IHグリルでパン作り!7

この三連休に久々パンを焼きました。
pan_20170322135751c94.jpg
昨年末にぼたもちを作った際
余った粒餡を冷凍してあったので
それを入れた餡パンです。

狭いグリル庫内に入らないため
いつもギリで入るスクエアのケーキ型を
使ってましたけど
要はグリルの天井に付かなきゃいいんだし
これでも行けんじゃね?と
思い付きでタルト型。(これは底が外れるタイプ)
ついでに
丸型ならちぎりパン風にできんじゃね?
てことでこの形になりました。
使えますねーこれ。
具材とかバリエ効きそう♪

延々あれこれ試行錯誤してた
IHグリルでのパン作り。
過去の戦歴(笑)はコチラ
1→,2→,3→,4→,5→,6→
(※ブログ内過去記事へ飛びます)

「常に家にある材料」で
「思い立った時」に
「構えず」「他の家事のかたわら」でも
焼けるレシピ。
かつ、失敗しないレシピを模索しておりましたが
ワタシにはこれが一番合ってるようです。

Cpicon 30分で簡単低カロリーパン by papiraki

毎度おなじみ
いつもお世話になり過ぎて申し訳ない

このレシピ、今のところ全勝中。
水を牛乳に変えたり
砂糖減らしてバター足してみたり
生地に混ぜたり具材詰めたりしても
まず失敗しない。優秀です。

このレシピ自体は
オーブン使用の一般的なものなので
IHグリルの場合、
加熱だけはちょっとコツが必要。

以下覚書も兼ねて。

蓋つき耐熱ボウル(またはラップをかける)に
入れて1分弱チンした後
濡れ布巾をかけて暖かい場所へ。
一次発酵。
膨らんだら成形して型に詰め
アルミハクとクッキングシートを重ねて
縁を折り作った蓋状のものを被せて
グリルへIN。
(アルミだけだと膨らんだ生地がくっつくし
クッキングシートだけだと燃える&焦げます(笑))
強火で30秒ほど加熱した後火を止め
そのまま庫内で二次発酵。

膨らんだら表面に卵or融かしバターを塗り
温度設定機能の220度で
アルミ&クッキングシートの
蓋を乗せたまま10分加熱。
焼き色を見て蓋を外し(熱いので注意)
焦げ目を付けて出来あがり。

あと、粉を練る際、
水分量はレシピを「MAX量」として
練りながら加えています。
レシピ通りの水入れても
季節と気温、その時使ってる粉によって
焼き上がりが全然変わってしまうので。

(イースト菌は)寒いのが苦手。
膨らまなかったら膨らむまで放置。
グリルはオーブンより
庫内が狭い=火の当たりが強いことを
基本として頭に置く。
これがワタシの3大ポイント。

…几帳面な人より
テキトーな人の方が向いてるかも(笑)

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    NEW!