胃カメラ2017

雨の土日。
そして予報では月曜から快晴。
…のはずが

寒いんですけど。

湿度高い&気温低いで
洗濯物がパリッとしなくて困るんだよね…

そんな昼間の気温が10度そこそこという日が
続いております@キタノハテ。
『リラ(ライラック)冷え』という言葉がありますが
ライラックはとっくに散ってるっつーの(笑)
風邪引かないよう気をつけねば。






先週の金曜に胃カメラ行ってきました。

ずっとお世話になってた
おじいちゃんDr.が数年前に亡くなり
結局、病院自体なくなってしまったので
(建物はあるけど全く診療科目の違う病院になってた)
次の出会いを求め、
絶賛カメラジプシー中のワタクシ。
この数年、毎年場所を変えつつ
有名どころを4つほど回りましたがどこも×。
それどころかモロモロ含め
『二度と行かない!』というレベル。
2014,2015(あれ、2016が見つからない…)

そして分かったのは
おじいちゃんDr.が『上手過ぎた』という事実。
新しく行った先で必ず
今までの胃カメラ検査経験的なものを聞かれるので
ずっとお世話になってた病院があったんですけど
Dr.がお亡くなりになってしまって、と
その都度答えてたんですけど、それだけで
ああ、○○センセイ(おじいちゃん)ですねー。
亡くなられましたもんねーの返答率100%!

トドメはかかりつけの婦人科のDr.との世間話で
どこか胃カメラ知りませんかーと聞いた際、
やはり今までの経歴を聞かれて答えたら


「あ~無理だよ!おじいちゃんDr.はキタノハテで
(内視鏡技術では)5本の指に入る方だったもの!」




最初に一番上手な人に当たったんだねぇ~、
と言われてもう諦めましたよ…。

で、今回。
酒友さんから聞いたところへ。
実は4月中に受けたくて
3月に電話入れたんですけど
まさかの「3ヶ月待ち」!!
他にめぼしいところがなかったので
仕方なく6月まで待ったんですけど
3ヶ月も待つという事は
さぞや上手なことで有名なDr.なんだろうなーと
勝手にワクワク。

胃カメラはおじいちゃんDr.しか知らなかったワタシ。
苦しい思いをしたことがなかったので
マイナスイメージがなかったんですよねー。
…おかげで今大分辛い思いさせられてるんですけども。

そして3ヶ月後の金曜日。
行ってきました。
紹介してくれた酒友さんから
ここのDr.もおじいちゃんだと聞いていたので
前のDr.みたいに優しげな人だといいなぁ、と
思っているところへ呼ばれて診察室へ。
そこには。

白衣を着たトラ○プ米大統領が。

…金髪は白髪ですけど
髪の質感的なものとかも激似。
おいおい
しかし口を開いた瞬間吹きだしたのは

舌足らず(笑)

なんだその甘えた口調は!
見た目はト○ンプなのに!
ギャップでかいぞおい!!

まずは血圧測定。
が、しかし上がまさかの130!
基本低血圧で60~100切るくらいなのに
なんだその130って!

看護師さん「初めて(の病院)だから緊張してるのね~」

…ト○ンプでリラックスしきってるつもりなんですが。

そして腹部エコー。
(カメラと一緒に予約してた)
おじいちゃんDr.のところでは
女性技師がやってくれたんですが
ここではDr.自らエコー操作。
エコー終了後、そのまま胃カメラの部屋へ。
ベッドにあおむけに寝た瞬間
「ぷぷっ」と吹きだすワタクシ。

天井にゴマちゃんの絵が!

スタッフが検査時、カメラから意識をそらすために
書いたんでしょうけど
これがめっちゃ可愛い。
ニヤニヤしながら喉の薬を入れていると
「もう一度血圧測りますね~」と。
いい加減緊張もほぐれたと思ったんでしょうけど
そもそも緊張している自覚がないので何とも…。
だがしかし2回目測定。

上150。

40ウン年生きてきて衝撃の最大値。
つか、緊張の自覚のうんぬん別にして
検査台で寝てるのに平常心とか
あまりないと思うんだけどどうよ?

いよいよ検査を受ける左向きの体制に。
ちなみにそちらにも違うゴマちゃんのイラストがあり
「あの絵を見ててね~」
「目を閉じてるより目を開けて、意識をそらした方がラクだから」

これね。
前受けたところでも「目を開けてて」って
言われたんですよ。
中には「メガネかけたままで」っていうところも
あったんですけどね。

カメラ入ってくるのが見えるじゃないか!
それが嫌なんだよ!
あたしゃ注射の瞬間も見ないんだよ!

ということで今回ガン無視。
そもそもメガネないとイラストだって
ほとんど見えてない(笑)

そこへDr.登場。いよいよカメラ開始。
マウスピースをくわえて、カメラが入ってくる…

おええええええ
おええええええ
おええええええ
おええええええ
おええええええ


何回えづいたろう。。。
涙ボロボロ。

ワタシのおええええええ
「ふーっとため息をつくカンジで息吐いてね~」
「大丈夫大丈夫」
「落ち着いて~」
を何度も何度もリピートして
ようやくカメラが中へ。
入ってしまえばなんてことはないんだけど
喉元がめっちゃキツかった…。
おじいちゃんDr.の時は、呑みこむ瞬間だけだったからなぁ。

胃カメラ自体はキツかったけど
今までの他の病院より
ソフト面ですごくラクだったので
よほどなにかなければ
来年もここで受けようかと思います。

そうそう。
ここの病院は検査着というものナシ。
行った服のままで受けるので
ロングのスカートとかの方がラクかも。
(デニムで行った)
あと、今までどこの病院でもあった
胃の動きを鈍くする筋肉注射もナシ。
面白かったのは
胃の中に膜を貼って見やすくするための
薄く白濁した薬を飲むんですけど
おじいちゃんDr.のところを始め
他の病院では「米のとぎ汁」と思っていた
激マズのそれが
ライチ味で美味しかったという(笑)
色々フレーバーがあるんだろか?

んで検査結果ですが。

ポリープは相変わらず飼ってたけど
悪さをするものではないので
摘んで検査しなくても大丈夫。
他は胃も十二指腸もキレイでした。
(写真見たけどホントにピンク色でキレイだった)
エコーで見る限り肝臓と膵臓も異常なし。
という事で。

また1年酒が呑めます。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    NEW!