だったようです。
新しいタイプも並んでたんで
赤いのいいなぁ、と思ってみたら
とらべるぷれすタイプしかなくて。
プレスは別なの持ってるからいらんのよねー。
なにより半額は強い(笑)
これでやっと会社でも
温かい飲み物が飲める…。

ホクホクで次に向かったのはヨド。
目当ての物を手に
レジへ向かう途中…
ツレが(処分品)ワゴンにロックオン。


なぜくじら家はワゴンを見ると
商品を確かめずにいられないのか…。


で、ツレがワゴンの中の商品を
かき回してる脇に
ピンク色のものを見つけたので
引っ張り出してみたらば…

あ。いいじゃんこれ。

旅行用洗面道具ポーチ。
15センチ×20センチくらい…かなぁ。

中身入れたままフックでホテルの洗面所とかに
かけておけるタイプです。

結構旅行行ってるのに
洗面道具ポーチはどーでもいいワタクシ。
某化粧品メーカーで粗品にもらったやつを
ずっと使ってたんですが
これがいわゆるBOX型。
塊形のポーチって旅行鞄の中で
かなり場所を食うんですよ。
平べったいの欲しいなぁと思ってはいたものの
結構いいお値段するし
まだ今の使えるしいっか、と放置。

ところがそのポーチも寿命らしく
とうとうファスナーが破壊。
一度開けると次閉まる保証はないし
一度閉めたら次開く保証もない、という
使うたびにギャンブル~な状態(笑)

そこにこれが来た、と。

色柄も特に嫌いじゃないし
(つか人目に触れないからこだわりなし)
なによりお値段が
定価2500円→2160円。
処分品セールで下がってる…とは言え
結構すんのね。
でもポケットの数、ホルダーの形状、
防水具合もしっかりしてたので
これは出会いだ、ということでお買い上げ。

レジへ持っていき
お財布から2000円取り出して
後は小銭…と思ってたら

レジスタッフ「980円です」


へ?


いやいやいや。
2160円じゃないの?
ホラ、値札がそこにあるでしょ?


レジスタッフ「あれ?…ああ!これ今日最終日でさらに下がってるんですよ
        税込980円です」

マジで?!
ラッキー!!


いやーさっきのマグといいツイてるわぁ♪
やっぱ日頃の行いかしら♪


そんでもって。

ヨドへ行った大本命はこちら↓

たにた『かろりずむ べーしっく

ツレもワタシも歩くのが苦じゃないヒト。
呑んだ後とか酔いに任せて(笑)
「うっそー!」と言われる距離を
よく歩いて帰るんですが
そもそもツレが「万歩計が欲しい」と言い出し
あーそういや今って
女性用のカロリー表示出るやつ
あるんだよなぁ、とワタシも乗り今回購入。
ツレが買ったのは紛れもない『万歩計』ですが
ワタシのこれは今『活動量計』というみたいです。

歩いた歩数や距離、消費カロリーはもちろん
上半身に付けておくと
『家事動作分』の消費カロリーも出してくれるし
何もしない間の消費カロリー(代謝による消費)も
出してくれる上
一日の活動量を棒グラフで表示…って
ちっさいのにすごいわね。

…まぁ「今日は歩きでこんだけ消費したから
このくらい食べても補填分になるよね♪」と
本末転倒になるのがミエミエなんだけど
ダイエットは基本、意志との戦いですから(笑)
目安よ目安。





最後にちょっとお知らせ。
もうすぐくじら家、
一足早いSUMMER VACATIONに入るもんで
その間、ブログ記事UP&コメント返しも
全休させていただきます。
余裕あれば予約投稿セットしていくつもりでしたが
今んとこ、まず無理っぽいので(笑)

なにとぞよろしくお願いいたします

ランチビー♪



ふふ

喉元過ぎたし、の結果。

昨日、腰痛の薬を…

朝の分、飲み忘れ
昼の分、当然持ち忘れ。
で、痛みも治まったし
ここらでヤク抜きすっか~と
夜、飲酒して飲まず。

そして今朝。

…鈍い腰の疼きで目が覚めました。
やばいよやばいよやばいよ~。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい~!

シロウトの見切り発車は危険です。
反省。

今日は朝から大忙し!
掃除終わったら出かけるんですが。。。
コルセット、してくかな




皆様、良い週末を!

オンナですもの。

ふ~っっっ。。。

日付変わって金曜日。ようやく。
腰痛で動けなかった数日間が
別の意味で痛い…。
それでなくてもやること多いのに
さらに滞っちゃったからなぁ。
帰宅してから動きっぱなし、
座ってクールダウンできるのは
日付が変わってから、の昨日今日です。
調べ物もする気になれんて(笑)

買い物があったので
帰りに寄ったら
こんなん見つけました↓

るるるん愛用パック
沖縄限定バージョン!

・・・って、沖縄『限定』?
ここはデッカイドー。。。

ま、いいけど。

シークワーサーの香りで
当然、沖縄産シークワーサー配合だそうな。

前に新千歳で見かけたけど
北海道限定っつーのもあるんですよね。
確かラベンダーの香りだったような。
いや、ラベンダーの香り苦手なんで
ワタシはやっぱシークワーサーですわ(笑)
なんかビタミンC豊富そうで
日焼けに効きそうだし。

ワタシが普段使ってるのはこっち↓

『1回の高級エステより日々の地道な積み重ね』
負け惜しみを自分に言い聞かせつつ
夜な夜な顔面に貼り付ける日々。

ま、VS1回の高級エステならともかく
VS毎日の高級エステだと
軍配は間違いなく高級エステ。
オンナ磨きも銭次第だわ~とか考えながら
パックしてる時点で
全てが負けてるような気もいたしますが

ツレ「しないよりは効果あると思うけど」

という慰めなんだかどーでもいいんだかな
言葉を受けながら続けております。ハイ。

沖縄ver、夏のうちに使ってみたいけど
大袋のレギュラータイプも開けたばっかだしなぁ。
ま、そのうち。

そのレギュラータイプなんですが…
袋を開けるたびに気になるのが
パッケージに付いているこのコピー↓



・・・・・・。


別にモテることを目標にするどころか頭にもないし
そもそもこの歳で『モテ』とか意識するのはどうよと思うし
だけどそりゃ一応オンナだから
モテないよりはモテた方が嬉しいってのも本音だし
んでも今さらそんなん期待してるワケないし
要するに見るたびプチ葛藤するコピーだったりするワケで。

ワタシが望むのはただ1つ。

老化よ、止まれ




このパック、沖縄限定でもう1種類あったんだけど
それがなんと『ゴーヤの香り』。
ゴーヤの香りのパック。。。それってどうよ(笑)

レイングッズ

前々から欲しかったカッパを買いました。
カッパ…ったらか。
じゃなくてもちろん雨ガッパ。
今はオサレに『レインコート』とか『ポンチョ』とか
長靴もレインブーツとか言うらしいですが
ま、要は『雨具』ね(笑)

徒歩通勤になった時、
豪雨と強風時に備えて
長靴とカッパを買おうと決めて探し始めたものの
これが意外に見つからない。
機能性を重視しながらも
やはり見た目を気にする、という
二兎を追うもの的が理由とは分かっていても
一応さ、オンナだしさ。
通勤に着るってことは人目に晒されるわけだしさ。

で、まぁ探し回った甲斐あって
去年、ようやく長靴get
そして今年、満を持してカッパgetというワケです。

買ったのはココのやつ。
実は時々行く某複合ショッピングセンターの
某雑貨屋で扱っていて
行くたびにチェックは入れてたんですけど
入荷する柄がいつも「う~ん、惜しい」で
今まで買えずじまい。
しかし今回はドンピシャ!
好みにも通勤という場面にも使える柄を
ようやく手に入れることができました。

で。

買ってから初めてネットで調べたんですが
レイングッズを専門に扱うブランドで
本社は大阪らしいです。
大阪…それで好みだったのか…妙に納得。

色んな色と柄があって
ツレは

「雨の日だから車から認識されやすいように
 少しでも明るい色&柄」

という意見。
いやそれは分かるんですけどね。
歩いてる時はいいけど、ビルについて
EV待ちの列に並んだ時に
赤だのピンクだのはちょっとさぁ。
てんで最終的にはワタシの好みでチョイス↓
poncho.jpg
(注:画像はサイトから拝借。ワタシではありませぬ(笑))

前開き(ファスナー防水)でフード付き。
小さく折り畳めば付属のポーチに入ります。
サイトを見ればわかりますが、これ
ポンチョだけあって確かに真四角(笑)
脇の部分はスナップ止めになってて
広げると真っ平らな布状態。
干すのもラクそう♪

心配なのは、強風の際
前からの風に余った布が煽られないかどうか。
ま、飛ばされはしないでしょうけどね。
この体重じゃさ

そしてもう1つの問題。
ようやく雨具揃った!と思ったのに
前出の長靴…ツレに取られかけ
足のサイズほぼ同じだから
(ワタシがデカくてツレが小さい)
十分兼用可能なんですよね…。
あーあ、また探さにゃ。

人間は忘れる生き物です。

天空の遠距離恋愛も吹っ飛ぶような
ここ数日の大荒れお天気。
エラいことになっとりますなー。
皆さま大事ございませんでしょうか。

さすがのオリヒメはんとヒコボシはんも
「天気悪いからさぁ。
 今年はひと月ずらして北海道で会おかー」
とか相談してんじゃないかと(笑)

ところでなんで北海道の七夕は8月7日なのか、
ワタシも良くは知らなかったので
ググッてみたんですけど
旧暦だとか、旧暦は違うよとか
中国のお祭りの絡みだとか
行く先々でそれぞれ違うことが書いてあって
結局わかりませんでした(笑)
つか、北海道でも7月7日が
七夕のところもある上に
その違いの理由も分からないそうで
ひっくるめて全く分からないけど
少なくとも札幌…の大部分は8月7日。。。

らしいです。


で。


例によって例の如く
津軽海峡を境にお天気真逆のデッカイドー。
本州のお天気大荒れのその間も
申し訳ないほど日常。一滴も雨降らず。
まぁ多少湿度高めですけど
それにしたって台風来るの早過ぎじゃね???
やっぱ日本全体が
亜熱帯気候に移行しつつあるのかしらねぇ。

さて。

ワタクシの腰で暴れていた
ヘルニアの痛みですが
今日になって嘘のように引いております。
いやー当人がマジで嘘でしょ?!って
思うくらいの見事な引きっぷり。
まぁ痛み止めやら張り止めやらは
まだ呑んでますし
痛みが来そうな感覚も残ってますが
それにしたって明らかに効き目が切れてる時間も
「…グッ」はなくなったので
ほぼ収束したんではないかと。
昨夜はまだ焼き鳥屋のカウンターで
「…ウググ」とかやってたんですけどねぇ。

おかげで今日はコルセットもなし。
(暑すぎる!)
ちゃっちゃと歩けるし
立ったり座ったりもフツーにできます。
薬ってのは大したもんですわ。

そう。で、焼き鳥屋。
夕方から急激に良くなってきたので
行きたそうだけど腰痛そうだしな…というのが
ミエミエのツレを誘って行ってきました(笑)

いつものお気に入り焼き鳥屋さん、
そう席数が多くないので
ウチは行く前に必ず電話します。
昨日もツレが着替えている間に電話かけながら
寝室に荷物を置きに入る…と同時に
寝室と続き部屋に置いてある本棚のガラスが
やたら鳴るんですね。ガタガタと。
ガラス戸がちゃんと閉まってないと
ちょっと歩く振動だけでもガタガタうるさいんで
気にも留めず電話してたんですが
大将に名乗ったところで
受話側から”ゆれくる”のサイレン音が。


あ!地震だ!

大将『あ、ホントだ。揺れてますね~』


そうか、それでガラス鳴ってたのか…と納得しながら


ああ、それで19時過ぎに2人入れます?


速攻スルー。


携帯から地震予知のサイレン音鳴り続けてるのに
焼き鳥屋の予約を優先させるワタシ。。。
大将、爆笑してました。

電話切ってから見たら
震度3と震度4が計3回。
大きな被害はなかったようですが…

喉元過ぎれば熱さ忘れる

腰のことといい、地震といい
今のワタシにピッタリな言葉だ、と
今朝、ふた塊あった古新聞を
横着して一度に出そうとした上
EV待ちきれず階段で降りようとして
腰に激痛走らせ反省いたしました。。。




忘れててさ。
分かってればツレが下ろしてくれたのにー。



NEW!