畳の縁と曲者

昨日帰ったら
免許更新のお知らせが来てました。

今年だったのか!

なんせバリバリのペーパードライバー。
免許証は最強身分証明書。
更新年なんざ見ちゃおりません。
ハガキ来なかったら
スルーしてるとこでしたわ。
危ない危ない。


              


先日、某SNSで
畳の縁(へり)と家の敷居を踏むor踏まない、っていう
記事を見ました。
ワタシとグッティが子供の頃は
両親、特に母親から
「畳の縁と敷居は踏んじゃダメ!」って
叱られて育ったので
踏まないのが当たり前だと思ってたんですけども
大人になって周り見てると
世間ではそう当たり前でもないんですよねー。
ツレとか家でもグジャグジャ踏んでるし(笑)

当時、叱られた時に
当然理由を聞いたはず…なんですが
記憶が朧。
確か、敷居は『傷むから』とか
言われたような気がするんですけども
畳のへりに至っては「?」。

該当SNSでも
『へりが傷むから』
『へりにはその家の家紋が入ってて失礼にあたるから』
から始まり
『床下に潜んだ曲者に隙間から槍で突かれるから』
ってなんだよそれ(笑)

実はこないだ実家に帰った際
たまたま思い出して母に聞いてたんですけども
母の答えは
「敷居を踏むと出世しない」でした。
いや、踏まなかったけど特に出世もしてないし。

…ま、どうでもいいか(笑)

実家の母は言うまでもないですが
ワタシとグッティは完全に
『踏んではいけないモノ』というのが
体に入っているようで
意識して踏まないと踏めません。
グッティも黙ってみていたら
やはり足が無意識に避けてたし。

ただ、実家の畳の部屋=和室は
仏間1室のみ。
そしてその仏間の畳は
正方形の縁なしタイプで
琉球畳みたいなやつ。
(琉球畳ではない。モノホンの琉球畳はとても高価)
なので見ためは畳の境目を跨いでいる恰好。
そうなると上の

『床下に潜んだ曲者に隙間から槍で突かれるから』

も、あながち笑えない…と思う今日この頃です。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    NEW!