14年前です。

んで、観てきました。

ゲキ×シネ阿修羅城の瞳2003
20170315阿修羅城の瞳

2003年かぁ。
ワタシが舞台を観始めたのがこの直後。
2004年に上演された獅童ちゃんの『丹下左膳』が
新橋演舞場デビュー。
新感線デビューは2007年の『朧の森に棲む鬼』。
なのでこの阿修羅城は生で観ておりませんが
2005年、闇のつばき/阿修羅役を
宮沢りえさんが演じた映画版のDVDは
何度も観ているので
つばき役はどうしてもそっちのイメージが強く
天海姐さんではちょっと年齢的に
オトナ過ぎるんじゃないのかな、と
思っておりました。

やはり「つばき」の頃は
その印象が拭いきれなかったんですけど
阿修羅になってからの姐さん…凄。。。
何よりかにより

超美しい。

面白かったなぁ…。
観に行ってよかったです。






ゲキ×シネ、昔は数日来てたんですよねー。
でも行くたび「指定席の意味ないよねこれ」な
空席の目立ちっぷり…というか
お客の数が簡単に数えられるレベルだったので
案の定、上演回数&演目が減ってきてます。

今回は1DAYだったので
そこそこ入ってましたけど
それでも
1DAYであれじゃー
回数減らされるはずだよな、のレベル。
前半分誰も座ってませんでしたからねー。
その割に12あるシアターの中でも
中くらい規模のシアターだったんですけど
あれってスクリーンのサイズとかにも
関係あるんだろか?

映画版をDVDで観てるので
ストーリーはもちろん
セリフも大体は覚えてましたが
大筋あんま変わってませんでした。
前に行ったようにこれ、舞台は観てませんけど
ちょうど観劇に足突っ込みかけた頃だったので
ネットで色んな方のレビューを観てたんですよね。
なので邪空のセリフ

「その鼠小僧は偽物だ!」
「今歌舞伎座行って確認してきた」

で、ああ、そうか、この時ちょうどあの頃か、と
笑ったんですが…

笑ってるのワタシとツレだけ(笑)

終わって会場見渡したら
お若い方が多かったんですよねー。
後ろに座ってた4人なんて大学生。
当時小学生だよ!そりゃ知らないよ!
14年の月日の長さを感じましたわ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    NEW!