秋深し~

この期に多んで蚊に刺されました@砂くじらです。
痒い…。

9月も終わり。早いなぁ。
そういや今月に入ってすぐ、郵便局で
『喪中ハガキ印刷承ります』
の看板を見て足止まったっけ。

日中の気温はともかく、
朝晩は確実に着実に下がって来ています。
七分袖の上着なしで通勤(徒歩)してるんですけど
ここ最近は「上着をどうするか」で悩む朝。
今日はなんだかヒンヤリしてるし
予報で最高が20度いかないと言っていたので
綿のパーカー羽織って出たんですが
案の定途中で暑くなり信号待ちで脱ぎ脱ぎ。

と。

観光客とおぼしきスーツケース引きながら
目の前の中央分離帯で
やはり信号待ちをしているジョシ3人。
の内1人。

まさかのダウンジャケット着用

に、分厚いタイツ(肌が全く透けない)やつ…。

個人差あるのは分かるけど
そんなに違うか?違うのか?
それは12月の服装じゃないのか?
日本は長いですな…。

スポンサーサイト

迷いの『酸味』

自分のコーヒーの好みを
どう説明したらいいのか分からなくなりました。

珈琲特有の『酸味』のようなものがダメで
豆ではマンデリンが苦手。
なのでお店で聞かれた時はいつも

「酸味の少ないもの」

と答えていたんですよね。
色々飲んだ結果
自分の中で『酸味』が低く香ばしい、
好みドンピシャな豆は
徳光珈琲の本店限定ブレンド、
若しくはエチオピアのウォッシュで確定。
家でも会社でもほぼそれだけを呑んで約10年。

今、市内の某デパートで
その徳光珈琲を始めとした道内はもちろん
富山、京都、東京、名古屋の
自家焙煎珈琲ショップが集まる珈琲マルシェが開催中でして
やはり珈琲好きのツレと行ってきたんですよ。
全店試飲ができるなんてそうそうないから
あちこち呑み比べた結果
2人とも白羽の矢を立てたのは
京都の『Unir』(ウニール)というお店。

いつものように
「酸味の少ないのが好きなんですが」
と言うと
「普段何をお飲みですか?」
と聞かれたのでエチオピアのウォッシュ、と答えたんですね。
そしたら

「エチオピアは酸味のある方寄りです…」

と遠慮がちに言われまして。
なんですとー!!!ですよ。ええ。

まぁその方も
「焙煎にもよります。
お飲みになっているお店は深煎りかもしれませんし」
と付け加えてくださいましたが
まぁ一般的には違うんだろうな、という。

うーん。。。
分からん。。。
じゃあどういえばいいんだ…?
逆に苦手な豆を言えばいいんだろか…。

なんだかんだで買いました。
20160923_coffee.jpg
イベント限定Unirセット。
2つしか写ってませんが3つセット。
後の1つはイベント限定ブレンド(ツレ推し)です。

なんだか自分の珈琲の好みに
自信がなくなってきましたが
とりあえず対応してくれた方、
…たぶん店長(代表)さんだと思われる…は
このドラマの時の、
丸メガネをかけたこの方に似ておられました(笑)


あくまで『鍋敷き』

そして祝日前日。
ツレとの待ち合わせ時間調整のため
ふらっと入ったお店で~出会った~…

鍋敷き(笑)
20160923_nabeshiki1.jpg
以前買った鍋敷き型コースター
(記事はコチラ→)の
模様違いのやつ。
その時のお店と同じ『niko and…』の
別店舗で見つけました。
サイズ感が全く伝わりませんが(笑)
15センチ四方くらいかな。

たかが鍋敷き。
そんな探し回らなくても
ポットスタンドとかトリベットとかオサレな呼び名で
素材も色もデザインもたくさん出てますけど
ワタシが探していたのはあくまで「鍋敷き」。
というのもこれが頭から離れなくって。
20160923_nabeshiki3.jpg
汚くて申し訳ない。
ずっと使ってた古いやつです。
どちらも100円ショップですが
向かって左は結婚数年後に
買い足したもの、
右はツレが一人暮らしを始めた時
ワタシが買ってきたものなので
25年(!)は使ってたんじゃないかと。

これが頭にあるのでどうしても
『竹(若しくは木)片をワイヤーで繋いだもの』が
欲しかったんですよねー。

というわけでこれも
20160923_nabeshiki2.jpg
作りは同じ。
色がガチャガチャしてないので
台所に出しておいても見た目スッキリ。
1枚500円のチープなシアワセでございます


無印コスメデビュー

朝からアグレッシブに動いた祝日の昨日。
あちこち寄って色々見たり買ったりしてきました。

まず。

年に1~2度あるかないかの
化粧水とかオイルとかの基礎化粧品が
全部一度になくなるタイミング到来。
今使っている物の使い心地自体に
不満はないんですが
洗顔・クレンジング・化粧水という基礎3本柱に
トラベルサイズがなく
毎度詰め替えなければならないのが面倒だったのと
ワタシが使っている商品が
どうやらマイナーチェンジするようで
最近在庫のない店が増えたため
最寄の店では手に入らなくなった、という
モロモロをひっくるめて
以前から気になってたこちらを試してみることに。

20160923_muji.jpg
無印です。
まずはトラベルサイズで
オイルフリーのクレンジングと
保湿タイプの洗顔料。
写真はないですがこの後
美白タイプの敏感肌用高保湿化粧水も
やはりトラベルサイズで買ってみました。

乾燥肌の敏感肌で
特にオイルは要注意なんですよねー。
なのでまずは水分。

前のが少し残っているので
まだ洗顔しか使ってないんですけど
トラブルもないようだし香りもないしgood!
洗い心地も特に不満ないし大丈夫そう。
このまま行けそうです。

アプリで調べてから行ったんですが
まーものすごいある!
これから各タイプ試していこうと思います。


普通はそっちへ行きません。

先日、母から大物の買い物を頼まれたので
久しぶりにツレとマイ実家へ。

母は昨年の秋に遭った事故の後遺症で
まだ杖をつきながら
リハビリに通っているんですけど
怪我をした腰と太ももをかばったツケが
膝に来てしまったそうで
現在整形外科だけで2軒ハシゴ中。。。
プラス、定期的に通っている脳神経外科と
歯医者も合わせて
週に4日の病院+1日おきのリハビリ通い。
なんだかなぁ…。

実家リビングに久々に足を踏み入れると
いつものソファとダイニングテーブルの間に
見慣れないダイニング用のチェアが一脚と
一人用の丸テーブルが。


なにコレ?

母「あーそれ、もう腰とヒザ痛くてどうしようもなくてね~」
母「ダイニング(テーブル)もソファも痛くて座れなくて~」
母「で、作ってもらったの

はい?何を?

母「その椅子とテーブル。お母さん用に高さ合わせて」
母「おかげでようやく楽に座れるようになったのよ~」

って…オーダーしたってこと?

母「そう」

椅子とテーブルを?

母「そう。一ヶ月もかかったわ」

はぁ?!


腰が痛くて座れない辛さは
ワタシにも分かる。
分かるけどそこからなぜ!
椅子とテーブルをオーダーするという考えに
行きつくワケ?!?!


ツレ「(爆笑)」


…しかも母は飛騨家具の大ファン。
リビングに置いてあるのは全て飛騨家具。
当然…


母「もちろん。だって色合わないし」


…やるなぁ。
っていうか、フツーそこまでやらないよなぁ。
腰が痛くて座れないからって
家具オーダーするっていう思考は
普通ないよなぁ…ブツブツブツ


ツレ「(大爆笑)」


いやいいんだけどさ。
墓までお金持って行けるワケじゃないし
趣味ったってそれしかないんだから。
しかし…そういう方向に行く人がいるのか…
そかもその人からDNA受け継いでるんだよな…

我が母ながら
なんだか色んな意味で衝撃でした…。


子ナシとは。

この間ふっと気づいたんですけど。

姑・ツレ・ワタシ・義弟・義妹・姪っ子・甥っ子という
いわゆる『家族』の中で
どこにも血のつながりのないのって
ワタシだけなんですよ。そういえば。

自分に兄弟姉妹がいれば
嫁いで苗字が変わったとしても
姪っ子甥っ子とは血のつながりはある。
んでもワタシの場合、
グッティ嫁予定ゼロ。
当然子供の予定なんざもっとナシ。

ツレとは夫婦だけど
『夫婦は一番近い他人』だし(笑)
嫁という立場では義妹もそうだけど
姪っ子甥っ子という「つながり」がいるワケで。

なので盆暮れに「家族」で集まって宴会しても
「血縁」じゃないのはワタシだけ。
ああ、子ナシってこういうことなんだなぁ、と
結婚22年目にしていきなり腑に落ちました(笑)

別に義妹と小姑バトル勃発!とか
嫁姑の確執表面化!とか
そういうのは全くて、普通に良好な関係なんですが
姑も80が見えてきて、先のことを考えた時
「子供」という存在により
根本的に見ている方向が違うんじゃないのかなぁ、と。

ウチは子ナシだから、遺さなければならない「人」も
果たさなければならない「責任」もナシ。
自分達だけ。
何かあった場合、シワ寄せは甥っ子姪っ子に行ってしまう。
それだけは絶対に避けなければならない。

ということをこの間宅呑みしつつ
ツレ話してたんですが…
なんていうのかな。意見は一致してるんだけど
ワタシの中でどこか「冷めてる」部分があるというか。
姪っ子甥っ子は可愛いですけど
ワタシの場合のそれは
「姪甥だから」ではなく
「子供だから」なんじゃないかな、と。
ツレは違うんです「姪甥だから」なんですよね。
それで、ああ、ツレは自分の弟の子どもだしなぁ。
ん?待てよ?ワタシだけか他人?って。

まぁだからってどうもしないんですけど(笑)
ただ子ナシってのはこういう事から
世間とのつながりが希薄になっていくという事、
なんだなぁとなんとなく思いました。


ハナドクロget!

劇団☆新感線
髑髏城の七人~season花~
hanadokuro.jpg
無事チケットgetできました。

しかし…

来年の5月か。。。
先過ぎてなんかもう(笑)
とりあえずチケット取ったことを
忘れないようにしなければ。
そんなレベル。


気付けば一週間ほど空いておりました

三連休のち2日働いて1日休みまた働いて週末。
あまり細切れだとかえってしんどいし
家のことも仕事も細切れになってしまうので
どっちかに詰めて欲しいなと思う今日この頃。

今月、恥ずかしながらまた1つ歳を重ねました。
アラフィフです。
いやー…参ったね。フィフだってさ。
もうこうなると開き直りますね、ええ。
ツレからはもちろんですが
普段お世話になっているお店の先々で
祝っていただいて感謝感激。
こんな酒呑みですがどうぞよろしく~。
肝臓の限りに呑み続けまっせ!

週末は大通公園で開催中の
食イベ『オータムフェスト』へ通って
ラーメンやソウルフードを食したり
道の駅まで遠出して仕入れた食材で
宅呑みしたり。
楽しんでおります。ハイ。






先日、ツレが誕生祝にと
予約しておいてくれたオトナの蕎麦屋へ行った時のこと。
満席の店内の奥のテーブルから聞こえてくる
愚痴の数々…。
見ると女性2人。
片方は先輩風(年上っぽい)で
片方は後輩風(年下っぽい)。
もっぱら後輩風の方が愚痴をこぼし
先輩風の方がうんうんと聞いてやってる体なんですけど
後輩風さん、かなり呑んでるっぽくて声が大きい(笑)

「~主任がぁ!」
「どうおもいますぅ~?」
「私としては~!」

うんうん。
働いてると色んなことあるよね。
大変だよね。

と聞くともなしに聞いてた(聞こえてくる)ら
気付くと声が聞こえない。
あれ?と見たらば

爆睡。

酔いつぶれ、ベンチ型の椅子に崩れ落ちて
寝ちゃってました。あちゃー。

先輩風の女性、何度か起こしてみた後
こりゃダメだと思ったらしくどこかに電話…。
10分後、後輩風さんのダンナさんっぽい方が
車で登場。
ダンナさんに手を引かれ、
後ろからは先輩さんに腰を支えられ、
フラつきながら店を出て行く後輩風さんの顔は
紙のように真っ白。。。
ありゃーリバース確定だな…。

ワタシもその日はかなり呑んだんですが
用心して水もガブ呑みしていたため
翌日は朝から元気に食イベ@ラーメン!
全開で食欲の秋満喫中なアラフィフでございます。


驚愕の由来

入社直後からずっと
会社の女性社員有志で
千趣会の『monthly club』を利用しています。
先ほど今月分が届いたんですが
商品と一緒に届くリーフレットの中に
ディズニーおせちの案内が!
おせち…そうか、もうそんな時期か。
9月中旬だもんな…。
てか夏終わった感からの進行が早いわぁ。

このディズニーおせち、
ミッキーやプーさんの形をした3段重に
キャラをあしらった蒲鉾やデザートはもちろん
その他の料理もなかなか豪華

キャラ入りのお祝い箸とポチ袋に
カレンダーを兼ねた手ぬぐい付きと
付録もなかなか豪華

当然お値段もなかなか豪華。
24,000円也。

…ワタシ的にはこのお値段出すなら
地元の割烹のお重とか
近所のお寿司屋さんで寿司とか
そっちにしますけど
まぁお子さんいるご家庭は喜ぶでしょうし
正月に子供や孫が集まるお宅だと
ウケがいいでしょうねー。

プーさん大好きなので
初めてこのおせちを見た時は
「入れ物(お重)だけ欲しい!」となりました、が
あのプーさんシルエットのお重を
正月以降、何に使うのかとツレに確認され
「・・・・・」無言。
円形の重箱に見映え良く詰めるのは
かなりの高等テクを要しますし
耳のでっぱりとか超使いづらそう(笑)
そもそも子供のいない我が家で
ツレとワタシであの可愛らしいお重を囲む必要性が
まったく見つからない、ってことで
我が家には縁のないブツ確定。
現在に至ります。

今回衝撃だったのが
この『千趣会』という社名の由来。
ワタシてっきりく『千の趣味のための会』的な
ネーミングだと思ってたんですけどね。
なんとなくwikiで検索したところ

元々はこけしの頒布販売から始まり
「こけし千体趣味蒐集の会」の略称に由来するもの。


こけし領布販売もさることながら
こけし千体って。






50体。


ある意味ツワモノ

前回書いた『変わる意識』読み返してて
思い出したんですが…。

昔、ちょっと変わったルートの縁故で
中途採用された女の子がいたんですよ。
この子がまぁやってくれちゃった子でして

5月入社
9月
「来春結婚します」
「子供ができるまで仕事は続けたい」→会社了承

ところが

11月 妊娠報告→「来春で会社辞めます」

っていう…。
今でも覚えてますけど
当時めちゃくちゃ忙しい時期に
真っ白の新入社員入ってきたもんだから
忙しいのに戦力にはならないし仕事は教えなきゃならない、
ちょっとこっちの状況考えてくれよーと
そこの部の同僚が愚痴りまくってたっけなー。
それでも育てようとしていたのに
「できちゃいました。テヘ♪」みたいな感じだったらしく
みんなブチ切れて
「教えたってどうせ辞めるんだし」
「妊娠してる女性に気使ってる余裕もないし」でその後放置。
縁故元の方が大変申し訳ない!と謝りに来たそうで
結局年内で辞めていきましたねー。

そういやもっと昔に入った新卒の子で
4月入社、6月退職ってのもいたなー。
その理由がすごくて「思ってたのと違う」だったとか。

残業ナシの毎日必ず定時退社で
アフター5(死語)は習いモノしたり呑みに出たり
できると思ってたのに
ほとんど定時で帰れないから
習いモノに行けなくて困るから辞めます

…と言ったそうです。
みんな、ああそうですか、としか言えず。
しばらく社内で話題になりました(笑)

そうそうこの子も縁故入社だったから
後からその人が頭下げに来たんだっけ。
確か女性社員の皆様にってケーキもらったような(笑)
一度でもそういうことがあると
会社の方も警戒するというか…。
辞めた本人達は「あ~終わった終わった」
ぐらいにしか思ってないんだろうなー。


変わる意識

こないだにも書いたんですけど…。

総務の人事S(同い年)がウチの部長んトコに来て

S「(来春入社が)内定している新人が出社したがってる」
S「本人曰く、一日も早く出社したいらしい」
S「マシン(PC)の手配いつになりますか?」

と。

へ?なにそれ?
早く会社来たいって?珍しい~!と言ったら

S「遠距離の彼女が(こっちの)市内にいるんだって」

?うん。

S「だからそこから通うらしい」

???

S「一日も早く一緒に暮らしたいんだってさ」

…えーとそれって要するに
×早く働きたい ○早く同棲したい
ってこと?

S「そそそ」


はぁ?!?!?!


部長「いやらしい!!」

いや部長、確かにいやらしいですけど
そこはもっと「愛」的なものでオブラートを…

(たまたま部長のとこに来てた)
スヌ専務「採用取り消し!」
(内定者はスヌ部長部署配属予定)

ちょ!なんか話が大きく!
S!なんで今ここでそんな話すんの?!
少しはメンツを見てから言いなさいよっ!!
てかそもそもそんな話いつしたの?!


S「面接の時。俺面接官やったの」


面接でその話っておかしいでしょ。。。
ていうかその内定者クンも話すかそれ?
そんなん話広げちゃって
将来彼女じゃない別の人と結婚したら
言われるの目に見えてるじゃない。
いやもう既に未来永劫言われるの確定だけれども。

結婚前に同棲かぁ…。
今は珍しくないんですかね。
ワタシが20代の頃は世間の風潮としても
おおよそ「とんでもない!」が前提だったような。
そういえば今は芸能人の結婚が発表される時も
『妊娠はしている・いない』が必ず付いてますけど
あれも『デキちゃった婚』が市民権を得た証拠…。

「順番だけは間違わないで!」

と親に言われた世代は古いのかしら…。


根強い意識

今朝。
某人気男性アーティストの自宅マンションに
合鍵使って侵入・逮捕された
元コンシェルジュの初公判というニュースが。

ああ、そんなこともあったわね…と
台所であれこれやっていると


「かんけーねーだろが!ったく…ブツブツ


というツレの声。
ん?とテレビを観ると被告の映像の下に出たテロップには
氏名年齢の前に

・婚姻歴なし

の文字。

「事件に全くかんけーねーだろーよ…ブツブツ
「離婚歴あればあれで書くんだろうしな…ブツブツ
「ったくこいつらは…ブツブツ

ワタシに輪をかけてマスゴミ嫌いのツレ。
朝から憤っておりました。

ほとんど女性だけじゃないです?
こういう時に『婚歴ありなし』を書かれるの。
男性ではあまり見ない。
こういうちっさいところで差別がにじみ出てるというか。
なんかもう、女性の自立を高らかに謳い、支持しているマスゴミを見ると

どの口が言うか!!!

…ワタシまで憤った朝でございました。


で、まぁ肝心の事件ですけども。


別に金品奪ったわけでも
誰かに怪我をさせたわけでもないから
軽い刑で済むという見解が出てましたけどね。
コンシェルジュなんざいるはずもない
ド庶民レベルのマンション住まいからしても
『管理側』に一度あーいうことされると
再び信用するのは無理だわなー。
じゃあ別の管理会社にって言われても
所詮『管理側』だから意味ないし。
物品・人命的に被害はなくても
目に見えない被害は大きいのですよ。ええ。

管理会社を変えようとしても
さすがかなりセキュリティの高い
超高級マンションらしいですから
そこを仕切れる規模となると
そんなたくさんなさそうだし…
住民もクセのある人多いだろうなぁ。
(金持ち=クセ者という庶民の偏見)

とりあえず奥さん、何事もなくてよかったよねぇ。
仕事終わって、家帰って、リビング入ったら
知らない人が!!って考えただけでゾッとしますわ。


おはぎ

毎月7日はおやつ屋さん!…って
ワタシ8月の分upし忘れてたようで。
今さらですがよろしければ→コチラ

んで、今月は。

おはぎ
20160907_oyatsu1.jpg
包装紙にもありますが、毎年恒例です。
20160907_oyatsu2.jpg
左上から時計回りに
・豆~大納言小豆、枝豆、大豆inこし餡
・小倉~スタンダードな小倉餡
・さつまいも~さつまいも餡
・青えんどう~青えんどうつぶ餡
・くるみ~inこし餡

かなり食べ応えがあって
2つも食べるとお腹いっぱいになります。
まぁ米と砂糖たっぷり餡ですからねぇ。
カロリー的には知りたくないところ。。。



それってどうよ?

また台風来てますね…。
もういいっちゅーの。

野菜だけでなく海も大変なようで
先日呑みに行った酒友さんママのお店
(海鮮がウリ)でもママが
家庭菜園はほぼ全滅だし
海が荒れて魚は仕入れられないし
大変よぉ~とこぼしてましたわ。
今年は間違いなく野菜値上がりするなぁ…。






酒臭い遠征絶賛手配中。

帰りの飛行機だけが先割の希望席種満席で
普通席で予約しつつキャンセル待ち。
しかし購入期限の日になっても空かなかったため
仕方ないかーと普通席で購入。
キャンセル待ち取り消し。

その翌朝。

何気に見てみたら2席空きが出てる!
でも普通席で購入しちゃったし
早割だからキャンセル料かかるよなーと
諦めてたら
やはり見たらしいツレからメールが来て
『手数料の金額によるけど変更したら?』とな。
聞くだけタダだし電話してみっか、と
歩きながらインフォメーションに電話したのが8:20。

出ない。

まず一発で繋がらないんですよね。
ここのインフォメーション。
それは知ってたんですが
朝だからなのか
OPEN直後だからなのか知らないけど
とにかく繋がらない。
会社へ着いて、EV待ちの列に並んで
順番が来てもつながらないので一旦切り
フロアについてから再度電話。

残席2しかなかったし
こうしてる間にも先越されちゃってるかも…と
焦ってくるんだけど
さっぱり繋がる気配なし。
一度切ると順番待ち後ろになるから
ひたすら待って待って待って待って
繋がったのは9:15。
一旦切ったとはいえ、その間3分ほど。
一時間弱かけっぱなしって

まだ席は残ってた上に手数料なし!
席種の差額だけで変更できました。よかった。
手数料かからないの分かってれば
ネットでサクッと済んだんですけどねー。
飛行機の予約に関しては
『何日前』とか『変更できるできない』が
いまいち分かりにくいなぁと。

今回の遠征に関しては
もともとが観劇目的だったので
チケット取れた時点で宿とか手配してあったんですよね。
しかし酒臭く変更したために
予約していた関西の温泉宿はキャンセル。
ところがキャンセル手続きしようと
予約したホテルの公式サイトを開いたところ

『このサイトからのキャンセル・変更はできません』
『お電話での手続きをお願いします』

の文字が。
なんじゃそりゃ、珍しいな。
つか何のための予約サイトだよと呟きつつ
とっとと済ませてしまおうと宿に電話。
予定変更でキャンセルの旨を伝えたところ
電話の向こうのねーちゃん、怪訝そうな声で


「予約されたサイトからキャンセルもできますが…」

いえ、できませんでしたよ?

「そうなんですか?!」

ええ。ここでキャンセルはできないから
電話してくださいって書いてありましたけど?

「そうなんですか?…分かりました。
こちらでお受けして後で確認しておきます。」


って…それどうよ
なんか…ネットのセキュリティとか
個人情報保護とか甘そうだな…。

大手旅行代理店でさえ
流出させる時代ですからねぇ。
どんなにシステムが強固に作られていても
扱う人間の意識がユルユルじゃ
何の意味もないですわ。



そして9月

ども。

超繁忙期はないけど完全閑散期もないです。
年中漏れなくそこはかとなく繁忙期部署所属です。
ラクそうに見えるようですがそうでもないです。
油断するとあっという間に
作業ノルマ崩壊する紙一重のスケジュールです。

砂くじらです。

そんなこんなでバタバタしてるうちに
気が付けば九月。そして秋。
朝晩の気温も下がり始め
日もいつのまにか短くなり
ぼんやり年末のことを考えていたりする今日この頃。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ワタクシはあれこれ雑事をこなしつつ
酒臭く染まってしまった
来月遠征の手配に追われておりましたが
ようやくひと段落いたしました。
早々と予定を組むと希望通りに手配が進む一方、
『利用予定日の一か月前発売』というのが
微妙に面倒だったりしますな。
一度にスパッと終わらなかったり
間空きすぎて発売日を忘れてしまうことも
あるあるあるったらある。

9月~10月のデッカイドーは
ツレの大好きな食イベが多くあり
ツレとワタシが大事にしているお店の
周年があるところに加え
ツレ長期の出張発生のち酒臭い遠征突入。
それが終われば11月。

・・・・・・やめましょうか。

そしてワタクシ今月また一つ歳を重ねてしまいます。
もうアラフォーと言うのは苦しい。
アラフィフ突入。
フィフですぜフィフ。フィフティー。
このワタシが!
実家の母に言おうもんなら
「お母さんがアンタの歳にはもう…」と
愚痴スパイラルになるのは
火を見るより明らかなので
当分は実家に接しないようにしたいところです。






酒カテゴリを別ブログに移して以来、
忙しくなったのもありますけど
目に見えてこちらの更新が減っております。
所詮ワタシは酒ネタだけの女だったのか…とは
思いませんが
常に仕事がある程度密集している部署なので
以前のような毎日更新は難しくなるかな、と。
細々と行きますのでよろしければお付き合いくださいませ。

なにはともあれ季節の変わり目です。
みなさま体調にお気をつけて
食欲の秋を満喫いたしましょう。




NEW!