生粋の道産子です

昨日の夜はツレと外ご飯…
まぁ呑みですけど(笑)

ツレは車通勤だから
いったん帰宅しなきゃならないんで
ワタシとは駅前で待ち合わせすることに。
1時間ほど空き時間ができたので
駅前の雑貨屋さんやD丸を
久しぶりにフラフラ~♪
忙しかったのと
満月旅で使い果たして貧乏だったので(笑)
最近雑貨屋チェックあんましてなかったんですよねー。
見ると欲しくなるから
近づかないのが一番

いや~世間はクリスマスなんだよねー。
そういやさー。
なーんか分かっちゃいたけどさー、
すぅーっかりヒトゴトだったさー(笑)

ジュエリー売り場っつーの?
あのフロアの異常なまでに高い
カップル率。
カップルって死語じゃん、とか言ってる
そこのアナタ!
分かってる、分かってんだけどさ、
そんなのどーでもよくなるくらいの
異常なカップル率で。ええ。
ガラスケースに貼り付くお客さん、
ほぼ全員偶数、組み合わせは男&女。

でも1人だけいましたね、
男の子(あえて子)が1人で
あれこれ出してくる店員のお姉さん相手に
あーでもない、こーでもない、と
顔真っ赤にしながら格闘してる子が。

オバサンは心の中で喝采を送りました!
ブラヴォー!
頑張れ!若人!かっこいいぞ!って。

あの独特の雰囲気の中に
若い男の子が1人売り場へアタックするのは
かなりの覚悟がいりますからねー。
あの子のカノジョは幸せだと思うよ~。

ってそんな人間ウォッチングしながら
怪しくジュエリー売り場を徘徊した後
バッグ売り場へ。
壊れかけてて買い替えが迫っている
通勤用のバッグの下見にウロウロ。

色と形もさることながら
通勤用なのでサイズと
冬のキタノハテで使うため
雪が付いても塗れない素材、かつ
口がファスナーで完全に閉まること、
この3つがチョイス時の重要点。
だけどね…
口が完全に閉まるタイプがなかなかない!
あるにはあるんだけど、小さいのねみんな。
ある程度のサイズになってくると
真ん中スナップだけが圧倒的に多い~。
これは長丁場になりそうですわ。

それにしても。。。
なんつーかバッグとか帽子とか
そういうファッション小物的なもので
『持ちたいモノ』と『持てないモノ』の
格差が年々広がって行くような。。。
何持とうが何着ようが個人の勝手!は
それはまぁ確かにそうなんですけど…
時々ね、すっごく『痛い』方を
見かけるんですよ。最近特に。
あちゃー!みたいな(笑)
ヒトのあちゃー!見て我があちゃー!防げ、が
最近のファッションアイテムチョイスポイント。
自分の年齢を客観的に自覚する、って
ワタシにはかなりの難問です

ポールスミスのお財布で
すんごく可愛くて一目惚れしたやつがあってね~。
いいなーいいなーって見てて
今のお財布も結構傷んできてるから
欲しいなー買っちゃおうかなーと
気分が盛り上がったところへ
ナイスタイミングでツレ登場。
早速ご意見拝聴。と。

ツレ「財布で赤ってどうだろう?」

欲しかった色が赤。なんだけど…
確かにねー。
お金どんどん出て行きそうだよなー。
ま、財布何色にしたって
出ていくモンは出て行くんだけど(笑)
通勤バッグ見つけたら考えるか。。。


で。


無事ツレと合流し
向かったお店はコチラ

繁華街からも、
駅前からも、
大通からも外れていて
周りは飲食店街でもなんでもない
まぁオフィス街…だけど
公共交通機関はバス…が一応あったかな。
でも決して田舎ではなく
それどころかまん前は幹線道路。

店の外観と作りはかなり分かりにくくて
提灯や行灯、看板の類は一切なし。
表通りから店名の分かるものは
写真↑のステンレスプレート1枚。
それも外照明がないから
暗いとほとんど見えないし
コンクリート打ちっぱなしの建物の窓は
お客さんの足元に横長のが1つだけ。
入り口も奥まっているので
外から店中の様子は伺えず。

加えて店主が
『メディアの取材お断り』な方なので
個人ブロガー以外の情報が
あまり見つからない。。。と、まぁ要するに

『なんでここ?』な場所にある
『一見さんにはハードル高そう』な焼き鳥屋さんです(笑)

でも別にね。
大将、偏屈でもなんでもない
それどころかおしゃべり好きだし
ウチ、最初に行った時から
ガンガン色んなこと教えてもらったし
一見さんお断りってワケじゃーないし
焼き鳥は美味しいしポン酒すごい揃ってるし
何より焼酎湯割りは濃いし(笑)
ワタシはサツマコトブキを
ツレはキロクをそれぞれ湯割りと
チェイサーにビール…

…がなんともないことになってしまったのよね、
ウチってば。。。

2軒目はススキノへ移動して
某BAR。
ここはウチの”とっておきBAR”なんですが
…お高くて(笑)ご無沙汰の来店。
2014年はずっと苦手にしていた
ウイスキーなんかの洋酒系を学ぶのが
目標のワタクシめ。
なら最初に行くのはこの店だなーと
決めておりました~。

キョン2の元ダンナにクリソツな
なかなかのイケメンマスター曰く
「イロハのイです」で出してくれたのが
The Glenlivet(グレンリヴェット)12年
全てのシングルモルトの原点、なのねぇ…。

ロックでいただきましたけど
焼酎やポン酒みたいに
クイクイ呑むもんじゃないのねー。
チェイサー呑みながら
チビチビ、舐めるようなカンジ?

…いらちなワタシには不向きかも

でも昔は嫌だった
モルト特有の草っぽい香り
(ワタシにはそう感じる)を
味わって呑めるようになった、のは
飲酒の研鑽を積んだおかげなのかなぁ。

そうそう「いらち」で思い出しましたが
焼き鳥屋でツレとフツーに喋ってたら
大将に

「奥さん、関西出身?」

と!!!(爆)
生まれて初めて言われたよ~
ワタシ言葉めちゃくちゃだからなぁ。。。
スポンサーサイト

満月旅2013~オカヤマnight

岡山の夜は情報提供ぴ~こさん。
ありがとー!

コチラでございます↓
koinomure1.jpg

koinomure2.jpg

店内、あまりよくは見なかったけど
掘りごたつ式のカウンターと
小あがりにテーブルが何卓か。
割と大きい店かな?

常連率が高そうな店。
いかにも「会社帰りに同僚・後輩と」や
「家族でご飯食べに」
「久しぶりに集まった友人と」
地元でのくじら家同様
「いつもここで食べて呑むのさ!」
とお見受けする方々で埋まっておりました。
いいカンジです♪

予約時にカウンターでお願いしていたので
示された真ん中へ座ると
目の前には焼酎の瓶がズラリ。
値札付いてるってことはこれ
ボトルキープ用…

なにぃぃぃぃ?!?!

ニチニチ新聞に巻かれたコレは…
噂に聞くヒナムスメの『新聞巻』ぢゃないか!!
え?!値段付いてるってことは
これもキープ用?!
キタノハテじゃ超入手困難酒だぞ!!!

焼酎のレア度には
地方によって差があるのは承知…ですが
ミヤタさんのお酒は超地元以外
そんな手軽に入手できるってワケでもないはず…。
中でも新聞巻は超レア。
ワタシ実物初めて観ましたよ。。。

13000円でした。
キープとしてはまぁまぁなお値段かと。
…地元民だったら即キープだな。。。

まずは鶏たたき盛り合わせと…
tataki.jpg

これ美味しかったんだけど名前忘れたー!
kimo.jpg

この店名物らしい
鶏の珍しい部位や
やはり珍しい種類の焼き野菜もタップリ堪能♪
このお店、三日前までの予約で
近江シャモが食べられるとかで
ギリギリまで迷ったんですけど
地元でシャモ食べて
「ふーん」だったのを思い出し
まいっかー、とやめたんですよね。
小上がりでシャモ鍋らしきものを
食べてる御家族を見て
あーあっちも美味しそうだなぁ…
思わずガン見してしまい
ツレに突かれる食い意地張りっぱなしで
ございました。

店を出た後は…
地元じゃ(私は)しない、呑んだ後のラーメン(笑)
つかしたくてもできないんだよねー。
札幌ラーメン呑んだ後には重過ぎる!

お店は駅前のココ
hishio1.jpg

たまたまタイミングが良かったらしく
パッと入れましたけど
後から次々やってきた方は皆さん
待ちでした。

オーダーして待ってる間
キョロキョロしてたら
面白そうなもの発見!
『オリーブオイルサイダー』250円
orive.jpg
『醤油(!)サイダー』250円
shouyu.jpg

両方買ってホテルに持ち帰り
呑ましたが…うーん。
ほんのりオリーブオイルと醤油のかほり?
言われなきゃ何のサイダーか分かんないな、これ。

ラーメン来たよ~ん♪

ワタシチョイス↓
hishiosoba.jpg
(写真はハーフサイズ。さすがに入らん…)
イチ押しのスタンダードらしい
『醤(ひしお)そば』680円
トッピングは
ネギ・チャーシュー・熟成もろみのオリーブ煮・もやし。

ツレチョイス↓
tonoshousoba_201311141113484ec.jpg
岡山駅前店限定メニュー
『土庄(とのしょう)そば』750円
トッピングは
チャーシュー・糸とうがらし・ねぎ・
ゆずの皮・えのき・白菜。

ワタシの勝ち

やはり初めての店では
スタンダードチョイスが
王道ってことかしらねぇ(笑)

満月旅2013~ カナザワnight

ちょいと早めにホテルを出て
周辺をブラブラ。
まだ人影のない繁華街の中通りを
あっち覗き、こっち覗きしてたら
オッ!
bar.jpg
唯一の焼酎barかぁ。
お値段も書いてある限りは良心的。
下にちっちゃく書いてある
『居酒屋じゃありません』が泣かせるわー。
焼酎=食事しながら呑むモノ
っていう風に思ってる人、
意外に多いんですよねー。
別に人それぞれだからいいんだけど
たまには焼酎ピンで味わってやって欲しいなぁ、と
願う焼酎好きでございます。

ここは次回に取っておきませう♪


さて。


金沢での晩餐はコチラ
soh.jpg
(下見時に撮影)
電話で予約した際、お母様が出て
「親子で切り盛りしてる小さなお店ですので~」
っておっしゃってたから
てっきり2人でやってるのかと思ってたんですけどね。
写真、見切れてますけど
この隣にもう1つ、よく似た外観の店が並んでまして
そっちがご両親の店、
手前が息子の店ってことらしいです。
中で繋がってました(笑)
ご両親のお店は居酒屋らしく
焼鳥以外のメニューはお父様が
料理の配膳とお酒はお母様が担当されてたので
合わせて2軒のお店を親子3人でやってる、
ってカンジかな?

事前情報で『予約必須』と聞いてましたが
なるほど納得。
カウンター4席、テーブル2人×1つに
4人×1つありましたが
どうやらこの日、4人テーブルは
入れてないようでした。
1人で焼くには6人分が限界なんでしょうね。


でね。


この店主@息子さんがね~

超イケメン

ツレは事前情報集めてた時
『店主はイケメン』というのも
キャッチしてたようなんですが
まーイイオトコな上チャラさがない!
誠実そうで優しそう♪
ぶいしっくすのオカダくんに似てましたねー。

カウンターで
焼き鳥と焼酎を楽しみつつ
目は若いイケメン堪能。
極楽極楽…

焼酎の種類は少なくて
キロクとセキトバとナカナカとヤマネコと…。
クロキさんがやたらとあった記憶が。
ビール→キロク湯割りと来てる間
ずっと気になってた酒棚の端にあったコレ↓
mugi_201311121335102b1.jpg
ノト チョンガリぶし
25度 麦
湯割りで行けるかイケメン店主に聞いたら
「あまりパンチはない」との事だったので
ロックでいただいたんですが…

旨いっ

一般的な「麦焼酎」とは少し違い
香ばしい甘さというよりは
『女子ウケ大』的な甘い香りがします。
どこかで嗅いだ香りだ…と
ずっとクンクンやってたんですが
2杯目で思い当たったのは
フルーツヨーグルト。
あんな感じで、本当に甘酸っぱい
香り&ソフトな口当たりのクセして
焼酎の味はしっかり(笑)
甘口なのはポン酒文化の街ゆえ、なんですかねー。
本当に美味しかった!3杯お代わりしました(笑)

いやー知らない酒はまだまだあるなぁ♪
チョー楽しい♪♪♪

メインの焼き鳥も
お肉の大きさ、柔らかい焼き加減と
好みドストライク!
合わなかったらラーメンはしごして…と
話してたんですが
串2本めでツレ

「腰据えて呑み食いしよう」

目も口もタップリ堪能いたしましたとさ♪

でもやっぱり寄っちゃうのよねぇ…。
men.jpg
ココ
いやーここも大当たり
地方のラーメンって
あんま期待してないんですけど
(福岡に勝てるものはナイと思ってるから)
呑んだ後用のサッパリでもなく
フツーの濃さの味が本当に美味しかった!
よく『満腹でも美味しく食べられるものが
本当に美味しいもの』と言いますが
正しくソレでした。

金沢、新幹線開通する頃また行くよ~!

満月旅2013~フクシマnight

記念すべき『焼き鳥の旅第1夜』ですが…

その前に。

ワタシのブログにワタシが書く、
酒や食べ物、その他の感想印象は
あくまで『ワタシ個人』のモノです。
美味しかったものは美味しいし、
そうでなかったものは
「美味しくなかった」のではなく
「好みではなかった」だけのこと。
味覚や好みは十人十色、千差万別。
アナタの好みとは違って当たり前。
鼻息荒く
「ここは美味しかったはずだ!訂正しろ!」
とかメール頂いてもガン無視ですので。

つか、どうやってここへ行きついたのか(笑)
固有名詞で検索かからないよう
色々手を加えてるんだけど
所詮シロウトの小細工なんだろーなー。


ということで。


福島での焼鳥。初っ端はココ
toriken.jpg
結論から申しますと…

大ガッカリ。

味がどうこうじゃないんですよ。
鶏のお造りはまぁ美味しかったし↓
otsukuri_201311121232145b7.jpg
焼酎の種類もいいとこ揃ってたし
湯割りの濃さと温度も可もなく不可もなく。

ただ。

なんつーか、いやらしい言い方承知で言うなら
「このくらいなら他でも食べられる」割に
値段が異常に高かった、のが1つ。
入ってすぐ「あ、こりゃ外れっぽいな」と
2人で察したんで
様子見でオーダー控えめにしたにも関わらず
旅行終わってみれば8泊9日中の最高金額。

あとね。

とにかく狭い。のに客入れ過ぎ!
奥に細長くコの字のカウンターのみなんだけど
ウチ行ったら一番手前の角を示されて。
角ですよ?角を挟んで、じゃなく、角そのもの!
え~?とあからさまに嫌な顔したんだけど
結局ワタシが長い辺の端っこに座ってツレが角。
で、短い辺には席2つセッティング済み。
絶対後から無理矢理人入れたんですよね。
ウチなんか1ヶ月も前から予約してるのに。

ただでさえ狭いカウンタ-で
落ち着かないのに
角に座らされたツレ、
食事楽しめるワケがない。
で、メニューも目新しいものがなかったので
サックリ食べて即撤収。
なのに満月旅2013中最高金額という…。

その時は暗くて分からなかったんだけど
翌朝、散歩しながら行ってみたら
なんていうか…コンテナ?みたいな箱を改造した
店舗だったんですよね。
道理で狭い&天井低いはずだよなー。

どうやら人気店らしいんですけどね。
まず焼酎がエエとこ一通り揃ってる、てのと
たぶん鶏1羽買いしてるから
お造りあるのと
串も珍しい部位があるんですよ。
そのせいかなー。

そんなワケで早々に退散。

どうにも初っ端から
後味の悪いスタートだったんで
口直し口直し!と次へ。
ココ
yoichi.jpg
ここは前出の石巻やきそば同様、
オータムフェストと連動してやってた
駅前イベントに出店してたお店。
イベントの時、ワタシは別のものに並んでて
焼き鳥はツレが買いに行ってたんで知らなかったんですが
どーもその時、店の名前や場所を聞いといたらしく(笑)
お店に入ったら、その時の焼き場のにーちゃんがいて

「ホントに来てくれたんですか~?!」

と言われましたわ(笑)

いやー楽しかったね!
焼鳥旨いし、お通しも旨い!
サービスで出してくれた
地元名物のお惣菜がまた旨いし!
焼酎呑んで、梅酒呑んで、ホッピー行って
もうお腹パンパン♪
楽天戦観ながら大盛り上がり!!

最初っからこっち来りゃよかったー、と
二人でボヤきつつ
ホテルへ戻って爆睡しましたとさ。



NEW!