20th

こないだの土曜日は
普段とは違うエリアまでお食事へ。
諸事情により1ヶ月前倒しの
結婚記念日祝でございました。

以前より書いておりますが、くじら家は
結婚して以来、結婚記念日というものを
二人揃って
当日に覚えていたことが一度もナシ。
一週間くらい前までは覚えてるのに
当日になるとなーぜーかー頭になく
2~3日過ぎてから
「あ!結婚記念日だった!」「あーそうだった!」
という…。
ま、どっちか片方だけが覚えてて
もう片方が忘れてると
モメごとの要因ですけど
二人揃ってだからいっかー的な(笑)

…だから余計忘れるのかもね

しか~し!
今年はなんと結婚20年め!
すごいわ~スイートテンダイヤモンド2回分よ!
ダイヤ20個よ20個!
ワタシはダイヤより断然
酒と温泉付き旅行の方がいいけども!!

てかあのCM、昔は観るたび
「夫→妻」でダイヤ10個なら
「妻→夫」へは何を贈れば見合うんだ…?
と悩んでいたワタシ。。。
いや奥さん大変ですけども!
ワタシだって主婦のはしくれですから
外で働いている夫と比べて
「報酬的見返り」のない主婦の大変さは
分かってますけども!
それを言うなら世の中の「夫」の皆様だって
「家族のため」に働いているワケだし。

ダイヤ10個のお返しにふさわしいプレゼントを
用意しなきゃならないんだったら
めんどいからダイヤいらんわとか
思ってたんだよなーって…


それはともかく。


いや~結婚20年ですか。そうですか。
もうあと5年もすれば
実家で親と過ごした年月と同じだけ
ツレと過ごしたことになるのか…シミジミ。


で。


「一応区切りだし」ってことで
向かった今回のお店は何と。

思いっっっきり市外。

ツレも知り合いから聞いたとかで
もちろん行った事ナシ。
ネットで調べたらこれがあーた!
『今までもこれからもPCありません』という店(笑)
当然、HPもなければメールでの問い合わせも×。
電話するしかない、上に
基本調理人1人で切り盛りしている店
(ウチが行った時は、配膳スタッフは1人いた)なので
1日MAX4~5組までの完全予約制。
しかも月の半分くらいしか営業していない。

後から聞いたところによると
この女性オーナー、現在は京都在住。
実家がこの街だそうで
一か月を京都とこの街の半々で
行ったり来たりしながら過ごしているそうな。
だから半月しかOPENしてないのかー。

まぁ要するに『詳細が全くつかめなかった』店。
あ、イタリアンだってのは分かったんですけどね。

そして市外。
最寄駅は札幌からJRで27分。
お店のある街自体は
全然『札幌近郊カテゴリ』なので
ここから札幌まで通勤してる人も普通にいるし
同僚にも何人かいる街なので
車で通ったことは何度もあるんだけど
当然呑むので車NG。
ということで久々のJR乗車。
各駅停車の普通列車しか停まらない駅なため
どんぶらこっこすっこっこ~♪と
ちょっとした電車の旅気分でございました。

札幌からほど近いとはいえ
やはり地方駅なので
遠ざかるにつれ辺りは真っ暗…。
初めて電車で降りたった最寄駅は

「…ホントにイタリアンなんてあんの?」

と不安をかきたてるネオンのなさ…。
店はさらにここから歩いて
15分以上かかるところだというので
タクシーへ。

運ちゃんに
ツレ「○○の近くにあるイタリアンレストランなんですけど…」
と地図を広げながら言うと


運ちゃん「あ。△△(店の名前)ね」


なんで分かるの?!


運ちゃん「いやー時々いるからね~。歩くと遠いし」


…ゆ、有名なのか…?
てかホントにあるんだ店…(←この期に及んでまた疑ってる)

しばらく大きな通り(但し車はほとんど走っていない)
を走っていたタクシー右折、って…
いやここ住宅街じゃ…。

ガチ住宅街。
大きな通りはそれなりに
街灯が点いてて明るかったけど
曲がった途端、普通に薄暗い。
店らしき明かりなんかどこにも…え?

ここでした。
20th_20140930130655707.jpg

外観写真撮ったんだけど
ノーフラッシュだったんでボケブレ。
一応雰囲気だけでも↓
20th_2.jpg

ボケボケブレブレですが
『どこにでもある住宅地』の中の
『どこにでもある民家』な雰囲気は
読み取っていただけるかと。
申し訳ないことに
内部とお料理の写真は一切ないんですが
(撮りづらかった&食べてて忘れた)
中もどう見てもフツーの民家。
これも後から聞いたんですけど
女性オーナーの古い実家を
リフォームしたんだそうです。へー。

お料理はコースのみ。
予約時にお願いするらしいんですが
(ツレが手配を全部やったんで詳細知らず)
3,500円~上は天井知らずでドリンク別。
とうきびのスープと前菜から始まり
山盛りサラダに、カルパッチョ、
お魚のタルタル、ワタリガニのパスタ
(めっさカニ入ってた!!)
和牛のバルサミコソースステーキ!
もちろんドルチェと焼きたてパン!
いやーほんとどこを切ってもめっさ美味しい
金太郎飴的美味!!!

ウマいウマと舌鼓を打っていると
5テーブル中の最後の1テーブルのお客さん
3名来店。
その少し前に店の電話が鳴って
オーナーのやりとりから恐らく
「予約時間に送れます」的な電話だったことが
うかがえたので、その人達だなーと
ぼんやり眺めていた…らば。


ツレ「(ヒソッ)オーイズミヨーだ」

え???


そのお客さん達の席は
靴を脱いで上がる奥の席で
ワタシが振り返った時には
ちょうど長身の男性が靴を脱いでいるところ…って
あ、ありゃオーイズミさんだ!

気づいたのは入口に一番近いテーブルの私達のみ。
そそくさとオーイズミさん一行が着いたテーブルは
(昔の)縁側っぽい場所にあったため
ワタシの席からはガラスに映る様子で丸見え(笑)

この街はオーイズミさんの実家のある場所。
モロ地元。
まだこっちでレギュラー持ってるし
いたって不思議でもなんでもない。
仮にバレても店内には4テーブルしかないし
大人ばっかりだし
何よりカレに対してこちらの方の多くは
地元出身=芸能人ハードル超低傾向あり(笑)
大騒ぎにはならないだろうけど…。
プライベートだろうし
バレなきゃそれに越したことないよなぁ。。。と
密かに心配したワタクシ。

心配するだけバカだった。

オーイズミさんはこちらに背を向ける格好で着席。
あーやっぱねー。
そうすりゃ誰にも顔見えないしねー。
バレないで食事できたらいいなぁ…と
思っていたんですがー。

シャンパンらしきボトルが運ばれ
(ワタシ達のテーブルの横通ってくから丸見え)
ややしばらく経った辺りから

酔いが回ったらしいオーイズミさん
笑い声クレッシェンド。

ご存知の方はお分かりでしょうが
彼の笑い声は一種独特&豪快&カン高い。
ましてや周りは全員地元民。
ローカル番組でさんざ観ていた人ばかり。

「…なんかオーイズミの笑い声しない?」
「え?いるの?まさか!」
「でもこの笑い声…」
「あれ、この笑い声…」
「いるの?ああ、地元だし」
「どこ?どこ?奥のテーブル?」

密かにザワつきだした他テーブル。
ああ…まずいよオーイズミ!
その笑い声ダメだって!(笑)

ハラハラしているワタシをあざ笑うかのように
響き渡るあの笑い声…と


オーイズミ氏「トイレ!」


奥の席からこっちに出てきた!
しかしトイレは使用中。で


オーイズミ氏「じゃあここで待たせてもらうわ~♪」


って…なぜカウンターに座るんだ。


ちなみにカウンター席、
ワタシの席から1m弱。すぐ横。
旧知の中らしい女性オーナー
(もしかしたら同級生とかかもねー)との会話も
筒抜けだったんですが…
全っ然内容のない会話。

ええ、彼はバレたかった模様(笑)
なんだそれ。
おばちゃんハラハラしたのなに?

結局、最後には店内全員にバレていましたが
誰も写真や握手、サインを求めることなく
お客様は随時お帰りに。
最後まで店内に残ったのは
くじら家とオーイズミ氏一行だけになりましたが
ワタクシ達もオーナーとちょっと談笑したのち
タクシー呼んでもらって帰宅いたしましたとさ。

色々ありましたが
間違いなく旨い!
でも
間違いなく行きづらい!
これから冬だし(向こうは豪雪地域)
あー積もる前にも1回行きたいわー…。




調べたら20回目の結婚記念日は
磁器婚式 と呼ぶそうです。
年代と共に値打ちが増す磁器の様な夫婦、という
意味だそうですが…
年代と共に値打ちが増すどころか
本体は減価償却で値打ち右肩下がりぞなもし。
スポンサーサイト

イタリアンランチ

ホントに9連休もあったか?!
と指折り数えたくもなる休み最終日。

何してた?何してた?ワタシ何してた?
と自問自答するのも毎年のことでございます…。

まぁ、ね。

9連休とは言ってもね。
そのうち前半半分、年末の4日間は
おせちと年越しでないようなもんだしね。
後半5日は毎日酒呑んで終わりだしね。
たぶん十分のんびりしたんでしょうね。
自覚ないけどね。
そんなもんだよね。

昨日はいきなり
「洋食が食べたい!」と騒ぎ出したツレと
大雪の中、イタリアンランチへ。
おととし『札幌タパス』というイベントで
初めて食べて気に入り
「今度はちゃんと食事しに来たいね~」と
話していたコチラへ行ってきました。

パスタランチコース。
ハム・オリーブ・アンチョビポテトサラダの
盛り合わせ前菜に
野菜山盛り(ホントに山盛り)で
シンプルなドレッシングのサラダ
パスタは
ワタシが北あかり(じゃがいもの種類です)の
ブルーチーズニョッキで
ツレはエゾシカのミートソース
これにパン、ドルチェ、食後のコーヒー…
に、もちろん白ワインフルボトル。
美味しかった~♪
すごぉくね、優しい、シンプルな味。
大通から1本入ったビルの地下にある
狭いお店はこの日も予約で満席でした。
くじら家もおととしタパスで来た後
来たくて何回かトライしたんですけどね。
いつも満席で(笑)
今回は11時頃ダメ元で電話したんですが
新春一発目からラッキー♪でしたわ~♪

イタリアンでwine!wine!wine!

昨日行ったイタリアンはココ

かなりの人気店らしく
昼過ぎに予約の電話したら
水曜にも関わらずほぼ満席!
ぎりぎりカウンター2席セーフ~♪

場所は…
狸小路の屋根がなくなったとこを
入ってすぐ(笑)
(地元人しか分からん説明…)
オシャレなイタリアン居酒屋みたいな
雰囲気の店。
スタッフは全員女性…ってのを聞いて
「あー(客の)女子率高そう」
っと思ってたら案の定
ワタシが言うのもなんだけど
女性客って長っ尻だからさー。
客回転悪くなりがちなんだよね。

まぁでもさすがに人気店。
ウチが入ったのは19時で
やや中途半端な時間だったせいか
食べてる間に2回転め来たんですが
予約と飛び込み合わせて満席againでした。

ノーチャージ=お通しなしだったので
まずはワタシ=ホットワイン
ツレ=ヤマネコ(イタリアンで芋焼酎…)
を呑みつつメニュー物色。
ホットワインは
店オリジナルのやつでしたが
スパイスが効いてて美味しかったっす♪

お次はワインボトル。
ワインも白・赤共に
ボトル3,000円代で色々
リーズナブルなのが揃ってました。
wine.jpg
白ワインで。

お料理のオーダーは…
今日のおススメから
牡蠣のポッシェ(ツレだけ)
手作りソーセージ等々。
パスタはワタシが大好物のポルチーニ。
ツレがやはり大好物の栗。

めっさ美味しかった!
いい意味で「女性シェフ」の味だな、と。
オラオラオラ!な強いところがないというか。
マイルドな優しいお味でございました。

中でも2人して「これ美味しい!」と
絶賛だったのが
『あったかゴルゴンゾーラのサラダ』
と…
店名物メニュー『サバのテリーヌ』↓
saba.jpg

実はゴルゴンゾーラ、
ワタシは大好物なんですが
ツレはあんま好きじゃないんですよ。
付き合ってオーダーしてくれたんですけど
ありがちな塩辛さがない!
でもブルーチーズの臭みと味はしっかり!
しかも上にかかってるバケットと胡桃が
めっさいい感じ~♪
このバケット、あまりの美味しさに
バターレーズンと組み合わせた
おつまみメニューも後から追加オーダー(笑)
カリッというよりは『ガリッ』とした歯ごたえが
ワタクシどツボでございました
サバのテリーヌもGOOD!!!
サバってテリーヌにもできるのねぇ…。

シェフが1人らしく
混雑時は出てくるまでに
やや時間を要するのがネックですが
いやーここいいですわ~♪
結局昨夜はメインの後で
マリネやおつまみも頼んで
〆にツレヤマネコagain。
ワタクシ自家製サングリア。

最初から最後までワインで揃えたのは
初めてですねー。
ワタクシ、ワインとはどうやら
あまり相性がよろしくないようで(笑)
うっかり他の酒と合わせて
エラい目に遭ったことがあり
それ以来注意してるんですけど
さすがにこれだけ呑むと
2軒目行くつもりだった焼酎bar諦めて
大人しく帰宅しましたわ(笑)

ホントこのお店、いいです。
リピ確定。激オススメ。
ただし、予約必須ですぞ。



NEW!